ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

チーム「バトルドーム」がペナントレースに参加したら in パワポケ12 

 今日はバトルドーム復刻祭(アクションバトルドームなるものが発売されるらしいです)なので、先日パワポケ12で作ったチームをペナントレースに参加させてみました。・・・いやまあ、それだけです。

続きを読む
スポンサーサイト
[ 2010/07/29 00:02 ] バトルドーム | TB(0) | CM(0)

ハヤテ282話 

 読んで漠然と思ったこと。

 ハヤテは学力的な意味での頭は普通レベルなのかもしれないけど、状況判断能力と対応力の高さがあるためか、学力とは違う意味での頭の良さは持っているのかもなぁと思いました。今回の英語発言にしても、別に英語力そのものがあるわけではないのですが、その限られた英語力を最大限有効活用できる能力が備わっているからこそできた対応だったんじゃないかと。
 
 一方で西沢さんについては、可愛いというよりかは凛々しさというか、逞しさみたいなものを感じました。純粋であるからこそ、他のキャラは(極端な言い方をすれば)どうでもいいけど、ハヤテにだけは祝って欲しいというその思いがストレートに行動に現れていたのが好印象でした。

 しかし、話のメインはハヤテと西沢さんでしたが、個人的にはナギが最後はすべてを持っていったような。かつてのナギなら嘘でも絶対に言わない、言えない台詞がこうもドンと出てくるのが、一見ギャグっぽく描いているようで、その実かなりナギの変化が現れているお話だった気がします。自分は割とナギに対してはそこまで感情移入しきれていないというのが正直なところなのですが、今週のナギは・・・実に良かった。


 それにしても、今週は締めが割と中途半端というか、ハヤテにしては(良くも悪くも)すっきりした終わり方にも思えましたね。いうなれば、本来あるはずのオチが抜け落ちた状態というか。・・・と書いた後でバックステージ見たら答えが書いてありましたとさ。

[ 2010/07/28 20:57 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

バトルドーム in パワプロクンポケット12 

 7月25日はバトルドーム発売祭ということで、バトルドーム関連キャラクター(?)をパワポケ12に進出させてみました。

続きを読む
[ 2010/07/25 00:00 ] バトルドーム | TB(0) | CM(4)

分かりやすいというより隠しきれない 

ハヤテのごとく! 桂ヒナギクはなぜ魅力と人気があるのか?(tanabeebanatの日記9

 なるほどなるほどと思いつつ、だからこそ自分にとってのヒナギクが、昔ほど印象に残らなくなったのかもなぁと思ったり。

 私はハヤテのごとく!を読み始めて間もない頃、桂ヒナギクというキャラクターがかなり好きでした。キャラ付けが明確で、自分の中にすんなり入ってきたような、そんな印象があったんです。しかし、作品にのめり込めばのめり込むほど、ヒナギクの印象が薄くなっていったんですよ。

 特に大きな変化を生んだのが、ブログなどでハヤテのごとく!について触れるようになったこと。記事のネタにするために深読みしてみたり、様々なキャラクターとの関連性を考えてみたり・・・そういったことをするうちに、ヒナギクは想像を広げにくいキャラに感じたんです。キャラクターが「立っている」ので分かりやすいのですが、その反面想像の余地が少ない。心理描写は多いのですが、その多くが自分自身の在り方について悩んでいるだけで、キャラ単体を掘り下げるにはよくても、他のキャラを絡めて考えるにはあまり不向きと言いますか。
 
 まあつまり・・・なんでしょう、ヒナギクは単品で見るには分かりやすくて魅力的なキャラクターなのですが、ハヤテのごとく!という枠で見ると少々扱いにくいと感じるようになったのかもしれません。良くも悪くもヒナギクはキャラクターとして強すぎるんでしょうかね?ナギやマリアさんが分かりにくく、一方でヒナギクが分かりやすいのも、ヒナギクの物語はハヤテのごとく!全体の物語とは同時間軸を進んではいるけど、全く別次元のレベルで進んでいるからこそ分かりやすいとも言えるでしょうし。

[ 2010/07/23 05:55 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

スパロボ in ニコニコ 

 スパロボ関連の動画についてちょろっと。

続きを読む
[ 2010/07/22 05:37 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

ハヤテ281話 

 ハヤテのごとく!の281話ですが、なんか誕生日を覚えてるとモテるらしいです。ならハヤテのごとく!全キャラの誕生日を覚えてる私はもちろん!・・・と言いたいところですが、正確には誕生日を覚えていて、かつそれにふさわしい行動を(無意識のうちに)起こせる人がモテるんでしょうけど。

 そういえば、ハヤテは記念日に割と頻繁にクッキーを作っているのがちょっと気になるところ。確かヒナギクの誕生日にもクッキー渡してましたし。
 クッキー関連のイベントというと、まず思い浮かぶのはケーキ屋のバイト。168話の回想シーンでも、ハヤテがケーキ屋のバイトでクッキーを作ったというエピソードがありましたし、当時何かクッキーに関してハヤテ自身の記憶に強く刻まれるような話があったのかもしれません。まして、ケーキと言えば誕生日プレゼントの定番ですし、客とのやり取りでその手の体験があったとしても何ら不思議ではありませんし。
 もう1つ考えられるのが、ハヤテ本人の誕生日に何かあったのではないかという線。98話(ヒナ祭り祭りの最終話)でも、誕生日にクッキー1枚だったこともあるという話が・・・といってもどう考えてもこれは悪い話であって、記念日にクッキーを贈るキッカケにはなりえないでしょうけど。ただまあ、例えばその現場を目の当たりにしたハヤテ兄(イクサ)が、ハヤテに大量のクッキーを買ってあげたとかそんな展開があったのかもわかりませんし。
 もっとも、現状では西沢さんやヒナギクとかにあげてるくらいなので、ハヤテにとって「心を鈍感にする」プレゼントがクッキーなのだとか、単にクッキー作りが得意なだけだとか、それこそ特に意味はないとか、あらゆる可能性が考えられるわけですが・・・。

 クッキーといえば、確か「白皇学院文化祭 特製クッキー」というボッタクリ商品が出るんですよねぇ。こうなると、クッキーが実が物語において大きな意味を持ってくるとしても不思議ではないですね。しかもこのタイミングで畑先生本人がバックステージで「誕生日自体にはそれほど物語的に重要な要素があるわけではない」と言ってましたし、これは見方を変えれば「誕生日自体にはそれほど物語的に重要な要素があるわけではない(けどクッキーには物語的に重要な要素がある)」と解釈できなくもない!
 今にして思えば、三千院家の飼い犬であったラッキーも、クッキーと名前が似てるんですよね。もしかしたら、ハヤテだけでなく、ナギ、ひいては三千院家にとってもクッキーは重要な要素が含まれているのかもしれません。


 一方で、西沢さんは今回、誕生日を覚えておいてほしいとか色々言ってますが、まあ各キャラが覚えてなくてもファンが勝手に覚えて勝手に祝ってくれるので大丈夫でしょう・・・たぶん。

 
 そんなわけで、クッキー妄想が勝手に広がる281話の感想でした。



トラックバック送信先
星屑の流星群
セカコン~ナギと紅茶を楽しんで~

[ 2010/07/21 20:06 ] ハヤテのごとく! | TB(2) | CM(0)

パワポケの日常風景 

 自分のパワプロ(というかパワポケ)のバッティングスタイルについて書いてみます。

続きを読む
[ 2010/07/21 05:16 ] パワプロ | TB(0) | CM(0)

変なチームの現状 

 分かる人には分かるけど、大半の人には分からない謎のチームの現状をお伝えします。

続きを読む
[ 2010/07/20 05:21 ] パワプロ | TB(0) | CM(0)

パワプロの向かう先 

 最近、パワプロの未来がちょっとばかり心配になっています。

 別にパワプロがクソゲー化したとかそういう深刻な状況ではないのですが、MajiでMeisouする5秒前というか、なんか怪しい雰囲気が漂い始めている気がするんですよ。例えるなら、ボンバーマン化というか、スクエニ化というか、まあそんな感じ。

 まず、さすがにゲーム出しすぎではないかと。各ハードで出すというのはまあ分かるんですが・・・例えば最近の話でいうと、せっかくパワプロ、パワポケ、パワポタという棲み分けができつつあったのに、PSPにまでパワプロをもってくる必要があったのでしょうか?出すことそのものが大きな問題ではないのですが、どうもこういうのは「売上が下がった分、ソフト数を増やして元を取る」という考えが裏にあるような気がしてならないというか。マルチといえば聞こえはいいですが、同じマルチ化するなら据え置き同士でするとか、パワポタ売れてるハードだからPSPでも出しとこう的な安易な考えがあるのではないか、と邪推したくなります。考えすぎかもしれませんが、今のコナミなら本当にそういう意図があっても不思議ではないんですよね・・・。

 2つ目の不安要素として、サクセス・レジェンズや熱闘!パワフル甲子園のようなソフトでもって、パッと見は新鮮そうなタイトルにしつつ、実際は過去の遺産に頼ったソフトを出し始めたこと。リメイク商法は今に始まったことではないですけど、少なくともいい傾向ではないと思うんですよ。PSPのアーカイブやWiiのバーチャルコンソールのような形式なら別ですけど・・・まあパワプロの昔のタイトルがそのまま遊べてもデータが古すぎるだけなので、このようなサクセスモードのリメイク形式になるのは仕方ないかもですが。

 それと、なんか最近パワプロにバグが結構あるのも気になります。自分のプレイした範囲だと、パワポタ3やパワポケ12でバグを見かけました。まして、一個人でそれなりに見つけられるレベルのバグがあるということは、明らかにメーカーのチェック不足。パワプロはある程度決まった時期に発売しないといけない事情がある(毎年データが新しくなるので)からか、出来より納期を優先してるんでしょうかね・・・。

 とはいえ、今でもパワプロシリーズを普通に楽しんではいますし、これからも(当面は)楽しみにしてます。ただ、少しばかりユーザの事より目の前のお金をどう作るかに走っている気がするので、こんな記事を書いてみたりしました。

[ 2010/07/19 05:29 ] パワプロ | TB(0) | CM(0)

ダイ大 in パワポケ12 

 パワプロクンポケット12でダイの大冒険キャラを作成・・・したようなそうでもないような、そんな熱い今日この頃。

続きを読む
[ 2010/07/18 05:50 ] パワプロ | TB(0) | CM(0)

捏造の魅力 

 事実を捏造するのは実に面白いです。

続きを読む
[ 2010/07/17 23:25 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)

モブ 

 メインキャラ、サブキャラという大別の仕方がよく使われますが、中にはモブキャラと呼ばれる、あまりに出番の少なかったり、1話限定の登場だったり、アニメで一言しか台詞がなかったりするようなカテゴリーが存在することもあります。

 個人的に、こういうキャラに注目が集まるというのは、その作品やらジャンルにとっては割かしよろしい傾向なんじゃないかと思っています。というのも、実際問題主要キャラの人気なくして、モブにまで注目が集まるという流れにはならないんじゃないかと。
 確かにモブ自体が魅力的という可能性も否定できませんが、モブに注目が集まるのは「メインキャラが人気だからあえてモブ」という空気があってこそ成立するものという気がするんです。そして、モブを見る上で否応なしに話全体に目が止まる(という表現は語弊があるかもしれませんが)ことに繋がりますし、自然と作品に没入できていくというか、モブを好きになることは作品を深く掘り下げる上でもいい傾向なんじゃないのかなぁ・・・と。

[ 2010/07/17 19:42 ] アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)

2010年上半期のお気に入り動画21選 

 バトルドームだけ選ぶのもそれはそれでいいのですが、せっかくなのでニコニコ全体でのお気に入りもまとめてみます。対象は2010年1月~6月にかけて投稿された動画です。・・・20にしようとしたら21個選んでしまったので、21選です。まああれです「21世紀」だから21選なんですよ!

続きを読む
[ 2010/07/17 05:38 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

RPGと戦闘と 

 RPGといえば戦闘!戦闘が面白いRPGは総じて面白い!・・・と安直な結論を導きだすことはできませんが、やはり戦闘は大事。ゲームバランスが(悪い意味で)ぶっ飛んでいたり、キャラに全く個性がなかったり、戦闘のテンポが悪くなったりするのはいただけません。

 そんなわけで、ここ最近は久々にRPGしたい病にとりつかれたため、ちょくちょくRPGに手を出してます。昔の作品ばっかりですが。

 まず最近やったのは、ブレスオブファイア3。個人的にはRPG最高傑作と思ってる作品なのですが、こと戦闘という意味では・・・おそらく地味。見下ろし型のコマンド選択式、素早さの高いキャラから順に行動、魔法や技を駆使して相手を倒す。・・・うん、物凄く普通です。ただまあ、戦闘のテンポはまずまず、何よりゲームバランスがしっかり取れており、基本に忠実なのが嬉しいです。
 また、これまた過去にクリアした作品として、今現在プレイ中なのがテイルズオブイノセンス。ゲームのボリュームは若干少なめでストーリーも一本道なのですが、戦闘システムは割かししっかりしてます。フィールドを自在に動き回り、技でコンボを繋ぐ。仲間キャラも個性があり、それなりに感情移入をしつつ育成にはげ・・・めるかどうかは人それぞれでしょうけど、いずれにせよ戦闘の面白さは流石テイルズシリーズといったところ。まあ、敵も普
通にコンボを繋げてきて、ちょっと油断すると雑魚キャラでも危険なので、ゲームバランスとしては微妙なのかも分かりませんが。
 それと、最近新規に始めた(といったも古めの作品ですが)のが、ネットでは有名かもしれないオプーナ。細かいことは絶賛プレイ中なので何とも言えませんが、戦闘に話を向けると・・・システムとしては斬新かも?基本的にはエナジーボンボンと呼ばれるヨーヨーっぽいのを敵に当てて攻撃するのですが、Wiiらしく手を振ります。まあ、必死な形相で振る必要はなく、振り方を変えることで攻撃の方向も微妙に変化します。また、オプーナは戦闘に限らず「片手でプレイできる」をウリにしてることもあり、その意味でも戦闘の個性はあるんじゃないかと。もっとも、前半はオプーナ1人でひたすらボンボン振り回すだけなので、単調といえば単調なんですけど・・・。

 ちなみに、戦闘の面白さで印象に残っているRPGとしては、スターオーシャンセカンドストーリーやテイルズオブヴェスペリアあたりが思いつきますが、そう言いつつコマンド選択式のRPGもそれはそれで面白かったり。何はともあれ、世はストーリーこそRPGの全てと言いたげな風潮がありますが、戦闘も大事ですよーむしろ戦闘が大事ですよーというお話でした。

[ 2010/07/16 05:22 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

移行 

 サブブログとして主にニコニコ関係のことを書いていたのですが、別に今更分けて運営する必要もない・・・というよりもうブログをそんなに見てる人もいないだろうということで、こっちに統一しました。そのため、今後はこれまであまり見かける機会がなかったであろうジャンルの記事がたまに出てくることになるかと思いますので、予めご了承ください。逆にハヤテのごとく!関係のエントリは今後は別館で書こうかなぁと検討しているのですが、これについては要検討というだけで別段決定事項というわけでもなかったり。

 要するに、ひとまずはこれまで分散してたものをこの本館に集めて、集めた後どうするかはまだ未決定・・・ということでしょうかね。某ニコニコ大百科での活動も一区切りつき、リアルの生活も何とか落ち着いてきたので、緩やかにブログ再開・・・という形になるのか、あるいはいつものごとくゲームに戻るのか、はたまた別の趣味に目覚めるのかは神のみぞ知るということで。

[ 2010/07/15 05:55 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)

2010年上半期バトルドームMAD20選に参加しまシュゥゥゥーッ! 

2010年上半期バトルドームMAD20選・・・やらないか?というエントリ(業務雑記 TYPE-R)

 いきなりニコニコ動画関係のエントリができたと思ったら、のっけから誰得すぎる内容に走る。それが私のジャスティス!・・・ん~まあ簡単に言うと、ニコニコ動画には「バトルドーム」を題材にした動画が数多くあり、今回はその中でも2010年1月~6月にかけて投稿されたものの中で、私が個人的に気に入ってるものを挙げてみたとかそんなお話なのです。

続きを読む
[ 2010/07/14 20:25 ] バトルドーム | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
06 ≪│2010/07│≫ 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。