ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ヒーロー 

 ハヤテのごとく!とヒーローというキーワードは切っても切れない関係になってるようなそうでもないような微妙な感じですが、しかしよく考えてみると、ヒーローという聞こえ自体は良くても、それに頼っているだけのキャラが多い印象を受けるというのはあまり好ましい状態ではないんですよね。まして、少年誌という特性上、少年少女の成長が少なからず重要視されるべきですし。

 では逆に、ヒーローへの憧れを言い形で自分の成長に繋げることが出来ているキャラは誰なのかと考えると、個人的にまず思い浮かぶのがヒナギクです。ハヤテに対する感情がヒーローに通じるものなのかは分かりませんが、雪路にせよ(単行本限定とは言え)ドーナツ軍曹にせよ、強いヒーロー像を持ったキャラを敬う姿勢は変わっておらず、それが彼女の成長を促進させ、今や自分自身がヒーローの立場に立てるまでになってますしね。まあ、ハヤテ×アーたんを見せつけられたことでまた挫折を味わったかもしれませんが、むしろ更にステップアップしていく上で糧にしていって欲しいところ。

 一方で、ここ最近の展開を見ていると、ナギや東宮くんあたりもヒーローという名の一種の呪縛から解放されつつある印象を受けます。もっとも、こちらの場合は三千院家のお屋敷から出て行ったり野々原がいなくなったりするという大きな環境の変化があったからこそでもあるんですが、それ即ち環境の変化は人間を変える上で大きな意味を持っているとも言えるわけで。

 逆にちょっとばかり心配になるのが、伊澄。別にこのままでも問題ないといえば問題ないんですが、ヒーロー願望が少なからずあり、ハヤテに対する感情にしても譲っているようで微妙に譲りきれていない複雑な状況下にあり、その上環境が変わることもなさそうな立場にあります。性格自体も意外と頑固者ということであまり自ら考えを変えられるタイプでもないので、案外精神的な面での成長は遅れてしまうんじゃないかなぁと。

[ 2010/10/21 21:26 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。