ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

風来のシレンの思い出 

 シレンシリーズの中でも初代風来のシレンは最も長く遊び続けたゲームなので、色々なことがあったなぁと。

 1番記憶に残っているのは、地下水脈の村⇔テーブルマウンテンの往復プレイでしょうか。ブフーの包丁を合成した装備を持ち込んだ状態で、ひたすら往復。必要最低限の武器しかなかったのに、次第にアイテムが増えていき、最終的にはレベル70(最大値)、+99(最大値)の武器盾が合計5~6本、泥棒を一切せずに999999ギタン(最大値)、さすがに力は最大になりませんでしたけど、それでも80ほど。正確なことを覚えていませんが、たぶん数十時間はプレイし続けていたことでしょう。

 若干飽きが来始めたら、レベル3のモンスターを複数同時に召喚してくるベルトーベンを戦うことで気分転換。ブフーの包丁効果で大量の肉が手に入るので、大きな部屋に肉を敷き詰め、仮想肉屋として自己満足に浸ってみたり。
 また、手に入れた肉を地下水脈の村に持ち帰り、村人に肉を投げつけて暴れることもよくやりましたね。村を何十回も壊滅させたのも、今となってはいい思い出です・・・とかいうとなんか危ない人みたいですけど、まあもちろんゲーム限定の話ですハイ。

 他にも、白紙の巻物を使ってモンスターハウスにしたり、わざと弱い武器を使って戦ってみたり、突風で冒険失敗になってしまうギリギリの所まで粘ってみたり、他にやれることはもう何も無いんじゃないかというくらいにひたすら往復してました。物凄い時間の無駄をしていた気がしないことも無いですけど、まあ平たく言えばゲームというモノ自体そういう存在意義なので、これはこれでありなのかなと。

[ 2011/11/14 23:25 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。