ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今やってもシムシティは色褪せていない 

 今現在ではスーファミが隠居に近い状態になりつつありますが、その中でも未だ普通に遊べる数少ないタイトルの1つがシムシティだったりします。


simu_1.jpg

 確かに、近年の進化したシムシティ、あるいはその他A列車で行こうシリーズのような街シミュレーション(?)と比べれば、随分と味気ないかもしれません。しかし、この手軽さこそがこのゲームが未だ遊べる理由なんじゃないかと。難しく考えず、自分の好きなように線路や道路を張り巡らせて、そこに住宅地、商業地、工業地をそれぞれ立てていく。それ相応にバランスさえ取れていれば、割と適当につくっても発展してくれる。それでも犯罪やら公害やらある程度配慮しないといけない部分もあり、それなりに真面目に街育成に取り組む必要がある。その絶妙なさじ加減は、このスーファミ版シムシティが随一なんじゃないかなーと。


simu_2.jpg

 もちろん、進化したシムシティにも旧作にはない魅力が数多くあります。ただ、後期シリーズ全てに言えることですが、割とガッツリ取り組まないと中々街が大きくなってくれないんですよね。その意味でも、時間的余裕が少ない中でも街づくりを楽しめるというのはポイントが高いんじゃないかと。地価を上げるプレゼントの概念もシンプルで分かりやすいですし。

 あえて言うなら、セーブ数が2つしか出来ない(当時とはしては普通ですが)上に割かしデータが消えやすいことと、マップを自由にエディットすることができないのがすこしばかり残念といえばそうかもしれませんが・・・。
[ 2010/10/20 21:58 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。