ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハヤテのごとく! 第216話感想 

 感想と名乗っているけど、どちらかというと妄想ではないかと思うことが時々あるような気もする、かなり遅れ気味の感想という名の何かです。・・・内容、全然覚えてません。


うさ耳
 今回、ロイヤルガーデンに絡んできそうなお話が出てきました。そこで大事なのが、咲夜にもらったといううさ耳バンド。フリキア語云々は私の知るところではないので、今回はこのうさ耳バンドの存在意義について思いを巡らせてみようかと思います。

 まず1つ。ここが謎の地下迷宮であるということがポイントです。こういう地下迷宮といえばRPG。RPGの定番といえばドラクエ。ドラクエといえばうさ耳バンド(たぶん)。そういう壮大な冒険!ダイの大冒険!みたいな雰囲気を出す上で、このアイテムは非常に重要なわけですよ。ついでに、同じ地下迷宮といって思い出されるのが、執事クエストで登場したアレ。あそこでも、サブタイトルで不思議な迷宮(ダンジョン)というものが使われていました。不思議なダンジョンといえば不思議のダンジョン。不思議のダンジョンといえばトルネコ。トルネコといえばドラクエ。
 つまりこのうさ耳バンドには、冒険らしさを出すという名目だけでなく、今回の話にシスターがいずれ関わる事になるとか、かつての執事クエストの場はロイヤルガーデンに関係あるとか、実はその辺の黒幕が牧村さんだとか色々な意味合いがこめられていたわけですよ!

 それと共に、ウサ耳バンドといって忘れてはならないのが・・・そう、誰もが認めるみんなのアイドル・・・ケレ・ナグーレちゃんです。あのウサ耳バンドには、ケレ・ナグーレちゃんの熱き魂がこめられているわけですよ。だから咲夜らが美琴さんにも勝てたし、伊澄もフリキア語が読めたのですよ。それはケレ・ナグーレちゃんがただのヒーローだとかそういう話ではなく、自身の主にあたるナギの友人の力添えをすることも従者のつとめであると、彼がよくよく理解している事のあらわれなのです。
 そしてそれは、かつてハヤテが166話~167話で実践しようとしていた事そのものなのですよ!畑先生が執事コメディだとかいってるのはまさにミスリードで、その実はケレ・ナグーレちゃんの教えを何よりも大切にしているハヤテが描かれているのです!!こうして一見ネタっぽく描くことで読者に深読みさせないようにしつつ、ケレ・ナグーレちゃん本人も出番がないように見せつつ、物語の根幹には常に影響を与え続ける。それらすべての狙いが的中した結果が、このウサ耳バンド着用の伊澄なのです。



 ・・というような理由がこのうさ耳バンドに込められているはずもないので、実際は成り行き以外の何物でもないのでしょう。残念無念。最近、こんな感じの感想ばかり書いている気がしないこともないですが、これで大丈夫なんでしょうか?今さらながら、時々不安になります・・・が、これが1番書きやすいのだから仕方ないのだと1人で納得しつつ、216話の感想という名の何かは終了させていただきます。
[ 2009/03/23 19:41 ] ハヤテのごとく! | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://musyarerocs.blog96.fc2.com/tb.php/1053-63e03408

西沢さんは上半身よりも下半身を強調した方が興奮すると思います。
[2009/03/23 20:56] 荒川キャッチデイ
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。