ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2011年下半期バトルドームMAD20選 開催のお知らせ 

 2012年ということで、2011年下半期バトルドームMAD20選の季節がやってまいりました。

続きを読む
スポンサーサイト
[ 2012/01/29 23:59 ] バトルドーム | TB(1) | CM(16)

現在のGジェネ3Dとこれからの育成方針 

 今回の育成方針としては、主役機やエースパイロットを優先して鍛えるということ。まあ自分のプレイスタイルとは真逆の路線ではあるんですけど、ユニット数激減でいつものメンツではチーム編成が難しいこと、またシステムが大きく変わっているので、どうせなら使うメンツも大きく変えて楽しんでみようかなぁということからそういう方向に決めました。

 そうはいっても、定番のV2ガンダムが軸であることに変わりはありません。初期の頃はあまりに強すぎたためか徐々に弱体化してはいるものの、変形+換装は当然なくならないので、その時点でお気に入り&強力という二大要素があるので問題なしかなと。他にはサザビー、ウイングゼロ、あとは使い勝手の良さも考慮してデュナメスガンダムも主力を担っています。レベルは60~80程度のメンバーが中心なので、ここから底上げを図っていきたいところです。
 今後鍛えたいのは、ガンダムDX、νガンダム、(一応)SEED系のどれか、ガンダム、ZかZZあたりでしょうか。特にZZはデフォルトでパイロットが2体乗せられる特別仕様(複座式)ということもあり、早めに鍛えたいなと。基本的にラストステージで育成済みのユニットで援護させつつ戦えば労せず育成可能なので、興味のあるユニット・キャラは積極的に育成していくつもりです。

 たださっき調べていたら、何故かストライクガンダムはリストラされているんですよね・・・それだけフリーダムガンダムの人気があるのか、自分が考えていた以上にストライクが人気ないのかは分かりませんけど。

[ 2012/01/09 09:13 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

戦国時代編のプレイ感想 

 実況パワフルプロ野球2011決定版で追加された新サクセス「戦国時代編」に関する感想です。

 内容は至ってシンプルで、3回練習→他国と野球勝負→3回練習→他国と野球勝負→・・・という流れで天下統一を目指します。敵はそれほど強くないので、ある程度慣れれば最終戦以外は過去のサクセスより勝ちやすい印象があります(味方のステータスがサクセスにしてはかなり高いのが大きそう)。

 どこを選んでもそれほど差はないですが、やはり武田や上杉など優秀な先発型ピッチャーがいるほうが戦いやすいかなーと。まだ未プレイの武将もいますが、最終的には大半の有力武将が仲間になることもあり、イベント自体はどこを選んでもひと通り見れるかと思います。
 ただ私は腕前が腕前なので、強いキャラを作るよりもしっかり天下統一できるよう勝利優先の育成方針にしています。特に伊達政宗の「相手が次投げる球種がすべてわかる」という特殊能力がチートじみているので、どうしても勝ちたいという時には必ずお世話になってますね。


 育成もトータル1時間ちょっとで済むのでまあいいんですけども、これを追加しただけで決定版とは流石天下のコナミさまだなーと思わずにはいられません。システム面の改良が一切見られず、気になっていた部分は当然すべてそのまま。お値段も新作価格で・・・パワプロスタッフの問題なのかコナミ陣営の問題なのかは分かりませんけど、この追加サクセスの内容以前に、パワプロとコナミの将来により不安を抱かざるをえなかったというのが正直な思いでした。

[ 2012/01/09 09:02 ] パワプロ | TB(0) | CM(0)

2011年10~12月のアクセス解析 

 何となくやります。

続きを読む
[ 2012/01/09 08:22 ] アクセス解析 | TB(0) | CM(0)

3Dへの拘りに対する違和感 

 前にも同じような記事を書いたんですけど、やはり今現在も「ニンテンドー3DS最大のウリは3D機能」という表現があちらこちらで使われています。それはマスコミ的立場の人も、各ゲームメーカーも、そして任天堂も。

 3DSは魅力的なハードで個人的には大変素晴らしいという認識なのですが、では3D機能がどうかと聞かれれば・・・たまに見て「おお!」と思ってそれで満足してすぐオフにするレベルのものでしかありません。
 これは3DSの3Dがどうか以前の問題として、そもそも3Dに見える映像表現自体に興味がないわけです。以前とある展示会か何かで裸眼にして大迫力の3D映像を見たんですけど、最新技術なのか何なのか、それはもう素晴らしいものでした。・・・が、それで終わりなんですよ、世間一般の反応としては。

 スーパーマリオ3Dランドクラスでようやく「まあ3D化する意味はあるかな」程度で、このレベルですらあってもなくても大差ないと感じるわけで、他のすべてのソフトがこの次元に達することが出来るかといえば間違いなく「NO」で、前述したようにそもそも特別必要な要素というわけでもありません。

 同じようなことの繰り返しになりますが、どんなに3D押しをしようとも、ユーザ側から歓喜の声が上がることも、一大ブームになることもないと思います。3DSはむしろ3D機能が普及の妨げになっている気さえしますし(ハード名の時点で「何とか3D」的なタイトルが増えやすいのは明らか、しかもそこに労力割いてゲームはアレになりやすい)、この3DSを最後にこの路線はいい加減改めたほうがいいんじゃないかなぁと思ったのでした。

[ 2012/01/08 11:59 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

Gジェネ3Dのステータス割り振り 

 今作はレベルアップ時に取得した強化ポイントを使ってユニットを強くするシステムなのですが、その割り振りは相変わらず攻撃メインになりそうです。

 前作ワールドのような凶悪難易度のステージが控えているわけではないので、HPや防御力はそれほど必要ではありません。むしろ、機動力をしっかり上げさえすればパイロットのステータスが低くとも大抵の攻撃を避けることができるので、比重的には機動力重視にすべきでしょう。
 
 エネルギーに関してはチャンスステップの上限が5回と少ない(精神コマンド「覚醒」の使用中は例外)ですし、戦艦に戻れば無条件でEN全開なのでそこまで重要ではないかも。ただ、弱いユニットを育成する際に使用する援護ユニット、また複数人を同時に攻撃できるマルチロック武器を多用したい場合は相当量のENが必要になりそうです。

 例によってHPはいらない子。そして、上げれば何となく強そうに見えるのもいつも通り。まあ、余ったポイントを少し割り振る程度でいいのかなぁと。

 ただ、本作はキャラでもステータス補正ができる(最大50)ので、そのためのエースポイントをしっかり稼いでパイロットを育成しているなら、基本的にはある程度好みのバランスでユニットを育成しやすいんじゃないかと。

[ 2012/01/07 20:53 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく!が長期休載する理由を考えてみたかった 

 普通に予想します。

参考:畑健二郎先生がハヤテのごとく!を長期休載する理由とは?駄目駄目予想!

続きを読む
[ 2012/01/06 23:27 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

オーストラリアさんとバトルドーム 

 昨日はオーストラリアさんの誕生日だったそうです。

続きを読む
[ 2012/01/06 22:09 ] バトルドーム | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく!351話感想 

 感想です。

続きを読む
[ 2012/01/05 22:38 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

プロ野球スピリッツ2011のプレイ感想 

 あまり評判がよろしくないニンテンドー3DS版のプロ野球スピリッツ2011をプレイする機会があったので、その感想を書きます。

 内容はAmazonのレビューなどである程度予想してはいましたが、まあ遊べはするけど不満点が随所に詰まっているゲームだったなというのが正直な思いです。

 まずは最も重要であろう野球部分ですが、びっくりするほど動きがもっさりしてて、プレイヤーのイライラ感をほどよく向上させてくれる効果が期待できますね。言うなれば、風来のシレン3ないしは風来のシレンDSをプレイした時のあのもっさり感を思い出したくなるような。グラフィック自体はまずまずなので、この部分さえもう少しまともなら、それだけでこのゲームの評価も大きく変わったんじゃないかと。ただ、ゲームバランスはそれほど悪くはないかもですね。まあ悪くないだけで特別良いものでもないんですけど。

 システム面では、とりあえず残念な点が目立っている気がします。それはPS3版などと比べ選べるモードが少ないというのはもちろんのこと、操作性の悪さも全体的にアレですし、何より3DSならではの良さが全くないんですよね。いわゆるプロスピシリーズがDS系列に縁がなかったからでしょうけど、ダブルスクリーンやすれ違い通信などを生かすこともなく、3D描写も正直微妙で、スペックがそこそこあるのでとりあえず3DSでも出しておきましょうというメーカーの心の声が漏れ出した感がビンビンします。

 不満ばかりなので良い点も挙げてみますと、初めてプロ野球スピリッツをプレイしたということで新鮮さがあります。育成モードも選手視点と監督視点がそれぞれ用意されてて好みに合わせやすいですし、選手の覚醒という概念で思い入れのある選手を使いやすくもなってます。


 ・・・まあすぐに思い浮かぶのが実はこれだけで、少なくともゲームとしての面白さやボリュームには欠けますし、3DSならではの魅力も生かせていないですし、残念ながら値崩れを起こして当然の内容だったんじゃないかと。もっともパワプロシリーズ含め最近は詰めの甘さが目立つゲームが増えてる気がするので、それだけコナミさんがソーシャル何とかに注力している結果が家庭用ゲーム機向けソフトに影響を与えたのかなという感想を抱く内容でした。

[ 2012/01/05 22:21 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

水蓮寺ルカの新曲について 

 水蓮寺ルカの新曲「僕ら、駆け行く空へ」の歌詞が何となく気になったので、少し書いてみることにします。

 ふと思ったのは、これがルカがナギやハヤテと出会った後で作詞した曲だったら面白いなぁということ。夢と現実~のくだりはもちろんアイドルと漫画家(同人作家)という点に帰着していて、目指すものはもちろん目指すしそこにブレはないだろうけど、果たしてそこに実現可能性がどの程度あるのかなども考えると、決断をくだしきれない自分がいるんじゃないかなーと。
 ただ、この曲の歌詞は全体的に前向きですから、例え迷おうとも、決断を下せる段階になくとも、少しでも前に歩みを進めようというルカの強い意志も感じられるんですよね。それは、迷うと歩みを止めがちがハヤテのごとく!の登場人物たちの中でも一際輝いているとも言えますし、作中内でこのメッセージが何らかの形で各キャラに伝わることで話が動いていくのもありじゃないかと思った次第です。

 一方で、ハヤテに恋愛感情のような何かを抱いている点も歌詞に込められており、それもまたルカらしさという気がしています。それこそ、ハヤテへの思いも含めて曲に込めたいから、初めて作詞を志願したとか、劇場版で出てきた夏イベントに不参加だったのも単純な忙しさだけでなく、この曲に全力を尽くしたいがゆえに自ら仕事を忙しい状態に追いやったとか色々考えられるんじゃないかと。ルカが疲労で倒れたことからも分かるように、おそらくルカは中途半端を嫌う性格ですから、夏の残された時間でできることは少ないと考え、最終的に選んだのが新曲への全力投球という結論だったように思えてならないのです。

 実際の所どうなのかと考えるとそういう裏背景はないかなぁという思いもあるにはあるのですが、少なくとも私にとっては、これまでのハヤテ関連曲の中でも1番妄想が膨らみ、かつ現実味もある気がしたというお話でした。

[ 2012/01/04 18:04 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

マリオカート7とタイムアタック 

 Wi-Fi対戦で疲れはてた時は、何となくタイムアタックで気分転換しています。

 特に今作は陸海空を駆け抜けるというテーマもあってか、割と退屈することなくタイムアタックを楽しめるのが良いところですね。コインの存在も含めて、どう走るかは割とプレイヤー次第という感じになっていますし、こっちのルートはコインが多く手に入る、あっちのルートならうまく走りさえすればタイムが少し縮められるなど、ちゃんと一長一短となっているのも特徴の1つかなと。
 
 レインボーロードやウーフーアイランド1&2のように、長いコースを1周だけ走るタイプがあるのも個性が感じられて良いですね。レインボーロードはコース・音楽共に非常にインパクトがあって、凄く走りがいがある気がしますし、ウーフーアイランドはWiiスポーツの主なユーザであるライト層にも走りやすめなコースなのかも。特にタイムアタックの場合は敵が居ないこともあり、同じ場所を3度走るタイプよりこれらの1周タイプの方が飽きが来にくいのポイント高いかもです(その分タイムを詰める練習にも時間がかかりそうですが)。

 個人的にWiiで最もよくプレイしたゴーストバトルがなくなったのは残念ですが、まあすれ違い通信やいつの間に通信で受け取ったゴーストとタイムアタックで競争もできますし、マリカー7のタイムアタックも長く楽しめそうだなぁという個人的感想でした。

[ 2012/01/03 21:07 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

マリオカート7の登場キャラについて 

 マリカー7での新登場キャラはジュゲム、ハナちゃん、ハニークイーン、メタルマリオの4名。個人的な意見としては、ジュゲムがカロンの代わり、ハナちゃんがキングテレサの代わり、ベビィ系総カットの代わりにメタルマリオ、そして色もの枠としてハニークイーンなのかなと。まあハニークイーンは厳密には新作枠なんでしょうけど、さすがにファンキーコング以上に誰得な感じが・・・少なくともWi-Fi対戦ではあまり見かけませんし。

 マリオ、ルイージ、ヨッシー、ピーチ、クッパ、ドンキーコングJr、キノピオ、ノコノコの8名はいつもどおりの参戦。能力もおおよそいつもどおりで、この辺は今後も固定メンバーという感じになりそうです。そしてマイキャラもヨッシーでほぼ固定という・・・特別大好きなキャラというわけでもないんですけど、こういうのって1度固定化すると他のキャラに変えづらかったりもするわけで。
 
 デイジー、ロゼッタ、ワリオ、ヘイホーも引き続き登場。Wiでは性能上デイジーを見かける機会がおおすぎてアレでしたけど、今回はそうでもなさそうなので露出機会も激減しそうです。そしてダウンロードプレイ限定だったヘイホーが満を持して本格参戦・・・した影響なのか、同じUSA組のキャサリンがリストラされているのがすこしばかり寂しい所でもあります。

 当然と言えば当然ですが、発売開始まもないこともあり、マリオやヨッシーなどの定番キャラと新キャラを使用する人が大半を占めてますね。まあ今後これが強い!というのが確立されればバランスも変わるでしょうから、今のうちに現状のメンツを楽しんでおきたいところです。

[ 2012/01/02 20:00 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(1)

謹賀新年でございます 

 今年もよろしくお願いいたしますというエントリで何か書こうと思ったですが、いざ改まってみると単に1日が過ぎただけだなぁと思わなくもない今日この頃。

 TVを見るわけでもなく、誰かと一緒に住んでいる(過ごしている)わけでもなく、年が変わる瞬間に起きていたわけでもなく、初詣などどこかに出かける用事があるわけでもなく・・・そうすると、どうしても実感がわきにくいんですよね。

 まあこのブログは趣味活動の拠点であるわけで、あまり深く難しく考えすぎずに今日から平常運転をしていければなぁというのが正直な思いです。もちろん色々と思う所はあるものの、思った所で行動に移せない人生をずっと歩んできた側面もありますし、とりあえずこのブログを含めて活動を続けていくことそのものに価値があり、その先に何かがあるかもしれないと少しでも前向きに生きるよう努めたいところではあります。

[ 2012/01/01 07:29 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
12 ≪│2012/01│≫ 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。