ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テイルズオブジアビス(3DS版)のプレイ感想 

 発売日にテイルズオブジアビス(3DS版)を購入し、先日無事にクリアしたので、現時点での感想でも書いてみます。


 PS2のアビスが未プレイのため、今回が初ということになるのですが・・・まず率直な感想として、大変面白かったなぁというのが挙げられます。

 情報を見る限りでは、「PS2版アビスのロード時間が短縮され、容量の関係(?)でアニメーションの画質が若干荒くなった」というのが3DS版の仕様らしいのですが、昔ならアニメーション自体ろくに見ない自分としては、携帯機で、ロード時間が改善されたソフトが遊べるということが何よりの望みだった(アビスで元々不評だった部分がロード時間らしいので)こともあり、見事に自分好みの移植になってくれたわけです。

 ストーリーに関しては、テイルズシリーズにしては個性があり、マナが云々というお約束展開とは一線を画していたのが良かったです。音素というものをキーワードにしつつ、各々が生きる意味、場合によっては死の意味も含めて色々考えさせてくれる内容であったように思います。

 一方でキャラクターに目を移すと、主人公ルークの鬱陶しさはうわさどおり、或いはうわさ以上の酷さで、よくもこれほどの駄目人間を主人公にすえられたなぁとある意味感心したくなるほどでした。自分の考えを持たず、人を見下し、失敗すれば自分は悪くない、むしろ他の人間が悪いと言い出す始末、おまけに一見まともそうになった中盤以降も、劣等感の塊であることも終盤のさらに終盤にいくまでブレることはなく、清々しいほどに駄目人間一直線でした。ただその人間性は、生まれてきた意味を知らず、自分たちの都合のいいように教育されてきた環境あってのものであり、その他諸々の事情も加味すると色々考えさせられるキャラクターであったのは間違いありません。
 他のキャラクターについてもいい意味で個性があり、各々の想いを胸に戦っているのが分かりやすく描かれていて、割かし好感の持てるキャラが多かったかなと。ちなみに、個人的なお気に入りという意味では、ネクロマンサーことジェイド。

 戦闘システムも良くできており、昨今のテイルズシリーズの礎となっただけのことはあるなぁと。ストーリーやキャラと比べて強い個性のあるものではなかったのですが、テイルズの重要ポイントである戦闘の面白さに関しては申し分なかったです。

 その他の点についても、いつもどおり無駄に多いサブイベントに加え、Cコアというアイテムによって自分好みにキャラを育成できるシステムなど、シリーズ通じてのお約束とアビス独自のシステムそれぞれによさがやり、やりこみ要素も十分といえるボリュームでした。地味にテイルズオブドラゴンバスターというミニゲームも面白かったですし、長らく楽しめだなぁと。

 現在は絶賛2周目プレイ中で、まだ隠しダンジョンを遊ぶ段階には突入していませんが、現時点でも大変満足のいく内容だったかと思います。アビス未経験でRPG好きになら間違いなくお勧めできる内容ですし、少なくとも3DSをお持ちの方なら、購入を検討する価値は十分にあるかと。
[ 2011/07/20 19:07 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。