ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

劇場版ハヤテのごとく!の感想 

 映画館へ観に行ってから3週間ほど経過したので内容が微妙にあやふやになっていますが・・。


 当初、劇場版ハヤテのごとく!を観に行くつもりはありませんでした。映画を全く見ないこと、アニメ媒体への関心も薄いこと、何より当初より公開されていた絵に対する違和感・・・今でこそ言えますが、期待できそうな要素を探すのが困難を極めたからです。

 しかし、周囲で想像以上に高評価だったこともあり、思い切って劇場へ足を運び、そして・・・感動しました。まさか、原作以外のハヤテのごとく!でここまで感動できる日が来ようとは、正直思ってもみませんでした。

 何が素晴らしいというのを言葉で言い表すのはなかなか難しいのですが、個人的には「原作テイストのハヤテのごとく!がそのまま映画になっていた」、「話のテンポが良く間延びしていなかった」、「ハヤテとナギを主軸とした基本に立ち返っていた」、「限られた時間で各キャラのらしさを出せていた」あたりが、今回の大成功に繋がった要因じゃないかなぁと思っています。

 原作テイストについてはまさにそ言葉通りといいますか、原作を読んでいる感覚で映画を観れるという不思議体験ができたような気がしています。まあ特に原作のこれまでの振り返る映画の導入部分の存在が、いい具合に原作テイストを生み出すことに繋がっていたんじゃないかと。

 話のテンポについては、放映時間が短めであったことが逆に功を奏す結果になったのかなぁと思っていたり。キャラの良さを出せていたという話にもつながるのですが、特定の誰かに出番が偏ることもなく、出番は少なくとも各々のらしさを全面に出した活躍ぶりが描かれていたのが強く印象に残っています。
 特にいいなぁと思ったのが、実は本編外の雪路と薫先生のやり取りだったりします。雪路のさり気ない配慮、薫先生が割と正直に自分の想いを告げているところなどから、本当に僅かではあるのですが関係が変わりつつある感じが丁寧に描かれていて、ここに至るまでの、そしてこれからの2人の関係について妄想が膨らむ内容だったと思っています。

 ハヤテとナギが主軸になっていたという点については、ああこれだ、これがハヤテのごとく!なんだ、と思わず口にしたくなるような安心の展開が良かったなぁと。私はマリアさんファンではありますが、やっぱりハヤテのごとく!の中心にはハヤテとナギがいて、主のピンチに執事が疾風のごとく駆けつけるのが、ハヤテのごとく!がハヤテのごとく!たる所以だと思いますし、そこに焦点を絞りきって作られたこの映画は、ほんとうに素晴らしいものだったと改めて思っています。


 劇場版ハヤテのごとく!は、本当に素晴らしい作品でした。原作を大事にし、原作の魅力を最大限出しきっていたと確信しています。そして、そんな素晴らしい映画を世に生み出してくださった小森秀人監督や畑先生をはじめとしたすべての関係者に感謝しつつ、感想を終わります。
[ 2011/09/25 17:19 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。