ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

作業の効率化はゲーム寿命を縮めるのか 

 RPGやSLGなどで何らかの育成を行う際には、倒しやすい敵を探したり経験値やアイテムなどが儲かる相手をひたすら倒す方法を取ることもありますが、それが結果的にゲーム寿命を縮めてしまう面もあるとは思うんですよね。

 これは存外難しい問題だと思っていまして、というのも経験値がためにくくレベルも上がらないとモチベーションは上がりにくいかもしれませんが、あまりにためやすいとそれはそれでモチベーションが向上しにくい側面もあるといいますか。無論作り手もユーザを飽きさせない工夫を多々こらしてくれはしますけど、今はネットが普及し簡単に役立つ情報が手に入ることで、皆が皆同じパターンで育成に走ることも珍しくないわけです。

 何でも効率的にできすぎると単調さが際立って飽きやすくなりますし、どうやっても効率的な方法が見いだせないと飽きるより前に挫折する。そのような状況下でRPGなどとりわけ育成要素が強いジャンルは、日を追うごとに厳しい環境に追いやられていくんじゃないかと。世間ではRPGのレベル上げが時間の無駄だとかRPGをやる機会が減っただとかネガティブな話が聞かれますが、それは何だかんだで戦闘という作業的部分がRPGの主軸であるがゆえに起きている現象のような気もします。

 とはいえ、先程触れた通りネットの普及で効率的な方法を重視する人が増える中で絶妙なバランスを維持し続けるのはほぼ不可能ですから、ひたすら難しく複雑にしたコア層向けにするか、あくまでシンプルさを貫きライト層向けにするか、もしくは作業的な要素以外に力を注ぐか・・・という流れになっていくのかなぁと。育成好きとしては少し寂しいところではありますが、これも世の流れなのかもしれませんね。

[ 2011/11/21 23:33 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。