ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冷静すぎるのが玉に瑕 

 私がゲームで重視視している要素の1つに「やりこみ」があるのですが、やりこみの基準ってなんなのかなぁなどとよく分からないことに最近思いをはせています。

 ただ1つ言えるのは、別にやりこみ要素自体を求めているわけではないということ。仮にゲームの評価で「やりこみ要素があるのが良い」とされていたところで、別にそういうゲームはいくらでもあるわけで、本当に大事なのはやりこみ要素よりも前に、やりこみたくなる魔力が宿っているゲームであるかどうかということ。

 とはいえ、その何かを宿すゲームにはそう滅多には出会えないのが現実。やりこみ要素があり、実際にかなりやりこんだゲームというのも数多くありますが、その大半は神ゲーとは程遠く、何らかのシリーズ、メーカー、ジャンル等が大好きという愛があったからこそやりこめたというのも多いんですよね。無論、その愛がすべてのゲームに向けられるほどに包容力があるユーザーならばこの限りではないのでしょうが、現実にはそんな聖人君子顔負けの人はごく僅かしかいないわけで。
 まあそうはいっても、恋は人を盲目にさせるといいますし、それくらい愛せてこそのゲーマーという部分もあるのかもしれないなぁと思ったりしつつ、それでも目が肥えてくると妙に冷静になってしまうのが悲しいところでもあるのです。

[ 2009/08/09 01:28 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。