ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スーパーマリオ3Dランドのプレイ感想 

 まだ表ステージだけですが、その感想でも・・・。


 まず率直な感想を述べるなら、懐かしさと新しさがうまい具合に融合していたゲームだったなぁと。全体的な雰囲気はブラザーズ3に若干近く、そこに近年培ってきた3D要素やステージ構成を存分に詰めたんだ内容になっており、個人的にはスーパーマリオワールド以来の「万人向けスーパーマリオ」に思えました。

 何よりも良かったのが、3D表現の絶妙さ。これまでの3Dを意識したマリオは全体的に「疲れる」ことが目立つだけで、ゲームとしての面白さにはイマイチ繋がっていなかった気がするんですよ。
 しかし、本作の3D表現はあくまでゲームを楽しむためのものとして存在していて、これまでのマリオが3Dになった!ではなく、2Dマリオに3D要素が加わった!という感想を抱く内容といいますか。ニンテンドー3DS発表当初から言われていた「奥行きを表現するための3D」が最大限活かされており、3DSのアクションゲームのスタンダードにもなりうるクオリティだったと思います。

 ステージ数やその内容も充実していて、それでいてマリオらしいシンプルさも十分に残っているのが嬉しい所。まだスペシャルモードの途中ですが、それなりの難しさはあるけど途中で投げ出したくなるほどでもないというバランス感覚は、スーパーマリオの真骨頂ではないかと。
 旧作BGMのアレンジや懐かしい敵キャラの登場など、細部にわたって従来のマリオファンが喜びたくなる仕様が詰まっていますから、私としても大満足です。それでいて古臭さや使い回し感は一切なく、懐かしさと新鮮な面白さが共存できている印象があります。

 3DS所有者ならとりあえずプレイして損はない内容ですし、今後も3DSの普及に合わせてこのゲームのプレイヤーも確実に増えていく、そう確信できるだけの魅力に溢れたゲームでした。感覚的には、Newマリオがライト向け、ギャラクシーがコア向け、NewマリオWiiが複数人プレイ向けという感じだったので、1人用万人向けゲームとしてスーパーマリオ3Dランドは誰にでも「とりあえずお勧め」できる内容かと思います。
[ 2011/11/13 21:59 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。