ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 第221話感想 

 たぶん簡易です。・・・いや、遅れているからとかそういうわけではなく、単純に感想が思い浮かばなかったので。


キーワードは「ラッキー」
 ギルバートが颯爽と登場したかと思いきや、あっさりやられていたけど、性懲りもなく再挑戦したりしてましたが、ここでふと気になったことが1つ。ギルバートが所属している「ラッキークローバーズ」ですが、かつて三千院家にいた「ラッキー」という犬、そして、先日のラスベガス編で言われていた「運」云々のお話、あるいはハヤテ本人の運のない設定とかも加味すると、ラッキーであるか否かが割りと重要な要素なんじゃないのかな~と思ってみたりもしたわけですよ。むしろ、ラッキーでない方が物語の中心になれるといいますか・・・いや、逆の考え方をすれば、今後サブキャラを語る上でラッキーな存在が多々登場するのかもわかりません。これは色々期待せずにはいられませんね!・・・なんかもぉ、何言っていのかよくわからん状態になってます。

 そういえば、ラッキークローバーズの他のメンバーは誰なんでしょうね?個人的には、ギルバート以外では牧村さんとシスターが確定路線、そして残りは姫神と読んでいるのですが・・・え?そんなわけない?
 まあでも、今回エイトのカスタムタイプも登場してましたし、あながちありえなくもないんじゃないかと思うわけです。牧村さんは三千院家の呪縛からマリアさんを解放するため、シスターは父の無念に報いるため、ギルバートは己の欲望のため、姫神はナギを守る執事を試すため・・・と、ラッキークローバーズを形成する4名がそれぞれの想いを抱きながらも戦い続ける・・・いいじゃないですか。


策士
 ヒナギクに対し「想いを伝えるくらいは・・・いいんじゃないかな」みたいなことを言っちゃってる西沢さんですが・・・いやいや、騙されてはいけませんよ!西沢さんの言葉をそのまま信じるなら「私がハヤテ君を口説き落とすのが先か・・・ハヤテ君がヒナさんに告白してくるのが先か・・・」なわけで、ヒナギクが先に想いを伝えた時点で、ハヤテ争奪戦の是非はともかく、西沢さんとのラブバトルには負けることになるわけで、ヒナギクのプライドを考えたら残念賞ものですよ!孔明の罠ですよ!
 ・・・いやまぁ、「ハヤテ君がヒナさんに告白してくる」という表現だけでみれば、仮にヒナギクから告白したとしても勝負には関係ないといえなくはないんですけどね・・・。


ピンク
 ギルバートの選ぶ「もっともか弱そう」な女の子は、ずばりヒナギク。・・・そりゃまぁ、ピンクといえば守られる立場に近い事が多いイメージもありますし、その点においては非常に納得。戦力的にも物足りないですし・・・いや、何がというわけではないんですが、年齢(というか身長や全体的な体格の割りに)の割には決定力不足というかなんというか・・・。



 まぁつまり、「ラッキー」と名がつけばカムバックする可能性が高いわけでして、シスターがラッキークローバーズの一員ならば、きっと再登場の機会もあるんだろうなぁと期待したくもなった221話なのでした。
[ 2009/04/27 00:05 ] ハヤテのごとく! | TB(2) | CM(2)
冗談と分かってはいますが、突っ込まずには居られない。

>ラッキークローバーズ

 この言葉が出たのは第3巻の10話、遺産相続条件が「ハヤテを倒す」に代わる前の話なので、三千院家と血縁なさそうなシスターや高校で初めてマリアさんと会ったらしい牧村さんは除外すべきかと思います。
 普通に考えたらゆっきゅん以前から縁の深かった4家……愛沢家、鷺ノ宮家、橘家、霞家のことじゃないんですかね? いずれも遺産を狙う必要のない大金持ちなので実際動くのはギルバートだけでしょうけど。

>孔明の罠

 これは気づきませんでした。そうか、ヒナ→ハヤテの告白は一見すると勝負の対象外に見えるけど、逆方向の告白を単なる返礼に格下げする効果があるんですね! 西沢さんの不敗が確定するんだ!
 つーか西沢さん、下田でのヒナみたいに「裸みられた、もうお嫁にいけない……」ってハヤテの前で泣いてみせればいいのに。とりあえずメインヒロイン2人と対等まではなれるぞ、後が怖いけど。
[ 2009/04/27 01:24 ] [ 編集 ]
>双剣士さん

冗談といえばまあそうなんですが、
一応真面目に冗談を言っているつもりだったりもします。

おっしゃるとおり、辻褄が合わないという意味では、
シスターや牧村さんは除外すべきなのでしょう。
ですが、私のサブキャラ理論にはそういった「消去法」を適用せず、
1箇所でも「それらしく聞こえる」設定が思い浮かびさえすれば
即採用という方針なんですよ。・・・そうでもしないと、
彼らのような面々は常に話の対象外になってしまい泣けてくるので。
まあつまり、双剣士さんが書かれるSSと違い、
私は細かい前後関係を一切無視した文章を書いているんですよ。
・・・そして、そうやってツッコミをいただけるのがまた一種の快感なのです。

何はともあれ、その4家がラッキークローバーズに
当てはまると考えるのが自然でしょうね。
もっとも、この名称自体はギルバートが勝手に考えたものである以上、
そもそもらっきクローバーズについて真面目に論じる事自体が
不毛という気もしてしまいますが・・・。

西沢さんとヒナギクの会話内容については、
まあ見方によってはそうも言えるというだけで、
もちろん西沢さんが策士に目覚めたわけではないんでしょうけどね。

>「裸みられた、もうお嫁にいけない……」

つまり、ナギとマリアさんと西沢さんの3人をお嫁にもらうわけですね?

コメントありがとうございました。
[ 2009/04/27 19:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1065-5bfa3949

一度でいいから見てみたい、ヒナギクが「歩お姉ちゃん~♪」と甘えるところ。…雪路は?
[2009/04/27 01:34] 荒川キャッチデイ
久しぶりにピンチ状態。 体調的にも・・・色々と・・・ スポーツ全力4時間は、ナギお嬢様倒れちゃうよ・・・ 今週のバックステージより ...
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。