ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スパロボFといえば 

 セガサターンで発売されたスパロボF・・・思えばこれが据え置きスパロボのデビューもであったんですよね。

 このゲームでとりわけ印象に残っているのが、戦闘シーン。それは、キャラがそれぞれ喋るという感動と、戦闘シーンがカットできないという2つの理由が重なっていたから。
 幸運をかけたゲッターで「ゲッタァァァァビィィィィィィィム!!!!」と叫ぶのとか、ガンダムやらリ・ガズィやらに乗ったアムロが敵陣に突っ込んで「見える!」「当たるものか!」と叫びつつ反撃したりとか、ビルバインの強さに酔いしれながら「ショウ、右!」「わかってる!」というやり取りを楽しんだりとか、まあ本作ほど思い出深いスパロボは後にも先にも現れない気がします。まあこれは自分が普段戦闘シーンをほとんど見ないこともあって、余計に当時の映像が鮮明に記憶されているからというのもあるんでしょうけど。

 それと、ある意味味方以上に印象に残っているのが、敵兵士のセリフの数々。情けなさに定評がある通常兵士(DC兵など)の断末魔の叫びには謎の中毒性がありましたし、エリート兵の渋い声もまた、別の意味でインパクトがあったのをよく覚えています。けどそんなに強くないのもまた、エリート兵も魅力のようなそうでもないような。

 ユニット方面に目を移すと、ガンダム系の強さが際立っていた最後の作品がスパロボFなのかなぁと。今でこそバランスが取れていましたけど、当時はニュータイプ勢の2回移動発動が異様に早かったり、攻撃力でもあまり差が無かったり、回避率が高すぎてしっかり鍛えればまず撃墜されることがなかったりと、至れり尽くせりでしたしね。ボス戦時の幸運要員、前半のエルガイム、中盤のビルバインを除くと、基本ガンダム無双以外の何物でもなかったといいますか。

 今プレイすると戦闘シーンばかり見ることになって若干テンポが気になりますけど、名作であることに変わりはないですし、何らかの形でリメイクされたりしないかなぁと思ったり思わなかったりもするのでした。

[ 2011/10/29 20:16 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。