ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

剣と魔法と学園モノ。Finalをクリアしての感想 

 ようやくクリアしたので、その感想でも書いてみます。


 ゲーム全体を総括してみると、意外と楽しめるゲームだったなぁと。プレイ開始当初はシリーズ初ということもあり新鮮味を持って楽しめ、中盤は操作性の悪さが気になりだし、終盤は自分なりのプレイスタイルを確立することでまた楽しめるようになり・・・という感じでした。

 正直な所、ダンジョン面に関しては探索しにくさばかりが目につき、あまり評価できる内容ではありませんでしたね。過去の記事でも書いたとおり、ユーザ目線では作られていないといいますか、少なくとも作り手が最初から最後までしっかり検証プレイを行ったとは言いがたいものでした。

 それを補ったのが、育成面とキャラの個性でしょうか。育成はそれほど自由度が高いというものでもなかったですけど、ある程度自分の自由に職業を選択でき、慣れさえすれば戦闘のテンポも悪くなく、何だかんだでひたすら戦闘したくなる内容でした。まあ中盤~後半が全体魔法無双になってしまいましたけど、戦闘スタイルがワンパターンになりがちなのは大多数のコマンド選択式RPGに言えることではあるのですが。
 キャラについては、ツンデレ云々としつこい某キャラが若干空気を読めてないところと、とりあえず何でも友達というフレーズに結びつけようとする流れさえ除けば、概ね好印象でした。それに併せストーリーといいますか、キャラごとのエピソードもそれなりには練られている感じがして、もっと掘り下げてほしいなーと思わせる部分もいくつか。まあ近年の風来のシレンにみられるような、若干一部の層を意識しすぎな部分、電波臭が強すぎる部分の2点はかなり気になりましたけど・・・深く考えさえしなければ楽しめるとは思いました。

 ダンジョン面の改善、電波臭を抑えて深みを少しばかり意識、錬金システムの掘り下げあたりがあれば尚よかったというのが総合的な感想ですが、まあ想定していたよりは楽しめたかなぁとは思います。結局クリアまで45時間ほど要しましたし、クリア後もいくらか新規クエストがあったりもしましたし、やりこみ要素もまずまずかと。
[ 2011/11/20 20:41 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。