ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

任天堂ハードにおけるサードパーティーソフトの位置づけ 

 任天堂ハードではサードパーティーから発売されたソフトが売れない、という話をする人を稀に見かけるのですが、そもそも比較対象である他メーカーのハードとは色々位置づけが異なるわけですよ。

 多くの場合、任天堂ハードは任天堂ソフトを買うために購入すると思います。ハードと一緒にマリオを買うというのはある意味お約束的な展開で、携帯機ならばハードと一緒にポケモンを買うというのも1つの流れでしょう。逆を言えば、サードパーティー製ソフトはあくまでそのおまけ。まして、同じハードに任天堂ソフトがあるため、それと同等とまではいかなくても、任天堂ソフトと比べても欲しくなるタイトルでないとそう手を出すこともないでしょうし、私もそのスタンスです。
 そしてそれ以上に大きいのが、任天堂ハードユーザの中心であるライト層は、そもそも任天堂以外のソフトの情報を把握していないように思えるんですよね。ライトとまで言わなくとも、よほど自分から精力的にゲームの情報を集めているでもない限り、そうサードパーティーの情報が入ってくるわけもないですし。

 では他ハードではどうかと考えた時、他ハードはハードそのものに魅力を感じて購入する人が多い印象があります。任天堂好きの自分が言うのもアレですが、任天堂ハードはハードそのものにそこまで魅力を感じることはないですし。そうすると、任天堂ハードとは違いハードを持ちながらソフトに飢えている状態になりがちですが、かといってファーストパーティのソフトを積極的に買うかといえばそういうわけでもなく、必然的にサードパーティーに目がむきやすい状態になると思います。
 また、任天堂とは違いサードパーティーソフトが普及の鍵を握るため、任天堂以上にハードメーカーは他メーカーのソフトを宣伝してくれる側面もあり、多少受動的な姿勢でもゲームの情報はそこそこ手に入ります。最初から選択肢に入っていないどころか存在すら認知していない任天堂ユーザと大きく差がつきやすい一面なんじゃないかなぁと。


 任天堂ソフトの魅力が任天堂ハードの魅力であり、それが同時に足かせにもなりえてしまうのがサードパーティー側にとっては好ましい状況ではないんでしょうね。かといって任天堂の有力タイトル無しにハードが普及しないのは3DSの事例でもよく分かりますし、それが良くも悪くもゲーム業界の構造の複雑さにつながっているんでしょうけど。
 いずれにせよ私としては、本当にゲームが好きなら外を叩くより内を褒めるほうが業界にとってプラスでしょうし、それがソー何とかゲーに何でもシフトしてしまう流れに多少なりとも歯止めをかけることにも繋がる・・・と断言はできませんが、少なくともそれを信じてこれからもゲームを楽しみたいところです。

[ 2011/10/30 12:10 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。