ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

フォトカツについて思うこと 

 先日、フォトカツに関する全体的な感想としては書きましたが、それなりの期間プレイし続ける中で何となく思ったことをつらつらと。


・イベ曲の通常配信をもっと早めに
 他のリズムゲーから比べて後発であるにもかかわらず、システム面などにおいて特別優位性がない(というか全体的に劣る)中で、せめて曲くらいはドンドンプレイ可能性していくべきではないかなーと思う所。曲のストックもあれば、新曲出す姿勢という点でもかなり意欲的なわけですから、出し惜しみする理由がほぼないように思います。

・伝説級の配信も同様に
 単純な曲数もそうなんですけど、伝説級(最高難易度)に対応した楽曲も増やす、というか全部対応するくらいの勢いでやったほうが良い気がしてならないんですよね。これも通常曲配信と同じで出し惜しみする理由があるとは思えないですし、まして属性によって配信状況が異なる(セクシー属性に至っては今記事を書いている時点で通常配信なし、イベ曲では過去実装あり)わけで。

・縦横の変更してプレイ可能に 
 これは完全に個人的希望なんですけど、譜面がどうにも窮屈で、難易度とか配置とかじゃなくて指のタッチミスが起きやすいんですよね。で、それの対応策としては、やっぱ画面いっぱいに譜面を使う形式に変更できるとかあればいいなーと。まあ、そのためだけにタブレット買うとかいう人もいるかもですが、やはり多くのユーザはスマホでのプレイでしょうし、背景に動きがない以上、無理にそこにスペース割かなくてもいいのかなぁと。

・育成済みキャラをわかりやすく
 誰かを育成→その後このキャラまだ育成してないかなーと思ったら普通に育成済み、ということがどうしても発生しやすい仕様なんですよね、現状は。ソート機能があるのでそこに育成済みか否かのフィルター出来るようにするとか、もっと見た目に育成済みかどうか判別しやすくするとか、いくつか選択肢はあるように思います。

・顔似すぎ問題
 さっき一覧見てて思ったんですけど、一覧の画面だけでは同キャラの違うカードのはずなのに、メチャクチャ見た目が似ているパターンが結構あるんですよね。上の育成済みキャラの話にも繋がりますが、色々見分けが付きにくくて、管理が面倒だなぁと。まあ、これは絵を大きく変える必要が出ちゃうので対応難しそうですが、そもそも顔がちっこく載ってるだけ仕様であるかぎり、どうしても避けられない面はあるのかもですが・・・・。

・ジョニー別府先生は別枠に
 枠拡張の上限が500しかない(自分は到達済み)なのもそうなんですけど、純粋に育成専用のジョニー先生が一覧にぞろぞろいると操作しにくい、見難いことこの上ないなんですよね。デレステのトレーナーとかもそうですけど、ジョニー先生については通常アイドル枠とは分けて用意したほうが、何かと快適じゃないかと思う次第。

編成に自由度を
 基本的には原作準拠なのですが、だからこそメンバー編成がどうしてもテンプレ的になっちゃうのが困りもの。かといって原作完全無視しても従来のファンへの配慮が足りない気もしますし、バランス調整も含めてまだ検討段階なのかなと予想。ただ、ストーリーの中でユニットの話題は頻繁に出てくるので、イベント内で初ユニット結成→あとで該当ユニットに関するスマイル解放とか、或いは特定のユニットがイベント絡むなら、そのイベント期間限定で該当ユニット使うとスマイル効果微増とか(これは多くのゲームでも採用されてるイベント限定能力アップの類と同じ)とか、編成をゲームの楽しさに組み込む上での工夫が欲しい所です。


 スマホ音ゲーとして最低限の機能やらバランスは整っているものの、どれも全体的に他に劣ったり足りないものが多いので、私個人の意見に限らず、運営陣にはもっとアンテナを高く持ってもらって、よりよいアプリとなっていくことに期待したい、今日このごろなのでした。

スポンサーサイト
[ 2016/05/14 19:40 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

第5回シンデレラガールズ総選挙の結果発表を受けて 

 前回時点ではゲームを始めて間もない頃で、プロに入っていても戦力にもならず、選挙自体も楽しめている感じがありませんでした。・・・それを受けて、今回の5回目。自分が参加したという意味で、前回に続いて2回目。

 さて、まずは上位勢。

 第5回CGが卯月という結果は、個人的には驚きでした。実際には中間発表で1位だったことが驚きでそこから順当な1位キープではあるんですけど、何となく「看板キャラに相応しいけど大人気キャラ感がない」というイメージが強かったので、まさかそのまま1位になるとは・・・。
 ただ、前回総選挙の時よりも強く実感したのが、アニメ効果の大きさ。終盤の卯月に関する盛り上がりデレアニでも1番だったと思いますし、ブースト込みとはいえ上位に食い込む未央を見ても、今なおその影響は大きいんだなぁと。
 ただ、そんな中で当たり前のように3位以下を突き放しての2位につけてる楓さんの恐ろしさたるや。今回はイベントで投票券を多くもらえる仕様に変更されてたわけですが、こうなると楓さんは一部の廃課金Pが強いだけではなく、純粋なファン数もトップクラスと言えそうです。それに、アニメにおける演出もCPのメンバー以外では最も重要な役どころと言えるアイドルでしたし。

 それ以外の上位勢は安定の人気キャラor声なし勢。中でも中間投票から順位を上げた佐藤心さん、いわゆるしゅがはさんのインパクトは大きいですね。私の記憶が確かなら、選挙直前で特別目立つイベントやら何やらあったわけでもなければ、アニメもデレステも出番なし。ただ、中間で上位に名を連ねた時は1番のダークホースという見方が強かったですから、その話題性から浮動票が集まったのではないかと思ってます。一緒に並んでランクインした菜々さんとの絡みが今から楽しみです。


 続いて総合11位以降。

 何はなくとも、実に惜しかったのは喜多見柚。しゅがはさんに逆転を許し、ガチャブーストをうけた未央にも追いつけず、僅かな差でデビューを逃した格好。
 そしてそこから後ろは定番の人気キャラが勢揃い。21位の比奈に行くまで9人連続で声あり勢。・・・ええ、まさか比奈がここまで上がるとは予想外でした。お世話になってるプロメンの1人が熱心が比奈Pということもあり、密かにどこまで行けるか楽しみにしてたのですが・・・ちなみに比奈には3票だけ入れました。声なし勢で1番好きなキャラは森久保だったので、仮にボイス選挙的なのが開催されれば、自分は比奈あたりに入れることになりそうですが、はてさて。

 ちなみに、自分の担当であるかな子は33位。自分は比奈に投じた3票を除く、残りの508票をかな子に集中投下しました。何となく30位台くらいのイメージでしたが、安定感ありますね。
 それに次ぐ子としては、藍子やとときんあたりですが、いずれも30~40位勢が多く、色々な意味で激しい闘いとは無縁な印象。そういう意味でも、気楽に楽しめる総選挙であるわけですが。


 こうして軽めに結果を振り返ったわけですけど、そんなことより良かったのは、「モバマス本格的に始めて1年ちょっとの無課金Pでも500票も手に入る」というバランス調整が有りがたかったですねホント。もちろん、相当にアクティブで丸1年以上単凸も欠かしてないですし、そこまで徹底してやってる人がそんなにいないであろうこともまた事実かもですが。


 兎にも角にも、卯月、おめでとう!そして、かな子もいつも通りでおめでとう!

[ 2016/05/14 00:17 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

仮の話 

 最近、やりたいことが多くて困っています。できることなら、そのやりたいことのために、1年2年丸々時間がほしいくらい。

 もちろん、時間自体は作れるとは思うんです。しかし、時間が作れたとして、その気力があるかは別問題。とりわけ、心の部分で集中できる状態でないと、あー明日はお仕事だとか、大なり小なり雑念は入るわけで。
 あと、自分の場合はよくも悪くもゲームが生きがいなので、ゲームに割く時間を減らしてまで他のやりたいことに手を出せるか、出したいかといえば、その答えも「No」といえます。あくまでゲームを生活の一部としながら、それ以外のやりたいことにどれだけ精力を注ぐことできるか・・・まあ現実問題として、難しいというのが今の心境。


 ・・・では、もしまとまった時間が取れるなら、自分は何をやるだろう、やりたいだろうか、というお話。あくまで仮の話で、まとまった時間が取れる予定も一切なく、本当に時間が取れる状況なったとして、それができるかは、この際置いておきます。


・同人誌
 このブログを始めて割と早い段階からやりたいと思っていることの筆頭。自分が出すならデータ本とか考察本とか、たぶんそんな感じのやつ。マリアさん本が第一候補ですが、最近だとかな子にもお熱なので、今では第二候補と言えるレベルに到達してるかも。あとは既に完結済みのダイの大冒険なら、まとまったデータ本が作りやすいかなぁとは思う次第。
 しかし、こういう可能性を考える度に、実際に行動に移せている人を皆尊敬してしまいます。中々、やろうと思ってできることではないんですよね。ただ、死ぬまでに絶対1つは出します。フラグっぽいですが、急な病気で寝たきりとかそういう事態にならない限りは、必ず。その時までこのブログが残っているかは、それもまた別のお話ですが・・・・。ハードル下げるなら、誰かと一緒にやるとか、合同誌みたいなやつに参加する、というのも第一歩としてはありなのかもですね。・・・いや、それハヤテブログのやつとか、ハヤテSNSのやつとか、チャンスはいくらでもあったような気がしないでもないですが。


・ゲーム制作
 これは非現実な、昔からの夢みたいなもの。小学生の頃はゲーム作りたいからゲームデザイナーなりたーいみたいなアホなこと言ってた人間なので。まあ、今はRPGツクール触ったりして満足しちゃってますが。後、今リアル知人でちょっとしたプログラムで簡単なゲーム作った経験ある方がいて、その人と話す機会が増えたことで、この辺の思いがまた少し強くなってきていたり。・・・どっちにしても技術や知識が文字通り皆無なので、夢は夢のままで終わりそうな予感しかしないわけですが、さてどうなるやらです。


・ゲームの腕前を上げる
 いやいやそれ普段からやってるじゃないかと思われそうですが、それはあくまでゲームを普通に遊ぶ範疇でついでにそれなりの腕前につながっているだけで、ここでいうのは、腕前を上げることが目標というお話です。周りに上手い人も沢山いて、そういう人を参考に、自分にできる範囲で上達していきたいなぁと。理想としては、誰と組んでも極端に足を引っ張ることがないような状態。それは長い目でみれば、遊べるゲームのジャンルも、一緒に遊べる仲間の選択肢も広がるわけで、ゲームという生きがいをより確かなもの、楽しいものとするためには、少しでも腕を磨いていきたいものです。


・ブログおよび大百科の活動本格再開
 これもある程度なら今でも可能なのですが、しっかりできていた頃まで立て直して、改めて継続更新できるような精神状態と生活習慣にまで持っていけたらいいなぁ、とはずっと考えている所。現実的には今のペースで忘れた頃に更新、くらいかなぁ。いっそツイッターやめたら更新頻度上がりそうですが、あちらはコミュニケーションツールとして必須みたいな感じなので、それもないかなぁと。


・オフ充
 これはどちらかというとお金と生活拠点の問題という気がしないでもないですが、最近になって、もう少し人と積極的に会っておけばよかったなぁという後悔があります。実際、ハヤテオフ結構出てそうで、トータルでも二桁いかないですし、実質2007年~2009年で大半というオチで、大百科関係に至っては超会議3の時に1回お会いした限りで、それ以外の関係者に至っては、トータルでも1回のみ。昨年も1人にしか会わないままでしたし、今年も誰かとお会いするチャンスがあれば、その機会は逃さないようにしていきたいところ。

[ 2016/05/07 23:15 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2016/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。