ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

一風変わったSLG?な「新SD戦国伝 大将軍列伝」 

「新SD戦国伝 大将軍列伝」。SDガンダムファン以外にはあまり
興味のなさそうなタイトルですが・・・。この作品は、衛府弓銃壱
(後の烈光頑駄無)が主人公の、天宮の国を舞台とした、戦略
シミュレーションゲームです、多分・・・。

基本的にはターン制のごく一般的なシミュレーションゲームと
言えるかもしれません。しかし、戦国時代という設定らしくキャラごと
に「兵糧」という概念が取り入れられ、合戦に参加させるには、各自
兵糧が必要となります。昼夜の変化などのシステムも導入されており、
ただのキャラゲーには留まっていないのが好印象です。

レベル(このゲームでは「段位」と呼ばれている)が上がるごとに、
各々個性的な必殺技も覚える事ができます。レベルさえ上げれば
普段2軍扱いされそうなキャラでも活躍させることができるので、
自分好みのメンバーで戦い抜くのも面白いです。
(ちなみに、管理人のお薦めは「うっかりざくれろ・猛者電殴」です)

このゲーム最大の魅力は、なんといっても頑駄無・闇軍団双方の
個性的な面々でしょうね。「伝説の大将軍編」が話の舞台にはなって
いるのですが、「風林火山編」や続編に当たる「七人の超将軍編」
からも多くのゲストキャラが参戦しており、ゲームオリジナルの展開
も用意されています。もちろん、うっかりざくれろ・風車の百式に
留まらず、猛者一族といったマイナーキャラまでが一堂に会しており、
ファンにはなんとも素晴らしい仕様です。
(武者頑駄無シリーズに詳しくない人は置いてけぼり・・・?)

惜しむらくは、登場キャラが多すぎたために、各自の個性を活かし
きれていない所でしょうか?1話限りの登場も多く、あれだけ
グラフィックに拘っていながら、印象に残らないキャラが多かった
気がします。

いまやSDガンダムのゲームといえば「G-GENEシリーズ」
ぐらいとなり、寂しいところではありますが、このゲームをプレイする
事で、溜飲を下げてやってください。

・・・SDガンダムに興味がない?
これからはSDガンダム(主に三国伝?)の時代なので、
このゲームでSDの知識をばっちり身につけましょう(笑)。

[ 2007/05/12 17:32 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。