ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

しゃもじPさんはバトルドームMADだったようです 

 9月21日といえばバトルドームMADが初めて投稿された日なのですが、実はバトルドームMAD作者であるしゃもじPさんの誕生日でもあるそうです。


 しゃもじPさんといえば、自分の中では「バトルドームMADの申し子」みたいな位置づけでして、バトルドームMADという言葉から最初に思い浮かべるであろうほどのお方です。

 その理由はいくつかありますが、その1番の理由は、バトルドームMADの投稿数の多さと、その内容です。

 投稿数においては、バトルドームMADの黎明期にあたる2008年から現在に至るまで製作・投稿を続けており、バトルドーム界を語る上で欠かせない「供給過多」を自ら実践しているのが、しゃもじPさんの素晴らしさ。

 それでいて、内容がいい意味でバトルドームの、ひいては音MADの王道を地で行っている印象があるんですよね。素材に関していえば、あくまで基本は本家バトルドームCMに軸足が置かれており、ドラえもんバトルドームをはじめとしたほかのツクダ素材はあくまでサブ。ドラえもんバトルドームMADでもツクダオリジナルMADでもなく、バトルドームMADを作り続けているのがしゃもじPさんなのです。
 動画の内容に目を移すと、とにかく「聞き心地の良さ」がまず思い浮かびます。過去に「佃よ大志を抱け!!」にはバトルドーム×アイドルマスターの魅力が満載という特集記事でも少し触れたのですが、しゃもじPさんは素材をいじりすぎることなく、素材本来の味を楽しんでもらおうという構成にしていることが多々見受けられ、それが聞き心地の良さに繋がっているんじゃないかと。
 
 そしてもう1つ、私がしゃもじPさんを偉大な存在だと考えている理由として、しゃもじPさんのバトルドームMADが万人におすすめできるものだということが挙げられます。

 どういうことかと言いますと、まず前述のとおり、しゃもじPさんは多くのバトルドームMADを制作していますから、動画の内容も多岐にわたります。また、原曲もニコニコで著名なものから非常にマイナーなものまで幅広い選曲をしておられますから、その人その人に合った動画がおすすめしやすいというのもあります。更に、素材の味を大事にしているため、バトルドームというものが「直感的に分かりやすい」のも重要なポイントです。
 特に初心者の方には、バトルドームMAD入門編として、是非しゃもじPさんの動画をご覧になって欲しいなぁと。ちなみに、私が初心者におすすめするのなら、嵐の名曲「TSU・KU・DA」や、Mステの導入曲でお馴染みの「ミュージックステーションのテーマに合わせて超!エキサイティン!」あたりでしょうか。

 
 バトルドームMADの誕生日=しゃもじPさんの誕生日でも分かるように、しゃもじPさんの歴史は即ちバトルドームMADの歴史でもあります。しゃもじPさんが健在である限りバトルドームMADも建材で在り続けると思いますし、今後ともしゃもじPさんの動画で超!エキサイティン!!したいと改めて思ったのでした。
[ 2011/09/21 07:33 ] バトルドーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。