ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パワプロシリーズといえば一言で済むけれど 

 思えば、最近はずっとパワポケシリーズとパワポタシリーズばかりプレイしていたため、本家(?)であろう実況パワフルプロ野球シリーズをやるのは久々かもなぁ・・・と2011年版をプレイしながら物思いにふけっていました。


 そして、改めて「シリーズ毎に毛色が大きく異なる」ということを実感したわけです。硬派の本家、遊び心満載のパワポケ、中間地点に存在したパワポタ。・・・そう、パワポタシリーズは2009年を最後に発売していないんですよね。

 私個人としては、パワポタシリーズはかなり好きでした。本家パワプロに勝るとも劣らないクオリティを保ちつつ、つなゲッターというネットワーク機能を生かしたシステム、カード収集というコレクション要素、さらにそのカードを使用して選手を作成・強化できるパワガチャ、4で採用された情熱モード、様々なシチュエーションを楽しめる段位認定モードなどなど。一言でまとめるなら「やりこみ要素」を意識したつくりが自分に合っていたんじゃないかと。

 パワポケはパワポケで、4から長らくお世話になっているシリーズですし、本家は初めてプレイしたパワプロシリーズということもあり、思い入れがあります。これらシリーズがそれぞれの良さを持ちつつ歩んできたとは思うのですが、昨年からパワポタシリーズは停止中。製作コストの問題なのかどうかは定かではありませんが、近年のパワプロシリーズの中でもとりわけ評判が安定して高かった印象もありますし、個人的には復活してほしいところです。
[ 2011/07/16 21:30 ] パワプロ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。