ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 292話感想 

 また勢いでつらつらと書いてみます。


 今週は同人誌即売会に皆が集う!という感じで、懐かしい人やら予想外な人やら色々出てきて、さあ皆仲良く会場で鉢合わせ!?になるかもしれないしならないかもしれないし・・・というお話でした。

 まず最初に気になったのは、ハヤテが夢のことを呪いと表現していたこと。こういうのを見てると、やはりハヤテは1巻時点で言われていたような前向きさは全くなく、むしろ後ろ向きな考えが染み付いてしまっていることを実感せずにはいられません。
 もっとも、呪いというとネガティブさが際立ってはいますが、かつてシャルナちゃんが「祝」と「呪」は文字が似ていると話していたように、呪うと祝うは結構紙一重な存在なんでしょうね。その点でも、ハヤテにせよナギにせよ、夢の意味が「呪」から「祝」に変わることも十分考えられるでしょうし、むしろ少年漫画的にはそうなるべきだろうとも思うのですが、さてどうなることやら。

 同人誌即売会参加メンバーとしては、虎鉄(+ハヤテ)、千桜&ナギ、ワタル組、ルカなどですが、個人的に1番存在感があったのは、薫先生でしょうか。おまけにサークル名がスノウロード(雪路)でせめて来るとは・・・。ただ、これはどういう本を売っているかが若干気になりますかね。フィギュアつきとは言いましたが、あくまでガンプラのような現実には存在しえないものを扱っているなら「かつて雪路が褒めてくれたことを極めようとしている」という前向きなものと捉えることが出来ますし、例えば2次元少女チックなものを推進しているのなら、何か現実逃避の道具として同人誌即売会を利用していることになりますし。・・・や、同人誌即売会はある意味現実とは隔離された空間ではあるのですが、薫先生は明確な想い人がいるわけで、一言に現実逃避といってもその方向性とかは結構問われてくるべきじゃないかなぁと。

 一方で、虎鉄は鉄道本での参戦。こちらもらしさを貫こうとしているようです。ハヤテにアレな格好で売り子させようともしてますが、これも見方によってはハヤテを同人誌即売会に馴染ませるための策・・・などという考えは本人にはないでしょうけど、結果としてコスプレ推進していることになるわけで、流石策士だなぁと。

 それと、最後に少し気になったのが、「一生忘れられない出会いが始まる」という表現。何となくですが、「始まる」という言い回しが、ここからがスタート!というのを感じさせてくれるといいますか。それは、この同人編がただのネタパートではなく、ナギはじめ多くのキャラにとっては1つのスタートラインとなるんじゃないかと思ったり思わなかったりもした292話の感想でした。
[ 2010/10/15 19:05 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1325-487ebe24

足橋先生の生原稿と自分との原稿との天と地ほどの差のあまり 精神ショックに陥ってしまったナギ、 ハヤテやマリアが励ますものの全く効果が...
[2010/10/16 06:01] 星屑の流星群
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。