ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 293話簡易感想 

 少しだけ書きます。


 薫先生は見事なクオリティの雪路フィギュアを売っていたようですが、それが相当な数売れたことを誇らしげにしています。ふーむ、こうして見てると薫先生は雪路への愛情というのももちろんありますが、かつてフルスクラッチのプラモを雪路にほめられたからこそ、ここまで辿りつけたような気もします。実際、かつての回想でも1度だけほめられたことがあると評していましたし、雪路は自分のことを分かってくれる、だから自分も雪路の良さを皆に分かってほしい!などという思いがあったりなかったりしながら完成したフィギュアなのかなぁと。雪路への愛と感謝があったからこその出来栄えであり、これが売れる=雪路の価値観が認められたことにも繋がるわけで、やはり感慨もひとしおなのかもしれません。

 一方、西沢一樹はなんだか妙に舞い上がってます。ここまで来ると少しばかり痛々しい感じがしないこともないですが、何事もポジティブに、自分にいいように捉えられるのはあの年頃の少年にとっては悪いことではないのかも。ただ、かつてハヤテを見て複雑な心境になっていたことを考えると、再びハヤテと対峙する時にどんな表情を浮かべるのかは気になるところですが・・・今のコスプレモードハヤテに出会ったから、それはそれで大問題ですが。

 そういえば、千桜って割かしいろんな所に首を突っ込みつつあるんですよね。物語の根幹に関わる部分での露出はほとんどないものの、メイド修行で伊澄とやり取りしたり、咲夜とは主従関係にあったり、ナギと仲良くなったり、薫→雪路に気づいたり・・・これでラブコメ方面にまで関わりだしたら収集が付かなくなりそうですが、やはりその辺は関わり薄いままなのかも。

 そして、ラストのシーンでブルードラゴンを思い出した私は根っからのゲーム脳だなぁと思ったりもした今日この頃。
[ 2010/10/21 22:43 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1333-e8f83eae

同人誌即売会に来たナギと千桜、 隣のサークル「スノーロード」の人が薫先生だったり、 会場に同人誌を買いに行こうとワタル達が考えたり、 ...
[2010/10/22 19:39] 星屑の流星群
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。