ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

白マリアさんのごとく! 第2話 

白マリアさんのごとく!というタイトルが妙に気に入っている
今日この頃。いかがお過ごしでしょうか?
今後とも、新連載「白マリアさんのごとく!」を
どうぞよろしくお願いします。
・・・ツッコンだら負けです(笑)。


第2話「全てはナギのために・・・(その1)」

さて、今回取り上げる議題は、原作の第98話にあたる
「THE HEADY FEELING OF FREEDOM」の冒頭でのやり取りです。

ヒナギクの誕生日プレゼントに手作りクッキーを贈る事に決めた
ハヤテ。ナギはそれによって「ヒナギクがハヤテを好きになる事」
を心配しています。

それに対し、マリアさんは・・・
「ヒナギクさんみたいな才色兼備のスーパー美少女がハヤテ君の事を
好きになるなんて ・・・そんな非科学的なことありえませんわ
と仰られています。

ここで自然と疑問が生じるわけです。
「なぜマリアさんはああいった突き放すような台詞を仰られたのか?」
わざわざ汚れ役を演じてまで・・・。

上記したように、この時ナギは
「ヒナギクがハヤテを好きになる事」を心配していました。
しかし、所詮天然ジゴロであるハヤテには、この時点でナギの発言の
真意も、ヒナギクの気持ちにも気付くはずがありません。

そこで、ナギを不安にさせないためにはマリアさんがカバーする他
ありません。この時点で、マリアさんは既にヒナギクの気持ちに
気付いていました。マリアさんほどの方ですよ?第78話の
「ニュータイプになれない僕らは決して理解しえないエレベーター
アクション」での一連のやり取りでのヒナギクの動揺ぶりを見れば、
一目瞭然です。

そして、そう考えれば、第115話の「RUN TOGETHER」で、マリアさん
がヒナギクから恋愛相談を受けた際、さほど驚いていなかったのにも
納得がいくはずです。

「そもそもマリアさんはそれぐらいでは動揺しないのでは?」という
 考えがあるかもしれませんが、彼女は女の子です。西沢さんの例も
 あり、初耳ならば、もっと動揺するはずです。


ナギにとって、マリアさんの言葉ほど安心できるものはありません。
そのマリアさんがはっきり断言してでもくれない限り、ナギの心に
平穏は訪れなかったことでしょう。

全ては、主であるナギを不安にさせないための行動だったわけです。
誰よりも主人であるナギの事を優先し、泥水を被ってでも守り抜く。
献身的女神であるマリアさんの優しさでのみなせる業なんです。

全てを知り尽くすマリアさんにしかできない事。
全てを悟るマリアさんがやらねばならない事。

ここはむしろ、マリアさんの「さり気ない思いやり」が垣間見える
シーンと言えるのではないでしょうか?


主な白マリアさん関連リンク

White&Pure Part1」(シャニ様)
ハヤテのごとく!(マリアさんは白!きっと白!)」(きりん様)
マリアさんは白い……はず 」(FAボーイ様)

[ 2007/05/04 09:51 ] マリアさん | TB(0) | CM(4)
仮説ですけどマリアさんはヒナギクの手助けをしたときがあって、その際にヒナギクのすごいところをたくさん見てきたから「ハヤテなんかとは不釣合いだ」と強く思った。だから、ああいった突き放すような台詞を仰られたのですよ、きっと。
[ 2007/05/04 11:02 ] [ 編集 ]
宮崎さん、こんにちは。

なるほど・・・。そういった考え方もありますか。
だとすれば、ハヤテが少し可哀相にも感じますが…。
人は妄想する生き物ですから、人の数だけ妄想がある
わけですね。中々面白いご意見ありがとうございます。

アレ?これは・・・一応白派の意見ということで
よろしいんですね?

では、コメントありがとうございました。
[ 2007/05/04 11:45 ] [ 編集 ]
一応、上にある考えにも根拠となるシーン(というかやりとり)があるんですよね。
せっかくだから賭けでもしましょう。
12巻の背表紙はマリアさんです。
コレが当たっていたら考察してもらいましょう。

考察(妄想?)の参考・資料になるのは
「畑先生のナギにとって姉のような存在という言葉」「ハヤテがヒナギクと話しているとナギと話しているような気がする」「電車の中でヒナギクの両親についての話題になった」「その際どことなく懐かしそうな雰囲気が互いにあった」あたりでしょうか。
もしも背表紙がマリアさんで賭けがあったことを覚えていたら(覚えていたらです)やってくださいね。
[ 2007/05/05 21:45 ] [ 編集 ]
・・・すみません、かなり語弊がありました。
私の中では「考察=妄想」だと考えているんですよ。
作者自身が明言された内容でもない限り、全て妄想では
ないかと。宮崎さんを不快にさせてしまうような発言を
してしまい、真に申し訳ありませんでした。

>せっかくだから賭けでもしましょう。

賭けって・・・最初から私に勝ち目がない気がします。
自分自身がマリアさんの背表紙望んでますし(笑)


*上の文は気にしないでください。

たぶん、ほっといてもマリアさんとヒナギクに関する
考察はすると思います。何時頃になるかは分かりませんが…。
GWが明けたら忙しくなりそうなので。
ツッコミどころ満載の記事になりそうですが(笑)。

貴重なご意見ありがとうございました。
[ 2007/05/05 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター