ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ガンダムブレイカー3 プレイ感想 

 前作の2が中々良い出来だったので、続編への期待値も高い中、一通りクリアするまでプレイしました。クリアから1ヶ月以上が経過していますが、記憶を辿りつつ感想をば書くのです。

 で、本作の全体的な感想として言えるのは、「良くも悪くも前評判通り」という感じ。元々公開されていた新情報は新情報通りに面白かったですし、なんとなく不安視していた要素も、大体不安視していた通りに微妙でした。

 まず、ゲームとしてキモと言えるガンプラをベースとしたキャラクターの創造性という点でいえば、ユニット間の機体、パーツごとの基本ステータスに差がないこともあり、見た目重視で楽しめる、本来のガンプラらしい仕様で良かったですね。各パーツ固有の装備も、使用回数を増やせば他のパーツを装備した時にも攻撃を発動できるので、そこもポイント高し。ただ、育成が若干面倒な印象がありましたが。

 あと、前作は主にボリューム面でのプラス要素が多かった反面、今回は上記の要素含めて、細かい改善や仕様変更が主という感じでしたね。そのため、ユニット数はもちろん、マップ構成や敵の出現パターン、ストーリーなど、この辺りは総じて新鮮新味がほとんどなく、単純な育成ゲーム、アクションゲームという点で見ると、ちょっと飽きやすい仕様だった感じは否めません。まあ、単にアクションゲームというだけなら、ガンダムというジャンルだけも多くの選択肢がありますし、ガンプラの創造性に注力するのは自然な流れとは思います。

 事前に分からなかった所として、気になったのはゲームバランス。体感として、前作よりは気持ち相手を倒しやすくなった気がしますが、高難度になると実質マルチプレイ前提のような耐久力だったりして、まあ共闘アクションを銘打ってる以上はこんなものなのかなぁというくらいの印象。悪くはないですが、あまり改善しているという感じでもなかったかと。

 ちなみに、事前情報から1番気になっていた「SDガンダム参戦!」要素ですが、これは大向け期待通りでした。設定の仕様上、声が全部ナイトガンダムのCVと同じであることに違和感はありましたが、そこはまあ贅沢なお話ですし。ただ、モデリングが素晴らしく完成度が高いこともあり、SDガンダムファンとしては、やっぱこれ独立したSDガンダムゲームがやりたくなったりもしましたが。


 やはり、割かしバトルと育成を重視している自分としては、あまり目立った進化が見られなかったですが、ガンプラ好きがあれこれ創造を楽しむという面では、よく出来ていたかと思います。

スポンサーサイト
[ 2016/06/17 21:34 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

RPGツクールVX Ace プレイ感想 

 セール品と書いてあると欲しくなるのが人の性なのでしょうか、思わず買ってしまった本作。一通り触ってみた現時点での感想でも書いてみます。なお、ツクールシリーズはスーパーファミコンの「2」以来で、PC向けとしては初プレイとなります(配布フリーゲームとして遊ぶ側なら、XP製ゲームは結構触ってましたが)。

 実際に触ってまず思ったのは、作りやすいけど、何からやればいいのかは若干分かり難い、ということ。
 作りやすさという点でいうと、単純に素材が豊富なのもありますが、マップやキャラクターのエディットも直感的に操作しやすいですし、イベント等も簡単に作れるので、基本的な操作方法さえ身に付ければ、あまり迷うことはありませんでした。
 一方で分かり難さという点に目を向けると、ツールが豊富ではいどうぞ!という感じではあるのですが、実際のソフトだけで何から手を付ければいいのかは少々戸惑う印象。まあ、基本的にツクールシリーズを触ってた前提の作りといえばそれまでですが、製作チュートリアルみたいな所からスタート(最初に選択できる項目を意図的に少なくして、徐々に拡張されていくみたいな形式)できる、慣れてる人はそれをスキップできる、みたいな選択肢があると尚良かったかもです。一応、シリーズのファンがネット上に基本的な操作を覚えるためのサイトやら何やらを公開してるので、その辺の情報を参考にしながら触るくらいが、初心者としては丁度良いのかも。

 ただ、1点気になったこととして、どんどん作りやすくわかりやすくなっている印象はあるんですけど、新しいことができるようになっているか、というのは別問題ということでしょうか。もちろん、自作スクリプトを組んだり、既存の素材や機能も工夫すれば色々な形にできるとは思うんですけど、そこに至るには本当にツクールの根底を理解して、必要に応じて勉強みたいなこともして、初めて今までと違うゲームが作り出せる、という印象。まあ、これまでの路線を継承しながら遊びやすくなっているだけでも十分な話であって、欠点というほどのものでもないですが。


 そんなわけで、そのまま触る分には全体として作りやすく、そこから一歩踏み込むには相当気合いれないと前に進むことすら出来ない、そんな感想ですかね。とりあえずは基本操作を覚えつつ最低限のゲームを作ることを第一に考えて、一段落したらちょっと違うことに挑戦してみる、くらいの感覚で遊ぶくらいがいいのかなぁと思った次第です。



[ 2016/06/16 22:23 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

赤髪の白雪姫 1期~2期の視聴感想 

 このアニメに触れるまで作品の存在すら知らなかった「赤髪の白雪姫」ですが、なんだかんだ2期まで欠かさず観続けることができたので、総合的な感想でも書いてみることにします。・・・というメモを残したのがかなり前なので、今更すぎる気もしますが。


 ・・・まあ、1期を見終えた時の感想にも同じようなことを書いたとは思うんですけど、キャラクターとか世界観とか、とにかく優しさとか思いやりとかにあふれた、視聴後の心地よさが身にしみるアニメでしたね。時に辛い描写とか厳しい選択とかもあるんですけど、途中に登場した海賊のような明確な悪役を除いて、シリアス展開であろうと互いを思いやるのがある種当たり前の空間でしたから、常に安心して観ていられる。そして、実際安心の結果を迎える。物語としてのインパクトとかそういう濃い味付けはないんですけど、マイルドで何時何度でも美味しく味わえる物語。たまに普通を強調されるキャラクターとかいますけど、これは作品自体が良い意味で普通、表現を変えるなら王道ともテンプレとも言える内容だったんですよね。

 物語においてあえて難点をあげるなら、その後の展開が気になる!みたいなワクワク感はそんなになかったのかもですね。先述したことからも分かる通り、おおよそ展開も予想もつくし、実際大抵はその通りになる。収まるべき所に収まる展開が多いですから、考えようによっては「盛り上がりや変化に欠けるアニメ」とも言えます。もっとも、そんなことが些細に思える程度には、良い意味で安定感がありましたが。

 キャラクターに関しても、1期から引き続き相手のことを思い遣れるメンツが揃っていて、王道展開に相応しい王道の良いキャラ揃い踏みな感じ。主人公の白雪が微妙に男性陣を攻略する能力が高い感じは受けましたが、それもまた少女漫画出身ならでは、なのかもしれません。もっとも、可愛らしさとかだけでなく、白雪はそのバイタリティ溢れる言動で男前パワーも随所に発揮していて、けどゼンと2人きりの時だけは恋する乙女に終始する。狙った感じはないけどいろいろな人のツボを捉えて離さないであろう魅力に溢れている印象でした。


 こう書いてて改めて思うんですけど、1期時点と感想が同じような感じになってる気がするんですよね。もちろん、物語とかキャラクターの詳細について語ろうと思えば語れるんですけど、全体的な安心感、マイルドっぷりがある種全てを物語っているので、どうしてもそんな感想に落ち着いてしまうという・・・。何はともあれ、ほっこりやさしい気持ちになれる、大変良いアニメでした。



[ 2016/06/15 23:23 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
05 ≪│2016/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。