ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

完全版商法への疑心とテイルズへの期待 

 シンフォニア、ヴェスペリア、グレイセス・・・テイルズはその後に完全版が出るのが当たり前になりつつあります。それは商業的にはそれほど変な路線ではないのですが、やはり人間的にどうなのだろうかとは当然思ってしまいます。まあ今示したタイトルについては非完全版しかプレイしたことなかったりもするのですが、それはそれとして。

 いずれにせよ、こういうことが続けば、自然とメーカーを信用することは出来なくなってしまうわけですが、一方でテイルズシリーズへの期待度が下がることがあまりないのがある意味では困りもの。

 というのも、RPG、とりわけ自分が好きな作品の多くが劣化するかシリーズ自体が終わってしまうのかのパターンに陥っている気がするんですよね。桃太郎伝説、ナイトガンダム物語、ブレス・オブ・ファイア、スターオーシャン、ドラゴンクエスト、その他諸々。まあ中には風来のシレンのように今尚輝きを失っていないシリーズもありますが(ただし3は黒歴史)、あれの場合はコアユーザにしか受けない仕様になることで売上が落ち込む一方で、いつシリーズが終焉するか分からなかったりもするのですが。ポケモンなどとのコラボで不思議のダンジョンシリーズとして生き残る可能性なら十分ありそうですが・・・。
 ではテイルズはどうなのかと考えると、各ハードで遊べる時点で供給量は問題ないですし、売上もそこそこなので急に無くなる心配もなく、ゲームの出来が残念ながら安定して良いので、見方によってはむしろ期待値が上がっている気さえします。まあストーリーは無難なものが多いですけど、少なくともそれ以外で他RPGシリーズと比べ見劣りする部分はほぼ存在しないのが現状ですし。基本を大きく弄らないからこその安定感、という面ももちろんあるとは思いますけど。

 RPG好きとしては色々複雑ではありますが、とりあえずRPGというジャンルは今後とも頑張って欲しいのと、何だかんだでテイルズが面白いのがちょっとだけ悔しいというお話でした。

[ 2011/09/22 06:31 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。