ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!332話感想 

 うーん、どうなんでしょう?


 今週のハヤテは、ナギとルカそれぞれの同人作家としての方向性を示すようなお話でした。

 ナギについては、マーケティング的な何かといいますか、お得意のネット媒体を利用して自身の同人誌が一目につきやすい環境を整え、1千部を売ろうという計画のようです。
 ・・・言うまでもないことですし、おそらく大半の読者が同じ事を感じているとは思いますが、これは売上という目の前の勝負事にのみ拘っているだけなんですよね。畑先生が意図的にそう描いて、その選択は間違っていたんだよーという流れに持って行こうとしているんでしょうけど、個人的にナギらしくない、正確には「最近の少し成長したナギの良さを殺す演出」に見えてしまうんですよね。分かりやすいけど、やってはいけない手法、とでもいいますか。

 同じなら、ナギ以外の誰かがマーケティング的手法で注目を集めさせ、しかもそれをナギが知らぬ間にやっていて、でも途中でナギがそれに気づいて止めさせ、結果的に勝負には負けるけど人間的には大きく成長できる展開のほうがらしい気もするんですよね。
 ただ、今回の演出について見方を変えると、物語にもう一山用意する・・・つまりナギが誤解して売上勝負には勝つけど大事な何かを失っていたのに気づいて、それを周りの人、それがルカになるのか千桜になるかは分かりませんが、その教えを旨に今度はルカやヒナギクも含めて合同誌編が始まるんですよーなんだってー!的な展開になる可能性もあるんですよね。少し前に畑先生がチャリティー同人誌に参加するとかそんな話があった記憶もありますし、決してありえなくはないんじゃないかと。

 
 一方でルカについては、ヒナギクの「本を手にとった全員が最後まで読めるマンガ」というアドバイスをもとに同人誌を描こうとしているようです。
 ・・・まあ、これも分からなくはないんですけど、ただの理論武装といいますか、微妙にルカのマンガの魅力を損なう結果にならないのかなぁという不安もあります。話の流れ的にはナギではなくこっちが正解として描いているフシがありますが、個人的にはどっちも間違った選択に見えるような。それに、いくらヒナギクがスーパーな生徒会長とはいえ、未知のエリアであるマンガという分野にいきなり入っていて、いきなり正解に導けるというのに違和感があるという思いもあったりなかったり。推測では、同人誌が評価されてルカがヒナギクに感謝するけど、ヒナギクは私は少しアドバイスしただけで、本が面白いと言ってもらえたのはあなた自身の力よ的な返しをするベタな展開になると見ていますが、そんな私の予想を裏切ってぶっ飛んだ展開になってほしいなぁという思いが正直なところだったりもします。


 何はともあれ、私の予想は基本当たりませんが、せめてルカ大勝利(精神的に)、ナギ大敗北(精神的に)という普通すぎる結果にならないことだけを祈っておきます。まあハヤテのごとく!は普通の漫画ではないので、そうはならない気もしますけど・・・。
[ 2011/08/19 21:01 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1461-a9acbd54

真泉との同人誌対決に備えて 部数1000冊を刷る事を決めたナギ、 しかし時間的にも厳しくすでに割引も効かないわけで… ナギとルカ、マンガ家を志す2人、 その2人の道が今、別れる!! 雑談掲示板設置!! お絵かき掲示板でワタル、サキ、 伊澄、咲夜のアイ?...
[2011/08/21 18:28] 星屑の流星群
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。