ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

その時・・・歴史が・・・ 



 2009年6月2日。テラクリボーさんが本作をもって自動マリオシーケンサ製作からの引退表明。




 2009年11月23日。全自動ルイージの人ことLさんが本作をもって自動マリオシーケンサ製作の休止を表明。




 2009年11月23日。鬼畜さんもまた本作をもって自動マリオシーケンサ製作からの引退を表明。



 ・・・あまりに素晴らしすぎる作品にただひたすらに感動しつつ、大御所3名が自動マリオシーケンサ界隈から距離をとる事になったその現実が・・・あまりに寂しい。「本当に、本当にお疲れ様でした!!そして・・・感動を・・・ありがとうございました!!!」というのは私の正直な気持ちですが、一方でこれにより自動マリオシーケンサというジャンルがどうなってしまうことを意味しているのか・・・考えるだけで言葉が続かなくなります。

 思えば、最初に自動マリオシーケンサに出会ったのは週刊ニコニコランキングでした。そこでLさんの男女を見かけ、「そんなジャンルもあるんだ・・・」と、まだニコニコに登録して間もない私が運命の出会いを果たし、かのテラクリボーさんの組曲を見てジャンルへの強い興味を持ち、そして鬼畜さんの引退作で1つの到達点、あるいは終着点を迎えた。
 もちろん、まだ自動マリオシーケンサ作者様全員が引退したわけでもないですし、これから新規に製作を始める人も現れるかもしれません。しかし、本来決してメジャーではないこのジャンルで一際存在感のあった3氏が自動マリオシーケンサ界隈での活動に1つの終止符を打ったというのは、私たち視聴者だけでなく、製作者側に与える影響も計り知れないのではないでしょうか?


 それでも、私は自動マリオシーケンサが大好きだから・・・これからも・・・最後まで応援し続けます。テラクリボーさん、Lさん、鬼畜さん、本当にお疲れ様でした。そして、感動をありがとうございました。


[ 2009/11/24 07:14 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。