ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第2次スーパーロボット大戦Zの感想っぽいもの 

 「破界編」というタイトルから仄かに香る中二病的な何かが気になったりもするのですが、とりあえず6周ほどクリアしたので、その感想を書いてみます。


 まず結論としては、「非常に面白かった」、この一言に尽きるかと思います。ただそこに付け加えるなら、「飛び抜けていい!と思える要素がなかった」という面もなくはないのですが、まあそんな感じです。

 ストーリー自体はPS2で発売された前作の延長上にあるのですが、前作にあったような意味不明な対立はなく、よくある「世界中のスーパーロボットたちが一堂に会して、地球を狙う輩や世界を破滅させようとする輩や闘うことしか知らなさそうな輩や謎めいたオリジナルキャラを叩きのめす」展開だったので、相変わらずでありながらも安心出来る内容でした。

 ただ、2部構成ということもあり、どうにもすっきりしない内容であったことは言うまでもありません。これはプレイ前から分かっていたことではありますが、せめてEDの演出で1箇所・・・ネタバレになるので詳細には触れませんが、それがあったために余計に締まりの無い終わり方になってしまっていた気がします。なんというか、謎を残したり伏線張るのはいいのですが、BADENDでもないのに後味の悪いEDはどうなんでしょうねぇというお話。たぶん、大半の人が同じことを思うんじゃないかなーと。

 システムはこれまでのスパロボシリーズに忠実で、過去に1作品でもプレイ経験があれば、特に戸惑うこともないくらいにシンプルな構成でした。携帯機ということもあってかテンポもよく、(少なくとも前作に比べれば)暗さもないので、「誰でも気軽に、気の向いたときにプレイできる」ような出来栄えだったんじゃないかと思います。ゲームのボリュームもまずまずで、分岐もそれなりにあり、また周回プレイによる特典もいつも通りな感じなので、やりこみ派にもオススメできるだけのクオリティだったんじゃないかと。

 参戦作品は色々ありましたが、ガンダム00もさることながら、ネット上で作品名だけ知っていたけど内容を全く知らなかったようなのが普段より多かった(マクロス、コードギアス、グレンラガンあたりは名前だけ知ってて、主人公や機体の知識すらほぼ皆無だった)こともあり、そこは個人的に嬉しかったです。ただまあ、好きなガンダム系(昭和ガンダムやX)は前作から引き続き登場ということもあり顔見せ程度で、またVは参戦していないなど、その辺は自分のツボには合わなかったかなぁと。まあ、だからこそ非ガンダム系のスーパーロボット関係の話を普段以上に純粋に楽しめたのかもしれませんが。


 そんなわけで、インパクトはないけど、逆に欠点らしい欠点もない、無難ながらもボリュームがあって面白いスパロボ!という感想を抱いたのでした。
[ 2011/05/22 10:47 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。