ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PSP go 

 つい先日発売されたばかり・・・ではありますが、イマイチ(しかし予想通り)盛り上がりを欠いているPSP go。私も1PSPユーザとして色々情報をあさってはみましたが、どうにも魅力的に思える話が一切見つからないというのは割と深刻な気がします。

 まず、値段の問題。特に中古市場の兼ね合いもありますから、新品価格が多少安かったとしても、あまりメリットはありません。実際、店頭でUMDを買うなら2割前後安くなるのが今の時代はデフォルトなわけで、流通経費の問題、パッケージなどがないことも加味すると、むしろ新品はUMDの半額くらいがちょうど良い気さえします。まして、ダウンロードものだと売却も(今のところは)不可能なわけですから、せめて値段をユーザフレンドリーにすべきではないかと。加えていえば、売却不可→ソフト購入の際はリスクを避ける→固定ファンのついたタイトルしか余計に売れなくなるという流れになり、どう考えてもソフトメーカーにとっては死活問題。
 とはいえ、この件については良くも悪くも中古市場に喧嘩を売っているのは間違いないので、メーカー側としては利益が直に反映されるこの販売形式も悪くない、という認識なのかもですが、ゲーム業界はもう少し中古市場の重要さも理解すべきじゃないのかなぁと思ったり。

 著作権からみの問題とはいえ、PSPで持っているタイトルを買いなおさないといけないのもネック。かといって、これから新規にどれくらいタイトルが出るかも未知数。値段も妙に割高。メモリも・・・容量的には決して少なくはないですが、ゲームがかなりの容量を食うのもまた事実なわけで、その辺はもう少しがんばってほしかったかも。・・・まあ、メモリの容量は今後技術が進展することで、メモリの容量アップで据え置き価格、みたいなマイナーチェンジも予想されますが。

 それと、これは中古市場への対抗心も含めての話ですが、業界的にプラスになりそうもないのがまた微妙なところ。ライト層からすれば、中古で手軽にものが買えない、ネットを通してしか商品が見れないなど敷居が高く、逆にコア層からすればPSPから乗り換える理由が見当たらないという。よほどgo限定の素晴らしいタイトルが提供されるでもないかぎり、市場規模の拡大にはほぼ繋がりそうもない気がします。

 あと、個人的にデザインに関していえばPSP>DSだったのに、goはこう・・・ねぇ?


 もっとも、ソニー側も最初から売ることではなく、あくまで実験機としての発売だったと思いますし、むしろ次の一手で何を繰り出してくるのかが注目される事にはなりそうです。


[ 2009/11/18 08:03 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。