ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

何かが違う気もします 

 昨今は家庭用ゲームの売上が全般的に伸び悩み、一方でオンラインゲームやら携帯電話向けのゲームの活気があるせいか、家庭用ゲームのビジネスモデルは古い!だとかこれからは課金制の時代だ!などと声高に叫ぶ謎の評論家さんも少なくないですが、そもそもこの議論をすること自体が不毛な気がしてなりません。

 オンラインゲームについては基本プレイ無料なだけであり、結局金はかけたかどうかでプレイヤーごとの差異が生じますし、場合によっては想像以上に金額が膨らむことだってあります。また、ゲームの存在意義からして、長く遊び続けることが前提のような仕様になっているのも多いですから、最初から時間的余裕が全くないユーザを対象にはしていないことがほとんどです。
 
 携帯電話向けゲームについては、過去のゲームの移植だったりミニゲーム感覚程度の作品が多く、ハッキリ言ってしまえば安くて当たり前の内容に留まっていることが大半です。事実、家庭用ゲームソフトは基本5000円かそれ以上はするのが大半ですが、過去の移植(WiiのバーチャルコンソールやPSPのゲームアーカイブスなど)であれば大体1000円以下で購入できますし、DSiウェアのミニゲーム程度で良ければ500円以内に収まることも珍しくありません。

 最初は無料、面白いと感じたらお金を払って完成品を買ってもらうというシステムについても、家庭用ゲーム機なら体験版を無料配信したり、ゲーム関連のイベントに出店してプレイ可能にしたりと、遊ぶ機会は以前から存在しています。無論、別途ハードとネット接続環境が必要だったり、イベントに出向くための交通費が要るなどあるかも思いますが、それが家庭用ゲーム以外にも言えるのはわざわざ言及するまでもないでしょう。
 まして、ブラウザゲーと呼ばれるものとの比較でいうなら、基本プレイ無料という形で公開し、ユーザの意見や指摘などを汲み上げて徐々にバージョンアップしていくものと違い、家庭用ゲームの多くはモノをそのまま買ってもらうわけで、根本的な考え方が違います。もっとも、これについては、例えば今後家庭用ゲームの全てがネット購入可能になり、かつ状況に応じてゲームのアップデートが行えるようになるなら話は別ですが、可能かどうか以前に、そういう売り方でゲーム業界の裾野が広がるとは到底思えませんし、そうすると今の販売体系も必要不可欠ということになります。

 ありきたりな結論としては、一長一短というものがあるのにかかわらず、今売れてるだとか最近売れてないという一時的な数値だけに踊らされてモノを語るのはよろしくないんじゃないかなぁというお話。まあ、それをわかった上で販売戦略上家庭用ゲームは時代遅れと言ってるだけなら「まあ商売人としての判断としては・・・」と思いもしますが、これを本気でそう思っている人が相当数いるんじゃないかという不安があったりもなかったりもする今日この頃なのでした。

[ 2011/03/26 08:07 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。