ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セーブデータ消失の思い出 

 スーパーマリオカートといえば、タイムアタックもそこそこやりこんだなーという記憶があります。ただ、ここでいうやりこみとは高記録を狙ってのものではなく、どちらかといえばネタ的な意味をたぶんに含んでいたり。

 というのも、おそらくは何千時間もプレイしたゲームなので、どうしてもセーブデータの消失が何度もあったんですよ。そして、その度に違うキャラクターを使い、タイムアタックの記録を埋め尽くすというのが密かな楽しみでした。

 セーブが消える仕様と(基本的には)消えない仕様を比較するのなら、当然後者のほうがいいのでしょう。一方で、消えてはプレイし、消えてはまたプレイし・・・という循環によって政権が長く続いたゲームがスーファミ時代には多かった印象があります。

 これはセーブデータが消えるのが良いことというわけではなく、セーブが消えてもモチベーションが維持できる、むしろ余計に燃えてくるゲームがあったからこそなんですよね。RPGやSLGも今でこそ周回プレイ前提で作られているものが多くなりましたけど、昔はそういう機能がなくとも勝手に周回プレイをやっていたわけで、そういう中毒性を実現するのは中々に難しいことなんだろうなぁ・・・と最近は常日頃から思っています。

 もっとも、当時と現在とではゲームそのものへの意欲もかなり違っていたとは思うので、一概に比較できるものでもないんですけどね。

[ 2011/10/11 23:34 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。