ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

戦国無双クロニクルのプレイ感想 

 ニンテンドー3DSのローンチタイトルの中でも評判が割かし良く、また無双シリーズ自体にも興味があったので、ひと通りプレイしてみましたとかそんなお話。


 無双シリーズという意味では過去にガンダム無双2を少しだけやったことがあったので厳密には初ではないのですが、あれはあくまでガンダムゲームの1つという認識だったので、まあ今回が実質的なデビューという感じでしょうか。

 そんな私の率直な感想としては、ローンチとは思えないほどに良く出来ていたなぁ・・と。他の無双シリーズとの比較はできませんが、少なくとも評価でマイナスに傾きそうな要素は特に見当たらなかったです。

 先にも書きましたが、とにかく完成度が高いです。元々人気シリーズとして培ってきたものもあるとはいえ、携帯機で、ローンチで、3DSの持つスペックを存分に生かしたグラフィック、無双シリーズデビューの私にもプレイしやすい操作性の良さ、操作可能キャラクターの充実ぶり(過去作は据置なのでもっと多そうな気もしますが)、キャラごとの親密度ややり込んだ先で手に入る固有武器の存在などといったやり込み要素等々。もしかしたら、無双シリーズ熟練者にとっては代わり映えのしない内容かもしれませんが、逆を言えば過去の据置タイトルにも何ら見劣りしないレベルに仕上がっているような気もします。

 ある程度事実に脚色している部分もあるとは思いますが、歴史に詳しくない身としては戦国時代全般の話を追体験できるのはありがたい事ですし、特に1600年以降の東西に分かれた各合戦においては、東軍と西軍それぞれでプレイ可能なのが良かったなぁと。まあ、戦闘パートの前後に入る会話パート(?)がとりあえず付けました感があり、強いて言うならその辺をもう少し丁寧に描いてもらえれば文句なしだったのですが。

 キャラクターについては、妙な美形武将やら色々な意味でどう考えても現代人にしか見えない女性陣やら人外じみた面々などツッコミ満載でしたが、おそらくこれが無双シリーズが無双シリーズたる所以なのでしょう。ただ、自分が知っているレベルの名のある武将については大体自分で操作可能だったので、その点は大変良かったですし、武器の個性とか育成要素なども含め、ひと通りキャラを使ってみたくなる辺りも魅力の1つだったように思います。・・・一部明らかに使いにくいキャラがいたような気もしますが、それもまた世の常ということで。


 そんなわけで、初無双シリーズである戦国無双クロニクルは、個人的には大変満足できる内容でした。そして、このゲームは「3DSを既に持っている人(あるいは今後購入予定の人)で、かつ無双シリーズ未経験」な人には是非オススメしたいなと。幸か不幸か、中古相場もかなりお安くなっている印象ですし、特に拘りがなければ中古店を覗いてみるのもいいんじゃないかと。
[ 2011/06/16 07:56 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。