ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

咲夜は行動の背景には人への信頼があるかもしれないという話 

 ハヤテのごとく!をひと通り読み返していて何となく思ったことなのですが、咲夜って面白い状況を何よりも楽しむことを生きがいとしている感じはしますけど、一方でそれらの行動には周囲への信頼が見え隠れしているような気もしたんですよね。

 そう思ったのは、千桜がナギの漫画の才を評価しているのを受け、何か光るものがあるのではないかと考えを改めるようになったのを見たから。同じように漫画への理解が乏しいヒナギクもまたかなり努力しているフシがありましたけど、個人的にヒナギクのそれはあくまで研究であって、漫画そのものを理解しようとする咲夜とはまた違う意味合いを持っているのかなぁと。

 自身の誕生日パーティーでのワタルやハヤテへのムチャぶりも、危険を伴う伊澄との共闘も、相手への信頼があればこそなんでしょうね。ルカの純粋に信じる心というのとは少し方向性が違うとはいえ、咲夜もまた相手への信頼が行動力につながっている気がします。
 一方で、強く信頼しているからこそ、悩んだり立ち止まっている時に声をかけずにはいられない。それは心配という気持ちもあるとは思いますが、それ以上に「ちょっと背中を押しさえすれば自力で乗り越えてくれる!」という信頼が裏にあればこそ、なんだろうなと。

 こうして考えると、咲夜はやっぱり作中内でも精神年齢が高いお姉ちゃんなんだなぁと改めて思うのでした。

[ 2011/08/28 09:23 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。