ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

意外と完成度が高い「がんばれゴエモン外伝2」というゲーム 

 かつてファミコンで、「がんばれゴエモン外伝2」というRPGが発売されたのですが、このゲームは当時の作品としては非常に完成度が高いゲームじゃないかなぁ・・・と思ってます。

 まず、ファミコンとは思えないボリューム。いかにも大冒険を繰り広げているという感じがあり、山越え谷越え砂漠越え、船には乗るし空も飛ぶ、はては宇宙船まで・・・という縦横無尽ぶり。ソフトが一回り大きいのも、それだけ多くのものを詰め込んだ証と言えそうです。

 また、戦闘という面でもこのゲームは優秀です。中身自体はよくあるコマンド選択式なのですが、ファミコンでありながら攻撃時には相手に接近し一撃を加えるアクションがあったり、被ダメージ時やら状態変化時にもそれと分かるようなアクションがあったり、味方だけでなく敵側にも同じようなアクションが敵ごとに用意されていたり。有名どころで言うならドラゴンクエスト6のような動きをしてると言いますか。
 それだけなく、戦闘バランスもちょうどいい具合になってると思います。簡単すぎず難しすぎす、ゲームバランスを壊すような要素も(おそらくは)存在しないですし。戦闘のテンポも悪くないですし、この時代のゲームとしてはよくできているんじゃないかと。

 もちろん、がんばれゴエモンシリーズらしいちょっとしたおまけ要素もあります。隠し階段であったり冒険の息抜きにできるようなミニゲームであったり・・・。

 キャラクター面でも個性が感じられ、冒険の途中途中でゲストが参戦したりするなど、細部への拘りを感じるこのゲーム。ファミコンソフトなので今更オススメするかと問われると流石に微妙なのですが、ゴエモンはアクションだけでなくRPGも面白かった(過去形)なのは間違いなさそうです。

[ 2010/09/07 05:49 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。