ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

勢い任せの回答ですみません 

ハヤテブログ界隈の変遷。私見(まとめにかえて)(ヒナギクさんちの晩ご飯)

 語る語る詐欺になってしまうのもあれですが、かといってあっちはあっちでお役ご免の空気をかもし出している気がしない事もないので、こっちで適当に触れてお茶を濁しておきます。


 衰退云々に関しては判断が難しいのは確かでしょうね。ただ、個人単位でのモチベーションの低下は明らかですから、ブログ数やら記事数に大きな減少がなくとも、1記事あたりから感じる情熱というか、そういうものが低下していることだけは間違いないんじゃないかと。
 それでも、多くの人がまだ界隈に足を留めているという意味では、まだまだ伸びる可能性はあるとも思っていたり。・・・もっとも、それを可能にするには原作での勢いアップか、もしくは界隈全体に認知されるような新規参入者が現れるかでもしないと難しそうですが。

 トラックバックについては、・・・私は最近原作の感想を書いてないのでなんとも言えませんが、私の場合は・・・トラックバックがどうかではなく、ブログに割ける時間が減った→感想あんまり書かない&巡回に割ける時間も減った→感想を読む場所が現象=トラックバック数も減少という感じ。 
 ただ、トラックバックを積極的に送っていたブロガーは2007年度世代(今適当に命名)という印象があり、その面々が今現在更新低下している人が多いから、トラックバックの全体数が大きく落ちているんじゃないかとも思います。・・・私もその1人ですが。


 不可視化の因果関係についても、一応ちょろっと。

 ニュースサイト云々については、ニュースサイトそのものではなく・・・どうせそんなに多くの人が読むわけではないのでハッキリ言ってしまえば、き○さんご本人が界隈から距離を取るようになったことが大きな要因ではないかと思っていたり。
 ニュースサイトとか大手ブログとか感想まとめとかネトラジとかオフ会とか、どれが重要とかそういうわけではなく、そういった諸々の方面で「ハヤテ界隈史上、唯一中心に立てる存在だった」のがき○さんであり、その中心軸がなくなれば、そりゃ界隈の機能が低下するのはごく自然なことなんじゃないかと。そして、何だかんだでそこに依存しすぎていた界隈の関係者が数多くいながら、ついったーなどで繋がっているから特に問題ない、くらいの軽い姿勢でいた(かどうかは知りませんが、私にはそう見える)のが、それに拍車をかけたというか、立ち直るきっかけを逃してしまったというか・・・。
 要するに、き○さんは偉大すぎたんです。ネットから○ちゃんねるが消えるよりも遥かに衝撃的なことなんです。そして、戦犯はたぶんついったー(界隈の不可視化という意味であり、衰退とは若干別物)。

 ちなみに、SNSについては・・・不可視化とも衰退ともまったく無縁というのが、あそこでムダに日記を書いてきた私の考え。だって、ブロガーはそれほど日記も書いてないですし(登録している方ならわかるはず)。あそこで大きく変わった事といえば、ブロガーとひなゆめ勢と絵師さんの距離が若干近くなったことくらい。あそこは不可視化されているのではなく、これまで不可視化だったものがSNS内でのみ可視化状態になったとか、そんな感じ。なので、登録している人からすれば若干の広がりが、そうでない人からすれば特段変化はないと思います。
 そうして考えると、SNSに機能が移行することは、少なくとも当面はありえないし、今後もたぶんないんじゃないかと。仮にも、既存のハヤテブロガー内で1番SNSに依存しているであろう私がそういうのですから、それなりに信憑性はあるかと思います。・・・新規参入の方とは接点があんまりない(というか「ハヤテ界隈」という単語を使った事がない人が大半?)ので、その辺はよくわかりませんが。


 では今後界隈がどうなっていくのかと考えたとき・・・どうなるんでしょう?サッパリわかりません。ブログ以外が中心に・・・といくには、いまだブログの影響力が強すぎて厳しいですし、ならブログを中心として盛り上げるには、やはり新たな界隈の担い手しだいということになる(他力本願)ので、それこそ現状では予想しにくい(某咲夜好きさんを最後に、2年ほど界隈に影響力を持つ人物が現れていないですし・・・)わけで、なかなかに難しいところ。
 とりあえず、1番簡単なのは、既存のハヤテブロガー全員がモチベーションをあげること?といいつつそんなの無理だからやっぱりよくわからないということで、とりあえず終了。・・・この話題に反応している人を全然見かけないのが、ある意味「界隈の衰退」の象徴なのかもと思いつつ(そして、「裏」で反応している事が多いのは、ある意味「不可視化」の産物?)。
[ 2009/07/12 09:40 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。