ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく!306話感想 

 軽く。


 今週のハヤテですが、記憶と力を封印されたアテネと、謎の巨大犬アルマゲドンの交流らしき何かが描かれていました。

 ・・・そして、私は一目見てピンときました。このアルマゲドンという犬、これは伏線だなと。フラグが立ったなと。

 まず、畑先生自身が「金髪幼女にはデカくて白い犬が必須」と仰っているように、アテネと犬が相性がいい。そして、犬といえば三千院家のラッキーがいたという事実もまた存在します。そして、当のアテネは、その三千院家と縁の深い場所で現在生活しています。
 これらのことから想像するに、近い将来、力まで封印されているアテネが何らかのタイミングで危機に陥り、あのラッキーが助けに入る伏線なのではないか・・・と思うわけです。一方で、かつてラッキーは泉を襲おうとし、それをハヤテが守ったという立場にありました。これぞまさしく、昨日の敵は今日の友。そして明かされる、あの時ラッキーが攻撃的な行動に出たのは、実はロイヤルガーデンの呪いが大きく関係していたという事実。また、ラッキーがアテネを助けに突如現れたのは、このムラサキノヤカタが一種のパワースポットになっており、その力がラッキーを導いたのだと。

 ・・・などという展開になるかは定かではありませんが、個人的にハヤテのごとく!における動物キャラは割かし重要な役目を担っている気がしてならないので、そういう流れになるのも悪くないんじゃないのかなぁと思ったりもしたのでした。



トラックバック送信先
星屑の流星群
[ 2011/02/02 22:02 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1367-5c4df57c

ムラサキノヤカタの共同風呂の修理を終えたハヤテ、 そんな日に見事なまでにみんなは出かけ ムラサキノヤカタ内には ハヤテとアリス(アテネ)だけ (実際にはタマとかリィン神父もいるはずですけど)となり… そして本編に「奴」が再登場!!!(笑) 雑談掲示板も設置...
[2011/02/05 21:11] 星屑の流星群
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。