ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ケレ・ナグーレちゃん=姫神説の再考 

 過去にも何度かこの説を主張してきましたが、改めて書いてみます。

 まずこの話をするにあたり重要なのが、「姫神というのがどういう人物なのか」という点です。
 現時点では、まだ姫神は本編には登場していません(連載時の146話はのぞく)。となると、現時点までの情報で彼の人物像を考えることになるわけですが、まず彼がナギの元執事であったことは間違いありません。ただ、話の流れを察するに、ナギやマリアさんといった面々と険悪な関係になったから離れたというそういうわけでもなさそうです。しかし、理由はどうあれ現在は姿を隠しているので、完全に雲隠れしているか、あるいは変装のような形で隠れているかもしれません。そして、マリアさんの体験談によると、マリアさんのような相手にすら余裕で迷惑をかけられる性格であった、かなり自由奔放なキャラである可能性が考えられます。さらにクラウスが執事を選ぶ際に能力の重要性を説いていたことから、戦闘能力をはじめとして基本スペックはかなり高めと見るのが妥当です。それでいて、ナギの執事であったということは、やはりナギを守るということについても、ナギの扱いという意味でも、他キャラを凌駕しているものをもっているかもしれません。

 これらの情報をもとに分析すると、どうにもケレ・ナグーレちゃんが姫神に見えて仕方が無いんですよね。三千院家と近しい存在で、変装?という形で姿を隠し、しかし実際にはナギの近くで彼女を成長を見守っているんだよ~みたいな。25話ラストでも真っ先にナギを助けるべくエイトに攻撃をしかけましたし、一方で主であるはずのナギを「ちっこい」扱いしたりハヤテを強引にジェットコースターに導いたりと自由奔放すぎるキャラですし、条件的には意外と適合しているような。身長140cm以上しか乗れないという設定も、帝が考えたのではなく、ケレ・ナグーレちゃん・・・つまりは姫神がナギの成長への期待を込めてそう考案したんじゃないか、そしてハヤテと共に成長したナギが再びナギナギランドを訪れたその時、自らの正体を明かすのではないか・・・と。

 つまり、ケレ・ナグーレちゃんは出番がないのではなく、物語の都合上出せないだけなんないかという非常によく分からない妄想をしているのでした。

[ 2010/01/10 23:38 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。