ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シムシティDS2のプレイ感想 

 先日、シムシティDS2をプレイする機会があったので、その感想を・・・。


 「市長として街を大きくする」というシリーズの基本中の基本こそ変化ないものの、過去のシムシティシリーズとはかなり雰囲気が異なっており、中でも様々な時代の街作りに挑戦できるというのが新鮮でした。

 スタート時は「古代のまち」を発展させるという名目のもと、狩場や漁場の近くに家を建て、森を開拓して更に家を建てる、というシンプルな構成になっています。実際にプレイしてみるとよく分かるのですが、難しいことを考えずに街を作れるというのが実に面白いです。ただ、さすがに一筋縄ではいかず、特に食糧事情はシビアなようで、うまくやらないと集落が衰退していきますから、程々の難易度といったところでしょうか。

 そして、一定条件を満たすとクリアになり、新たな時代の街作りに挑戦し、またクリアして次の時代へ・・・を繰り返していくゲーム。ただ、次の時代に進むかどうかはユーザで任意で決められるので、同じ時代で延々まちを発展させるのも1つの手かも。まあそちらのほうがよりシムシティらしい感じもしますし。

 まだプレイ途中なので何とも言えませんが、少なくとも現時点での評価としてはなかなか面白いなと。時代が進むにつれて出来ることが増えていく面白さ、そしてイコール市長に求められる要素も増えていく難しさ、そのバランスが上手く機能している気がします。時代の多さに反してセーブ可能数が2というのは流石にどうにかならなかったのかとツッコミたくなりますが、逆を言えばそれ以外で目立って気になった部分はなかったですね。

 これまでのシムシティシリーズとは様々な点において仕様変更がなされているので、従来のファンがすんなり入っていける内容ではないかもしれません。ただ、間違いなく新鮮な気持ちでプレイできますし、徐々に出来ることが増えていくこの感じはライトユーザにも向いている気がしますし、「シムシティ入門用」としても本作はありなんじゃないかと。

[ 2011/10/10 06:50 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。