ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

現状のマリオカートをより自分好みのゲームに(脳内で)するだけの簡単なお仕事 

 自分が好きなタイトルで真っ先にを思い浮かべるのが、マリオカート。なので、このゲームをより自分好みのゲームにカスタマイズ出来るとすればどうするだろうか?というよく分からないエントリ。

 マリオカートについては、正直マリオカートWiiのような現状でほぼ満足。これ以上を望むのはある意味難しいですが、あえて言うなら・・・

1:混戦になりやすいバランスへの調整(1位が独走しにくい)
2:フレンド限定でいいので、様々な条件を加えたネット対戦をできるようにする
 (アイテムの増減、キャラやカートの制限など)」
3:逆走コースの実装

 あたりが個人的に気になるところでしょうか。

 
 1については、おそらく実現が難しそうな予感がしますが、一方でもっとも重要だとも考えています。実際、DSやWiiでのネット対戦では、直線ドリフトやウィリーなどによって一方的な展開になり、勝った人間は俺強い!状態で、いつも負ける一般人は頻繁に回線切断行為に走ってしまっています。私がネット対戦に現状それほど積極的でないのは、こうしたモラルの低下が最大の要因でもありますしね。ただ、1位にだけ飛んでくる甲羅などに対する批判もあると公式のインタビューか何かで触れていた(まあ先ほど話にあげた俺強い!状態を楽しみたい自称ゲーマーからの苦情だろうとは思いますが)記憶もありますし、次作以降でもあまり変わらないかもなぁ・・・と。無論、改造によるアイテム無限使用などの問題もありますが、それはゲームの内容というよりセキュリティというコンピュータ社会永遠のテーマの1つなので、ここでは割愛します。

 2については1ができない場合の打開策の1つといいますか、スマブラXなどと同じ発想ですね。今でもネットで「こういう条件で対戦する仲間を募集!」という形で実施されてますし、こういうのをゲームとしてサポートしてもいいんじゃないかと思う次第です。特にユーザ間の繋がり、またライト層の取り込みを重視する任天堂なら十分にやってくれる可能性がある気がしています。

 3については個人的な願望として1番強い要素。というのも、ある程度マリオカートやったことある人なら、意図的に逆走した経験はあるんじゃないかと思うんですよね。そして、マリオカートWiiの大会の配信でも、既存コースの逆走という発想が公式で取り入れられています。とすれば、逆走コースが標準で実装される可能性は十分あるんじゃないかと。それに、コース数の増加は誰もが望むとは思いますが、最近の流れを考えるに新規コース16個+旧作コース16個の組み合わせになる確率が高いでしょうから、尚更逆走という形で実質的に楽しめるコース数が増えるのは歓迎される気がします。ただ、Wiiの大会配信が好評であれば、大会でのみ逆走を楽しめるという「うり」として次作以降も限定的にプレイ可能にし、評判が芳しくない場合はそもそも逆走がなくなる可能性も否定出来ないので、本当に実現するかどうかは微妙なところだとは思いますが・・・。

[ 2011/03/26 08:38 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ステータス?
カウンター