ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハンバーガーストーリー 

 ワタルの母である美琴が息子にハンバーガーを食べさせ、一方でアーたんはマキナにハンバーガーを食べさせてあげた。・・・この事が何を意味するのでしょうか?

 まず考えられるのが、美琴とアーたんには何らかの繋がりがあるということ。その2人をつなぐキーワードといえば・・・そう、王玉です。
 では、王玉といえば?・・・そう、紫子さんです。これらの仮定から導き出される結論を、私なりに考えてみました。

 そもそも、何故ハンバーガーなのかという話なのですが、おそらくこれは、紫子さんなりのスキンシップなんじゃないかと。つまり、紫子さんがハンバーガーを食べさせてあげるというのは、彼女がその相手を本当の家族として見ている・・・それだけ大事に思っているという愛の表れ。美琴は、幼少の頃に紫子さんからハンバーガーを何度も食べさせてもらい、だから息子のワタルにも、同じようにハンバーガーを振舞ったのではないでしょうか?素直に言葉に出来ない思いを、ハンバーガーに乗せたといいますか・・・それにワタルが気づいていたかは分かりませんが。

 一方でアーたん側ですが、これはアーたんが三千院家と少なからず関係があり、紫子さんが誰からも愛されていた、という点を踏まえると、アーたんは過去に紫子さんと接点があったのではないでしょうか?三千院帝の存在も含め、アーたんは三千院家を必ずしもよく思ってはいないでしょうが、紫子さんだけは違っていたのかなぁと。その気持が、マキナに対する思いとして今なお残っているんじゃないかと。まして、アーたんは実の家族とは(現状見る限りでは)あまり近しい関係にある感じではないので、尚更いつも傍にいてくれるマキナには、家族のような温かさを感じている面もあるのでしょう。

 ハヤテのごとく!の登場人物は、全体的に両親、つまりは家族に恵まれていないキャラクターが多いような印象があります。だからこそ、家族への思いが込められたハンバーガーは、今後より物語において大きな意味をもってくる・・・気があまりしないのですが、そんな展開にちょっとだけ期待してもいる今日この頃。

[ 2010/01/06 08:26 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。