ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 第285話感想 

 さて、タマの命がけの脱出劇を繰り広げる展開が続いてますが、そんな最中にのそのそ感想再開してみます。


 今回、正確には前回ラストから気になっていたことですが、タマが唐突に攻撃されたシーンが「シリアス」なものとして描かれていたのが、ある意味今現在のハヤテのごとく!を如実に表しているのかなぁと感じてます。タマ関連の話は、以前ならただのギャグネタとしてしか見られなかったような気もします。
 実際、最初いきなりハヤテが深刻そうに話し始めた際は、若干違和感を覚えました。「あれ?これってハヤテのごとく!?」と。しかし、冷静になって考えてみると、こういった変化こそが過去編、ミコノス編がもたらした影響の1つなのかなぁ・・・と思うようになったわけです。


 それと、今週はあれですよあれ、謎の女性!どこかで見たことがあるようで別に見たこともない、けど見覚えある雰囲気を漂わせる女性!

 ハヤテはタマを狙う人物を彼女なのかと疑ってましたが、ここでふと思ったのです。「何故ハヤテはこの女性と間違えたのか?」と。
 ここで考えられる線として、まずシンプルなのが「タマを狙った人物(人でない可能性もゼロではないですが)のスペックが高い」ということ。ハヤテの本気モード?の目をかいくぐってタマを補足できるということは、ただものではありません。話の流れとしてルカという新キャラの可能性も否定はできませんが・・・この予想は個人的にはなさそう。
 だとすれば、考えられるのはこの女性がタマを狙った人物とはまた違う意味で何か危険な存在であるという線。事実、こんな怪しげな人間に問い詰められても余裕が感じられ、5月なのに随分と薄着で、狙ったかのようにへそチラまでお見舞いする始末。彼女はただの不審人物とかそういうレベルではなく、それこそ現世とは若干ずれた空間を生きている可能性すらあるように思います。少しアーたん臭がする髪型とか、ヒナギクを彷彿とさせるスポーティーな格好とか、咲夜ばかりの神出鬼没性とか、伊澄さんもビックリのおっとりさとか、いかにもスペック高そうな要素がそろってます。これは今後の彼女の動向に要注目です。むしろ天王州家の一族とか普通にありえそうです。偶然あったように見せかけて実はハヤテの様子を探ってたエージェントという線も十分考えられます。
 何より驚くべきは、ハヤテと遭遇した瞬間のその立ち振る舞い。表情1つ変えることないのもそうですが、身のこなしが・・・驚きから後ずれりしたとかそんなふうには見えず、むしろ華麗に避けてみせている印象すらあります。ハヤテが勘違いしたのも直前まで何らかの気を発していたのかもしれませんし、それを全く気づかせずにやり過ごせる辺り、伊澄さんのような常人ならざる力を備えていそうな気配がします。

 それともう1つ気になったのが、彼女の色(?)構成。上が白系、服が黒系・・・そう、ハヤテと同じ系統。・・・・・・ハヤテと血のつながりがあるとか、ハヤテと過去に因縁めいた関係があったとか、様々な可能性が考えられるでしょう。それだけこの謎の女性は、可能性に満ち溢れていると思うのです。


 そんな感想でした。



トラックバック送信先
星屑の流星群
[ 2010/08/25 22:54 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1287-446dc272

喫茶どんぐりでのヒナギクとの一件をお得意のデリカシーの無さで なんとか危機を脱しタマをムラサキノヤカタに連れていく事が再開できたわけ...
[2010/08/29 18:37] 星屑の流星群
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。