ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Gジェネレーションワールドのプレイ感想 

 まず率直な感想を述べるなら、「いつものGジェネ」といったところでしょうか。ただ、この内容のゲームが携帯ゲーム機でできるという点を考慮すると(Wii版は違いますが)、中々の良作だったように思います。

 まず、オリジナルキャラクターを作成・使用できる試みは面白かったです。まあ実際には名前以外にはそれほど自由度はないのですが、もう少しアビリティに自由度を持たせたり、キャラデザインについては例えばDSiで実装されているような「カメラで撮影した画像をアイコンとして使用できる」みたいな形にするのもありかもしれません(PSPにカメラ機能はないので、メモリースティック内の画像を読み込めるようにするとか?)。

 Gジェネの評価指標の重大項目の1つ「ボリューム・やりこみ」という観点から見ても、仲間にできるパイロット数が無駄に多かったり、所持できるユニット数まで多すぎたり、参戦作品も三国伝含め充実していたので、この点も良かったです。個人的には、次作以降では三国伝だけでなく、ナイトガンダムや武者ガンダムやコマンドガンダムなども、パイロットないしはユニットとして参加してほしいところ。まして、SDガンダムの作品という意味では、むしろ登場して然るべきだとも思いますしね。

 ストーリー等については最初からあまり期待はしていなかったので評価が難しいところですが、良くも悪くもGジェネらしいかなぁと。ただ、発売前にオリジナルストーリー展開!みたいな謳い文句も見られた割にはおまけ程度の内容だったのは少々残念。NEOの失敗があるために慎重になっているのかもしれませんが、それはオリジナルストーリーに対するものでなくやりこみ要素という意味で不評だった気もするので、いつかは新たな挑戦が見られたらなぁと思う次第です。

 一方で気になった点としては、前作「ウォーズ」と比べてあまり変化ないしは進化が見られなかったところ。前作が安定して面白かったのでそれほど手直しせずとも遊べる内容ではあったのですが、どことなくウォーズ2臭といいますか、例えるなら風来のシレン4に対するシレン5というイメージといいますか。まあゲーム自体は普通に面白いので、若干気になる程度でそれほどマイナス評価に値する要素ではないのですが。

 それと、多段系ミサイルの弱体化は、ゲームバランスという観点で見れば妥当かもしれませんが、それ により自分好みのユニットが全般的に雑魚になってしまったのが個人的には残念。まあ、これも上記同様ちょっと気になる程度の話で、結局は「時間をかけて鍛えればどんなユニットでも相手を一方的に倒すことができる」というGジェネの基本は変わってはいないんですけどね・・・。

 結論としては、前作ウォーズが好きだった&携帯ゲーム派、もしくは前作ウォーズには興味があったけどまだ未プレイ、という方にお勧めできる内容だった気がします。また、ミサイル弱体化は相対的にガンダム系(主役機全般)の強化ともいえるので、非ガンダムよりもガンダム派によりお勧めしやすい内容かもです。

[ 2011/04/24 06:45 ] ガンダム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。