ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

女剣士アスカ見参!の感想もどき 

 まだ99階ダンジョンはほとんど手付かずの状態ですが、現時点まででの感想みたいなものをちょろっと。


 持込可のダンジョンについては、概ねシレンシリーズお約束の内容というか、あえて語るほどのことはなかったり。ただ、武器が弱い序盤だと仲間がそこそこ頼りになるのは、個人的にはよかったな~と思いつつ、結局最後はお荷物みたいになるのもある意味ではお約束。
 クリアした際の装備は、どうたぬき&鉄甲の盾という、実にオーソドックスなタイプ。やっぱりこの装備が1番なじむというか、基本的にはこれが大抵のダンジョンは乗り切れますからね。本編最後のダンジョンである「星華の大筒」クリア時は、どうたぬき、鉄甲の盾共に+30くらいにはなっていて、余裕を持ってクリアする事ができました。ボスが大した事がないのも、シレンシリーズらしかった・・・かな?

 持ち込み不可のダンジョンについては、今のところは本編中にクリアせねばならない試練系のダンジョンをやった程度ですが・・・相変わらずワナ師で苦戦。あと、サトリのつるはしを使ってクリアせねばならないダンジョンも、難易度こそそこまで高くはなかったものの、慎重に慎重を要しながら進めねばらないのがつかれるな~と思いつつ、緊迫感自体は割とよかったな~と思ってもみたり。

 それと、このアスカで割と気に入ったのが、「エレキ箱」というシステム。実質的なお肉の代わりということになるのでしょうが・・・育成要素というのは中々に痺れる。面倒だとか単調作業だとかいってしまえばそれまでですが、個人的にはアリというか・・・もっとも、ある程度使えるやつが限られてしまうのがちょっとばかり残念。とはいえ、ここに装備やらアイテムの使用やら思考ルーチンやらまでいれるとそれがメインになりかねないので、サブ要素としてはこれくらいが丁度いいのかも。「マムルも鍛えれば化ける」というのも、ドラクエのスライムみたいで、なんとなくグッド。


 ゲームの総合的なバランスとしては、ちょっと持ち込み不可のダンジョンに偏りすぎているのが残念といえば残念。シレンシリーズファンの中心である玄人にはお勧めしやすいですが、私のように腕前が伴わないファンには若干合わないかな~という印象。それでもゲームとしての完成度は申し分ないので、私のようなタイプでも十分に遊べるというのが、古き良きシレンシリーズが成せる業。


 gamara.jpg

 ちなみに、武器のデザインとしてはこの「ガマラのムチ」あたりがお気に入り。なんかこう・・・いい。
[ 2009/07/12 17:35 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。