ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SDガンダムGNEXTのCPUの思考回路は素晴らしい 

 1995年に発売された「SDガンダムGNEXT」ですが、このゲームのCPUは今考えても実に素晴らしいレベルに達しているなぁと。ゲーム自体は基本シミュレーションで、戦闘のみアクションになるのですが、そのどちらも抜かりがないっmですよね。


 まずはシミュレーション部分なのですが、強力なユニットを作るためにはお金を使って技術力を上げる必要があるはずなのに、CPUは金の有無にかかわらず技術力を一切上げようとしません。初期設定である程度技術力を上げることは可能ですが、普通にプレイしていれば、最終的にマニュアル側の技術力が上回ります。
 また、ユニット(MSや戦艦)を基地で生産可能なのですが、何故かCPUは必ず戦艦を1台作るクセがあります。金がギリギリだろうと、戦艦が作れる金があれば戦艦を最優先で作るのですが、ガンダムファンなら想像できる通り戦艦は製造費がかなり高く、すぐに資金が底をつきます。当然戦艦だけでまともな戦いにならないのはゲームバランス的にもルウム戦役的にも予想がつくわけで・・・。

 そんなアレな生産優先度によってMSは少ないのに、そのMSをごっそり戦艦に乗せ、敵陣へ突っ込む謎の行動パータンがまた素晴らしい。大半のガンダムゲームで、戦艦がMSの接近を許すのは最悪のパターンであるのは言うまでもありませんから、結末もまあ・・・MSごと撃沈、となるわけです。
 そもそも、その生産するMSなのですが、CPUは宇宙で地上用MSを割と頻繁に作るという謎のクセがあります。なので、「宇宙で作りたての戦艦に地上用MSを乗せて敵陣に特攻する」という絵面を頻繁に見ることができるという、まあもはや芸術品としか言えませんよねと。
 
 戦闘時のアクションパートはシミュレーションほど酷くはないのですが、根本的な手数が少ないので機体性能を思うように発揮せず、戦艦は至近距離でも構わず砲撃を行うため、敵MSの反撃を許して無駄死にすることは珍しくないなど、やはりダメなものに変わりはありません。

 そんな微笑ましいCPUなのですが、残念ながらCPUの強さ自体を設定することができないため、どうやっても上記のCPUと戦わざるをえなくなるというオチ。

 まあ、ユニットやマップ数自体は充実してますし、当時としてはグラフィックなども頑張っていたので、ハンデを徹底的につけてCPU対戦したり、対人戦をするのであれば十分に楽しめるゲームなのですが。まあバトルコマンダー同様、楽しみ方次第では大化けするタイトルだとは思いますし、記事でCPUを酷評してはいますが、個人的には数あるガンダムゲームの中でもかなり楽しめた部類に入るんですけどね。
[ 2011/09/17 22:14 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。