ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東宮康太郎、成長への布石 

 東宮くんが見事なカムバックを果たした今週ですが、その中でいくつか気になる描写があったのをピックアップしてみます。


スタンド使い
 本編においてスタンド使いとしての側面を見せてましたが、過去にスタンドを使ったキャラといえば西沢さんやナギ。ハヤテのごとく!においては「成長要素がより垣間見えるキャラクターの代表格」ばかりなんですよね。
 また、スタンドを操る上で肉体的なスペックはもとより、それ以上に重要なのが精神面の充実。心が弱ければそれに自らが食われてしまう可能性すら秘めているわけで、ここで東宮くんがスタンドを出せたのは、精神面において多少なりとも強さが増したからこそだと思うのです。


価値ある努力
 努力をせず、何でも野々原任せになりがちだった東宮くんが、高尾山編ではそこからの脱却の第一歩を踏み出していました。ただ、ここでの行動はまだ突発的かつ無謀なものでしかなく、また周囲の頑張りが東宮くんの背中を少なからず押していた側面もあったかと思います。
 しかし、今回は違います。自ら主体的に考え、自らがこれまで培ってきた経験や知識を生かせるフィールドで戦っている。知識を叩き込まれたかつての自分と決別し、自らがこの道を選んだというのも大きな意味を持っている・・・受動的な努力ではなく、能動的な努力をするようになったことで、彼はようやく「価値ある努力」に辿りつけたんじゃないかと。


新しい一面
 漫画に関する知識もそうですが、それと共に今回気になったのが、性格というか立ち振る舞い。
 原稿を見てほしそうにするナギに凄んでみたり、ボケボケな足橋先生に強烈なツッコミを入れたり、かつてはただの指図しか出来なかった彼がそれ相応に的確な指示を出そうとしていたり。これらは、古き悪き時代の東宮くんからの脱却を如実に表しているような気がします。



 この同人編において、多くのキャラクターの生活環境が変化しつつあります。その中でも際立った変化をみせている東宮くんは、この物語のキーマンになるとでは・・・と期待しています。

[ 2010/09/23 07:05 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(2)
今まで何をやっても下の立場にいた東宮君が、初めてハヤテやナギより少しでも上に立ちましたね!!
しかも漫画家アシスタントという、物語の重要位置を狙えるポジションにいます!!

これはやはり、高尾山編から約一ヶ月もの間、自分自身を客観的に見れるくらい成長したからですね!!

今のポジションを掴んだ彼なら、ハヤテやナギにとって重要な役割を果たしてくれるに違いません!!

彼の活躍に期待しましょう!!!
[ 2010/09/25 01:26 ] [ 編集 ]
>ハマーA(復刻版)さん

このポジションの変化は、私自身非常に大きな意味を持っていると思います。これは確かな成長ではありますが、まだまだスタートラインにたっただけというか、ようやく本当の自分と向き合える環境になった感じなので、これからがむしろ本番じゃないかと。

・・・あとは、このままメインとまではいなくても、そこそこに出番があればいいのですが。

コメントありがとうございました。
[ 2010/09/30 23:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。