ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

ムダになが~い執事とらのあな4のレポという名の単なるハヤテ話 

 記事タイトルの意味を説明すると、「一応名目上は執事とらのあな4(以下しつとら)のレポートのつもりなんだけど、実際にはしつとらに参加したというより一部の人とハヤテ話で盛り上がっただけであって、そうなるとその時に話題になったハヤテ話について触れるしか手はなく、当然その手の話に踏み込み始めるとムダになが~い文章になってしまうのですゴメンナサイ・・・」ということです。要するに、ここを読んでもしつとらの雰囲気は全然わからず、その代わり何やらよく分からないハヤテ云々についてダラダラ語っちゃうから期待しないでくださいよ~・・・・みたいなイメージで1つよろしくお願いいたします。


 ことの始まりは、しつとら開催のちょっと前。個人的に会いたいな~と思っていた人が何人がいらっしゃった中で、うち2人がいけそうにない雰囲気を醸し出していてうわ~んと思っていた一方で、ハヤテSNSで交流のあったじゃっくさんという方がしつとらに興味を示していたわけです。「おお、この機会を逃す手はない!」と思い、割と私の方から一方的にお誘いのメッセージを送りましたところ、なにやら承諾していただけたわけで、それでは当日会場近くで待ち合わせしましょうという話になったのでした。ここまで前置き。


 ・・・で、しつとら当日。浜松町駅に到着したのが9時半ごろ。待ち合わせ予定が10時だったので、暇つぶしに車内から降りてくる人々を観察していたところ、いかにもな面々がぞろぞろやってくる光景に「おお・・・」と少し興味津々。んでその後、無事じゃっくさんと合流。会場までは時間があるのでどこかで時間を潰そうかな~と思いつつ、結局は会場近くで立ち話の開始。

 話した内容としては・・・うろ覚えですが、まず、ハヤテ終了日の話について。誰に聞いても2005年12月24日説が多いんだよね~みたいな話をふったりしつつ、人によっては2007年説とか、12月31日説とか、結構あったんだよね~みたいな話を引っ張り出してきたり。この手の話は大抵「連載ペース的にそれっぽい」とか「なんとなく」とかのパターンで選ぶ人が多いわけで、逆にそうではなく、自分なりの作品構造をイメージした上でこの手の話題に触れていた当時の考察ブロガーマジ凄いんだけど?みたいな結論に不時着しました。・・・まぁ、当時も何も、今も健在という気がしますが。

 続いて話したのが、マリアさんというキャラクターの扱いについて。もちろん、彼女が「メインヒロイン」といわれる部分に関しての言及でして、後々どう立ち回るのか他の方の意見も聞きたかったというのもあったのかもです。「マリアさんは最後敵にとらわれのお姫様ポジション(RPG的なお約束展開)になって、みんなで助けるんだぜ!」みたいな予想とか、「マリアさんが帝に拾われた理由もそうだけど、マリアさん本人がどうすごいのか生まれたての時点で判別するのは難しいわけで、むしろ帝はマリアさんとの両親につながりがあったのでは?」みたいな意見とか、「それ以前にクリスマスイブでマリア像の前に帝がいる理由が・・・偶然と考えるよりは必然だろうから、何かしら別の理由があったのか、あるいはマリアさんがそこにいると分かっていてきたんじゃないのか」みたいな話とか、「あらゆる情報があいまいすぎるし、中の人との兼ね合いも考えると、むしろマリアさんは人間じゃないのでは!?」という大胆予想とか・・・。

 それ以外に話したこととしましては、某最大手ブログはすんばらしいとか、某アーたん好きの考察ブログマジお勧めだから!とか、360度なあのお方はクオリティ高すぎとか、漢字4文字のあそこは新時代の考察系ブログなのでは?とか、やっぱ考察ブログの祖といえばあの人だけど、最近は影響力を発揮する機会も、新規参入者も減ったりで、やっぱり考察系の敷居って高いんだろうな~とか、いつものごとく私がサブキャラすごいんですぜ?みたいな話をしたりとか、なんかもぉ、色々。1時間半以上延々喋っていたこともあり、気がつけば会場前にあった長蛇の列(ハヤテ以外のオンリーイベントの列も含む)がきれいになくなるくらいにまで時間が経過していたので、いざ会場へ!


 まぁ何はともあれ、まずは会場のある建物に入り、なんか微妙に迷いつつ、とりあえずしつとらの会場に到着。正直私は回る場所とか全然考えてなかったので、じゃっくさんが回る予定だった6箇所のサークル回りについていくことに。脇でこっそり「ああ、この方が将来有望な・・・」とかなんとな~く新鮮味を感じつつ、結局一言も発することなくサークル回り終了。本当はごあいさつしたい方も何名かいらっしゃったのですが、どうも基本的には小心者なので、結局たいていの場合は遠目に眺めているだけでした。・・・サークル回りの中で話をしたのは、おそらくtake23さんくらい?
 その後、美希目当てで会場を回りだすじゃっくさんに、私もついていく事に。その過程で何名が知り合いを見かけたりもしましたが、あえてスルー。ただ、TCGでどこぞの愛歌さんファンと戦っていたどこぞの会長とは目が合ったりもしたので、軽く会釈はしておきましたとさ。

 まぁそんなこんなで、12時半前にはサークル回りを完全に終えてしまった2人。そこにやってきたのはfielど×?さん。そこから始まる、周囲の空気をまったく読まない意味不明なトーク。私の立場的に耳が痛いお話が続いたりもしましたが、それはそれで1つの経験ということで、まあ現状の分離独立的なハヤテ界隈構造は避けられないわけでして、そこはそれぞれの活動範囲の人とうまく付き合っていければいいな~と思うしだいです。引っ張れそうな人が一線を引いた今こそ1つのチャンスとも言えるわけで、その地の利を生かして何かやっていきたいものですが、いかんせん私には乗っかるしか能がないので、その代わり乗っけていただける場所ではできる限りの全力で応援したいとも思うので、どうかよろしくお願いいたします。
 その後、ちょっと用事で会場を一旦後にし、3人でブラブラ。この時も似たような話・・・というか、fielど×?さんと会うとそういう話ばかりになるのはたぶん仕様。それはそれでどうなんでしょう?と思う事も時々あるのですが、それはまあ1つの流れというかそういうものもあるでしょうし、今後お会いするときもちょっぴりグレーゾーン的なノリになるのかもです。


 ブラブラし、会場に戻ったときには14時ごろ。もうすぐしつとら終わっちゃうんですけど!?という若干あせっているようなそうでもないような、しかし「私は冷静だ!」とガルマ坊ちゃん風に自らを落ち着かせ、じゃっくさんと共に西沢さんの捜索を開始。しかし、意外と見つからないので困ったものだな~と考え出したところ、「こういう時はひなたのゆめ周辺で目を光らせておけば大丈夫!」という謎の確信のもと、妙な団体の周辺に待機。遠目に圧倒的な存在感を放つ誰かさんを確認しつつ、割とスグに公☆さんがご登場。
 無事にじゃっくさんを公☆さんにあわせることができて一安心したのもつかの間、今度は相変わらず満面の笑みを浮かべた美声しおりんスキーが近づいてくるではありませんか!男性でもおもわず惚れてしまいそうなお方がひなたのゆめ管理人をやり、会場でも抜群の存在感なのに、牧村さんの布教活動だけは思うようにはいかないという現状を知り、サブキャラ好きでもある私としても少々寂しい気持ちになってしまいましたよ・・・。何か私に手伝える事があればいいのですが、世の中そうそううまくいくものではないわけで、それでも牧村さんも好きなキャラの1人である私としては、自分なりのやり方で牧村さんの魅力を伝えていけたらいいなぁと再確認したしだいです。

 不況の影響で布教もうまくいかないのかな~みたいな会話をしている際、隣に1人ひなゆめーずと思われる方がいらっしゃったので、こちらから声をかけてみました。すると、その正体はマリアさん好きの・・・というか、私のやらせていただいているマリアさんFCの会員でもある月夜白雷さんでした!運命は英語で言うとデスティニーですよ!
 そんなこんなで運命的な出会いを果たせたので、マリアさんについて色々話をさせていただきました。やはり、不況の影響で布教がうまくいかない世の中なのは、どこも同じのようです。ただ、今回月夜白雷さんにうかがった話、あるいはハヤテSNSでのマリアさんファンとのやり取りも含めると、「気がついたらマリアさんが好きだった」というパターンが多い事を知ることができたのは、マリアさんファンとしては収穫のある話でした。
 そして、話がひと段落すると、月夜白雷さんが何やら作業を開始されたので、横からぼんやりと眺めさせていただく事に。何やら絵を・・・マリアさんを描いているようですなぁ・・・よくすらすら描けるなぁ・・・と、今にして思えば人様がこうして絵を描く姿なんて、高校1年を最後に見る機会がなかったんですよねぇ。・・・で、描き終わったら・・・


 マリアさんイラストの色紙をいただいてしまったのです!!

 ・・・いや、何故写真がないの?とかいわれそうですが、なんか1人でこの気持ちを楽しみたいというひそかな思いと、そもそもデジカメがちょっと行方不明なのと、その他色々つかれているなどの影響があったりもしますがご了承ください。しかしまぁ・・・色紙なんて初めていただきましたよ!思えば、昨年はあんごるもさんにマリアさんシールをいただいたりもしましたし、なんかそろそろ申し訳ない気持ちが先行しだしている気がしますよホント・・・なんかできたらいいなぁ。・・・しつとら5にサークル参加・・・はさすがに選択肢としてはありえない(文章だけならともかく)ので、何か考えたいところではあります。


 そうこうするうちに、しつとら終了。10時に来て、サークルもほとんど回らず、14時半も過ぎていたのに、まともに話したのがほんの数人とか、あれな感じですなぁ・・・その代わり、1人1人とはじっくり話せてはいるのですが。

 そんなわけで、しつとら恒例のアフターイベントという名のじゃんけん大会が開催されました。ものの見事に勝てない私。今回は2回まで勝ち残ったのが最高でした。・・・まあ、愛が足りないという事ですよ。
 ただ、1つ気になったことが。途中でギルバートの色紙が景品になったんですよ。で、司会者の方が「ギルバート好きの人、挙手!」といったらなぜか参加表明される方が何十名もいたのが・・・ええ!!?と思ってしまったわけです。司会者いわく「みんなうそだろ!?」とかいってましたが、少なくとも私は本気でしたよ!!あっさり負けてしまったことも踏まえ、「愛も大事だろうけど、それ以上にじゃんけんの実力が・・」とも思ったアフターイベントなのでした。
 ちなみに、アフターイベントでは何人か知り合いも勝ってました。というか、毎度毎度誰かしら知り合いが勝っているような・・・ある程度勝っている人がパターン化もされはじめているような・・・。


 激しいアフターイベント後は、ハーマイオニーさんもといふづきかずやさん主催のオフ会に参加するべく集合。ああいつもの面々が多いなぁという安心感と共に、実はこのとき、他のオフ会参加者との壁を少しばかり感じていたのはここだけの秘密。・・・結局、「壁」はあくまで取っ払うための入り口が1箇所開けただけで、他は正直閉鎖的かもな~と思ったり思わなかったり。そこは私にどうにかできる問題ではなく、実際にはうすい壁だと信じてやまないのですが、あとは各人の判断しだいなのかもな~とも・・・。

 何はともあれ、オフ会会場に到着後は、普通に会話開始。隣になんと~な~く前にお会いした事があるようなないような方がいるな~と思っていたら、普通に499さんでした。まあ最初にお会いしたときは正直意味不明というかネガティブというかそんな話しかした記憶もないですし、その意味では今回まとも?に話せてよかったな~と思います。
 ・・・それにしても、こういう場でここまでマリアさんについて喋ったのははじめてかも。いろんな事情が重なり、マリアさんについて語る機会がほとんどなかったというのもありますし、私自身もそれをさけていた節があるので、今回月夜白雷さんや499さんとマリアさんトークができたことが、今後にもつながっていく・・・ようになるよう精進したいものです。

 ちなみに、話した内容としましては、まずマリアさんというキャラクターとはなんぞや?というお話。何を話すにつけても、マリアさんというキャラクターが1つの壁となって立ちはだかるんですよね~といいつつ、どれが彼女の本質であってどこまでがミスリードであって、最終的にそれがどう結実していくかと考えると、やはりマリアさんからみの考察で結論を導き出すのは容易ではないな~と思ってみたり。
 そもそも、彼女が「メインヒロイン」という設定自体が人によって認知度の差があり、そういう面も手伝って、彼女の出番が多いとなぜか「てこ入れ」といわれる始末というがなんとも・・・。むしろ、出番少ないじゃん!と思うのですが、結局、そこらは「終盤一気に加速度がかかってマリアさん中心の話が・・・」といっても、それらがミスリードである可能性も捨てきれないわけで、後半へのワクワク感がある一方で、どこか不安もぬぐいきれないマリアさんファンなのでした。

 その後、周囲のもろもろの人も含み、ヒナギクが話題にもなりました。色々なカップリングについて話が出ていましたが、私は当然ドーナツ軍曹をおしておきました。そして、コレは決してネタではなく真面目な意味で言ってたりもします。実際、とある方はドーナツ軍曹は実に魅力的だと語ってますし、またある方はつい先日、ドーナツ軍曹が出演するSSを書かれてましたし。ミスタードーナツやらドーナツ平野やら、ドーナツというのはなかなかに世間でも受け入れられているわけでして、彼の活躍にも期待せずにはいられません。
 それと共に、ヒナギクというキャラの立ち位置についても話がありました。ナギが超えるべき存在である・・・みたいな、しかし、それはある部分さえ越えれば十分に勝ちといえるんじゃないかとか。

 また、作品を誰視点で読むかによるイメージの違いというのも、興味深い話でした。軸となるのはナギ視点ではありつつ、当然読者によって目の付け所は違うわけで、まあその辺の価値観もうまく共有できたら面白いのかもな~と。

 各キャラクターの存在意義というか、その辺の話もありましたっけ?泉は3人娘として機能しているからこそ魅力的であって、作中でのランクアップは読者にとってのランクダウンにつながりかねないとか、ハルさんはなかなかに美味しいキャラであるからして、まだまだ今後の伸びしろに期待できるぜ!といいつつも、ハヤテの毒牙にかかるのも悩みの種であって、あんまり前面で描かれすぎるのも危険なのかもな~とか、王玉は誰にとって必要で何にとって必要で、一方で帝のとって必要でなさそうではありつつも帝が把握し切れていない王玉もまた存在するわけで、その辺の情報格差が今後どういかされていくのかな~とか、今のネット上での活動は細分化されてはいるけども選択肢の幅もあるわけで、やはりハヤテってめぐまれた環境にある作品なんだろうな~とか、そういう流れを作った先駆者たちは称えられてしかるべきであると共に、その立場をある程度理解する事も必要なんじゃないのかな~とか・・・。
 それ以外だと、やはりマリアさんの話題が遠くの席から聞こえてきたような・・・といっても、ただしくは「じゅうななさい」という単語がポロポロ聞こえただけの話なのですが。どうにもこういう場にくるとマリアさんは弄られキャラとしてしか見られない事も多く、その意味でも隣に499さんがいたのは心強かったように思います。

 本当はもっと色々話していたはずでもあるのですが、個人的に覚えている範囲がこれくらいなのでやめておきます。それと、なんか同じ店で別のオフ会が開かれていたそうですが、それに気付いたのならいっそ大胆な席替えとかを敢行したりはできなかったのかな~と思ったような気もしますが、それはまた別のお話。


 そんなこんなで、20時半ごろにオフ会が終了し、勝負は2次会へ。・・・ただ、ここではハルさん話以外はほぼハヤテと無関係だったので、ここでは割愛。それでも、社会人として活動されている方々から非常にためになる話も多く聞けましたし、別の意味でお腹いっぱいになれる2次会でした。


 その後、みんな散り散りばらばらとなり、電車に乗り、最後はエゴさんと別れ、私は帰路に着いたわけです。



 さて、今回はしつとら・・・というより、いつもどおりハヤテトークばかりしたオンリーでしたが、大変有意義な時間をすごす事ができました。要約すると考察系すごい+2次創作系すごいに尽きてしまうのですが、実際そう強く感じました。ただ、ブロガーはブロガーで1話への執着力が凄く、考察系あるいは創作系は話への造詣が深く、それぞれの話の着眼点の違いが、逆に会話を盛り上げる一要因になっているのかもな~とも感じました。
 ただ、まだまだ先はこれから、ハヤテもこれから、マリアさんもこれから、サブキャラははじまってすらいない、などなど先に色々控えているわけですし、次回開催にも期待しつつ、今回執とらに関わったすべてのかたがたにお疲れ様!の言葉を伝えつつ、最後にこの長い文章を読みきってくださった方々にも感謝しつつ、大変なが~いレポかどうか怪しい文章を終了させていただきます。
[ 2009/05/07 21:44 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(4)
今晩は、光輝です。
色紙、大切にとっておいてくださり、誠に光栄です。
実は、自分もどんな感じのものだったのか覚えてなく、
写真に撮っておけばよかったな~っと思ったり思わなかったりと…^^;

え~ひなゆめマリアさん布教大使に選出されたので…頑張りますっっ!!
さっそくマリアさんのセミヌードイラストがここに…

…次のコメントに進みます。
[ 2009/05/07 23:25 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/05/07 23:27 ] [ 編集 ]
>ドーナツ軍曹は実に魅力的だと
ええ!ドーナツ軍曹は魅力的ですよ!
オマケ4コマだけであれほどの存在感を出しているのは、おそらくドーナツ軍曹ただ1人!
ゲームデビューも果たしましたし、本編に出てきたらその人気は絶頂になり、番外編でドーナツ軍曹VSハト魔人の因縁の対決が!
…てなったらいいなぁw

れろさんに会ってみたいけど、県外行く余裕なんてないや…。
[ 2009/05/10 13:00 ] [ 編集 ]
>光輝白雷さん

こちらこそ、大変お世話になりました!
色紙はそれはもぉ大事にさせていただきますよ!
・・・さすがに堂々と飾る事はできない面もあるので、
それはひっそりとしまっておくという形になってしまいますが。

是非是非、布教活動のほうよろしくお願いします。

それと・・・もう1つのコメントについてですが、
あくまで「可能性がゼロでない」というレベルでしかないんですよね。
何より、仮にFCとしてやろうとしたところで、
現在の会員数も考慮すると物凄く寂しい感じになりそうですし・・・。
「FC合同という形でやることは現状では考えていない」ということでご理解ください。

>ハマーAさん

ホントそうなんですよ!サブキャラを代表するキャラのはずなんですよ!
本編進出をきっかけとして一大ムーブメントを巻き起こすに決まってますって!!

・・・まあ、いつかお会いできる事もあるかもわかりませんし、
その時はサブキャラで激論をかわしてみたいものですね。

コメントありがとうございました。
[ 2009/05/11 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ステータス?
カウンター