ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

雑食 

 私は「雑食」という表現自体を疑問視しています。なぜなら、個人的には・・・「ニコニコ動画を利用している人は雑食であることが前提条件」だとすら考えているから。

 初期の頃のニコニコ動画については把握していませんが、今現在の(ネットにおいて)メジャーとなったニコニコ動画は、複数ジャンルのコラボ、あるいは職人同士の合作なども珍しくありません。そうなると、特定のジャンルのみが好き、○○は消えろ的な発想をする人は、最初からニコニコ動画を利用するには向いていないということになります。雑食大勝利!などといっても、いやいや雑食とかそういう話を持ち出すこと自体が問題・・・となるわけで。

 もちろん、誰しも好き嫌いの1つや2つはあるでしょう。しかし、そこそこに好きなレベルだと、どうしても「○○が好き、けど××は嫌い」にとどまってしまうのも事実であり、やはり個人個人がそこから「○○が好き、特に××が大好き」にまでできるようにしないといけないのかもしれません。


スポンサーサイト
[ 2009/09/29 06:20 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

人気のない所に荒らしは立たない 

 何故嫌いな曲が使われていたり、質そのものを疑問視するような動画を見に来るんでしょう?そして、何故わざわざ荒らしコメントまでご丁寧に残していくのでしょう?荒らしと分かっていて荒らしていても、荒らしと本人は気づかずに荒らしていても、どちらにしても大問題であるのは間違いないわけで、そういう行為に走るのは非常識としか言いようがありません。

 もっとも、私がここまで荒らし(もしくはそれに類する行為)に嫌悪感を覚えるのは、いわゆる○ちゃんねる的なノリが主流となるようなサービスを、ニコニコ動画以外には利用していないから・・・つまりは耐性がないのでしょう。これまでの私は良くも悪くも安全地帯を歩いてきた(マイナージャンルを扱うサイト、自分のブログなど)ので、こういうメジャーな場所が殺伐としてしまうことが不思議というか、私は世の中の人間は誰しも常識をもち、空気もそれ相応に読めると思っていた節もあるのかも。

 とはいえ、人気があれば人が集まる=祭り感覚でやって来る一見さんが急増=その場における常識を知らない人も併せて急増=問題がおきやすくなる・・・というのはネットに限らずよくあること。人気が出ればそうなってしまうのも当然と言えば当然。ただ、それを仕方ないと変に割り切ったり、ただスルーすればOKという考え方が浸透しすぎるのも考えものだとも思っていたり。それを正す、などと偽善者ぶるつもりはありませんが、より良くしていくためにやらなければならないこと、考えなければならないことがあるのもまた事実。

 たかが趣味、されど趣味。個人単位で面白おかしく笑うのはもちろん、できうる限りみんなが心の底から笑い、価値観を共有できる場を模索していく必要もある気がします。


[ 2009/09/28 07:56 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

「マイノリティの共有」を考える 

 今に始まったことではないですが、ネット上では特に「繋がり」が重視されている気がします。ブログでの相互リンク、SNSでのフレンド、各サービス内におけるコミュニティへの参加、・・・そしてtwitter。

 私はその根底に、「マイノリティの共有」が潜んでいるのではないか、と考えています。

 ここでいう「マイノリティの共有」について説明すると、昔以上に価値観(趣味、好み等)が多様化したことで、リアルでは価値観を共有できる相手が見つけにくくなったことで、その相手をネットに求めたんじゃないのかなぁと。別にネットを多用する=非リア充なのではなく、リアルで共有しにくい部分はネットで共有しているだけなんじゃないかと。

 趣味の多様化は、当然マイノリティを増やす一方。しかし、その現状にリアルが対応するにはいささか厳しいわけですが、それがネットであるならば、状況に応じてコミュニティの細分化をはかればいいだけの話であって、そうした共有範囲を再構築しやすい環境も、今現在までの「繋がり」を軸としたネット文化の発展に寄与しているのかもしれません。


[ 2009/09/27 12:58 ] その他の戯言 | TB(0) | CM(0)

憧れ 

 ニコニコユーザーの立場として考えると、私が1番憧れる存在・・・それが「タイガー道場の人」氏。私はいくつかの漫画でデータ集計みたいなものをやってきたように、とにかく数字でもって何らかのランキングを作るのが好きなのですが、それと同様にランキングを見るのも当然好きなわけです。視聴率、CDやゲームの売上など等、世の中にはその手のランキングがたくさんありますが、やはり氏のランキング動画は特別印象に残っているわけです。
 もっとも、だからといって私が動画作成に挑戦するわけではないのですが・・・正確には1度ニコニコランキング的な何かを作ろうとして、結局挫折してしまったとか、そういう経験ならあるんですが、現時点では再挑戦の予定はなかったり。

 ただ情けないかな、私のような人間はただ憧れるだけで、そこから行動に移せないわけです。そこができる人とそうでない人を隔てる事になる1番の壁なんだろうなぁと頭で理解しつつも、今日も明日も1ユーザーとして動画を見続ける日々は続くのです・・・。


[ 2009/09/27 12:43 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

人気(万人受け)は正義? 

 可愛いは正義、という言葉をたまに見かけますが、ニコニコ動画においては「人気は正義」なのかもしれないなぁと、先日紹介したバンブラDXでの合作を見て思ったり。

 というのも、例によって東方が批判の対象に挙がっていたのですが、ニコニコにて人気の音楽が流れ出したとたんに、批判コメントの大半がなくなり、多くの人が歓声をあげていたんですよね。色々な時間帯で見てみたものの、大体似たような感じになっていて、結局「東方多すぎ、でも人気(有名)な曲なら問題なし」というのがまたなんとも・・・ねぇ?

 ランキング等でも、特定のジャンルが席巻すること自体は敬遠される傾向がある一方で、何だかんだで人気・・・というかニコニコ全体を通して人気がある(=特定のファン層以外にも支持されている)場合はその限りではないのかも。歌ってみた系もランキングでは白い目を向けられがちですが、たとえばrecog氏のように、ネタ要素もふくめて知られている歌い手さんだと、反応も違ってきている気がしますしね。


[ 2009/09/27 10:39 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

わずかな素材を見つけて 



 どうもここ最近は、わずかな素材でもって動画作成に挑まれる方々が増えている気もします。少し前だと伯方の塩がブームになりましたが、最近ではウメハラ氏のもそうですし、このヘーベルハウスの「ハーイ」まで出てくるとは・・・といっても、実際にはこれ以前にもMADはあったようで、やはりまだまだ知らないことばかりだなぁとしみじみ。

 ゲームでいうところの縛りプレイではないですけど、色々と制限が厳しい中で動画作成にあたるというのも、それはそれで面白いのかもしれませんね。うまく言えないんですけど・・・燃えてくるといいますか、藤原忍ばりに「やってやるぜ!!」と叫びたくなるとでもいいますか。


 広義でいうなら、厳しい条件下で多様な遊び方を創造することそのものが楽しんでしょうね。私の好きな自動マリオシーケンサも、おそらくその種に分類されるでしょうし。私がマリオカートシリーズで逆走を好んでするのも、それに近いものがありますし。ニコニコ動画的にいうなら、「この発想はなかった」を探すのも面白ければ、あえて「この発想はあった」と言われながらも案外やられていないものに挑戦するのもありなのかもです。


[ 2009/09/26 10:57 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

始まり 



 私がニコニコ動画を利用するようになったのは2008年の1月頃からなのですが、その中で最初にマイリストに入れさせてもらったのがこの動画。そして、私が初めて見た組曲系の動画でもありました。ここからマイリストをするようになり、組曲本家を知り、さらにマリオシーケンサの組曲を知り(=マリオシーケンサが好きになった)、その数ヵ月後に自動マリオでの組曲を知り(=自動マリオシーケンサを好きになった)・・・今に至るわけです。
 
 音源は組曲本家そのままですし、画像も漫画のコマだけではありますが、その素晴らしい歌詞に心が震えたものです。動画作成者様のダイの大冒険への愛が詰まっていて、今でも時々聴きにいってしまいます。

 ・・・ついでに、投稿日がさりげなく私の誕生日と一緒というのがまた・・・ね。後になって気づいたことではあるのですが、これも何かの運命ではあったのかもしれません。



[ 2009/09/26 09:24 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

負の側面 



 音ゲー?の中では今までで1番長く遊んでいる大合奏!バンドブラザーズですが、その作品を用いた合作メドレーが投稿されたようで。実にすばらしい完成度。この手のゲームの良さというか、らしさを生かした感動のメドレーでした。

 ・・・ただ惜しむらくは、コメント欄の荒れ具合が酷い。ここまで荒れたコメントであふれている=明らかに多数の荒らしが存在しているわけで、なんだか無性に悲しくなってきます。

 例によって批判の矛先が「東方」に向かっているんですが、やはりどうにも理解不能。間違いなくゲーム音楽(たとえ2次創作であっても。むしろニコニコ動画を意識したからこその2次創作採用だと思うのですが)ですし、東方ばかりと言われても、それをいったら他の音楽=任天堂orRPGばかりになるわけで。東方ファンの方は何一つ荒らしをしていないのに、後半の東方メドレーで非難轟々、そしてそれに反応する東方ファン・・・それを指して「東方厨乙」みたいな形であたかも東方ファンが悪いみたいな流れを作る。それが1人や2人ならばネットの特性上仕方ないのかもですが、大勢でそれをやっている光景は(私の知る限りでは)初めて見たので、なんというか・・・この人たちは何がしたいのかなぁと。

 最後(盛り上がる場面)にこれを持ってきたのがそもそもの間違い的な意見も散見されましたが、その意見自体が合作の意図を理解していない気がします。合作内で実力云々や選曲云々を語るのは、理由は内容はどうあれ荒らしの類にしか思えないですし。


 ・・・まあこうやって荒らしに反応する私も似たような輩なのでしょうが、それはもちろん理解したうえで書いてます。結局、ニコニコ動画のコメント機能は、良くも悪くもインターネットの縮図ですし、それはある程度受け入れつつやっていかないといけないでしょうしね。


[ 2009/09/24 09:09 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

ゆでたまご 

 今日、物凄く久しぶりに薬丸カフェを見たのですが、ゲストの坂東・・・じゃなくて板東英二氏を見て、真っ先に「ゆでたまご」を思い浮かべてしまいました。

 元々、板東氏といえば「不思議発見」のイメージが強かったのですが、テレビ離れが急激に加速し、その反面ニコニコ動画の利用頻度が増えたことで、随分と物の見方が変わってしまったようです。別に何かおかしなことをしているわけではないのに、MAD等の影響で何故か笑えてしまう・・・失礼と言えば失礼なのですが、何だかんだで影響はあることを実感している今日この頃。

 まぁこの例に限らず、ネットの影響で印象が変わったものは少なからずある気はします。・・・まあ、それの何もかもが良い方向に作用するわけでもないのですが、これまでとは違う視点で物を見れるというのは、それはそれでちょっと得している気分になれるかもしれないですし、そうでもないのかもしれません。


[ 2009/09/23 03:29 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

東方を知るために 



 私自身、以前は東方を敬遠していたのですが、少なくとも御三家の中では案外合いそうな気もしていたので、とりあえずこのシリーズで東方とは何ぞやというのを考えてみようかなぁと。

 何より、私が携帯ゲーム機史上最も長くプレイしていたのがパワポケ4だったので、このシリーズはまさにうってつけ。かつてパワポケ関連動画を探しているうちに見かけたことはあったものの、今と違って東方には無関心なのでスルーしてたわけですが、このような形で再度視聴することになろうとは、世の中何があるか分かりませんね。

 ちなみに、こういうゲームをうまく生かした動画は、割と好きだったり。自動マリオシーケンサはその代表格ですが、それ以外だとアイマスのキャラを野村克也氏やジョン・カビラ氏が攻略する動画とか、その他色々・・・カオスな感じがたまらない上、それをきっかけに知らない作品に興味を持てる可能性もありますし。


[ 2009/09/21 11:02 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

伯方さん 



 ここに新たな「時の物語」が生まれました。ごり塩全開の音MADもいいですが、こうして純粋に完成度の高い動画もありだなぁとしみじみ。・・・まだ伯方さんのターンは終了してないぜ!!

 ちなみに、この動画に限らず、伯方の塩関連の動画は見ていたり。最近だと・・・





 この動画なんかもお気に入り。神歌詞が合わさったことで、動画のうまみも増しており、非常にマイルドな仕上がりになっているようです。


 伯方さんが攻略できるゲームが出るなら、買ってしまうかも・・・・・伯方の塩そのものは買ってすらいないんですけどね。


[ 2009/09/20 01:45 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

音MAD 

 具体的にこのジャンルが好き!というものはないのですが、安定して楽しめるのが音MAD。音楽の元ネタにしても、その音楽を奏でる素材のことも分からなくても、とりあえず「ノリで楽しめる」のがいいんですよね。たとえば「RED ZONE」みたいなものも、もちろん大半のニコユーザーはビーマニを知らない・・・けど人気はある。ジャンルも多彩なので、自分好みの動画を見つけやすい。

 ただ、何故だかこの手の動画をマイリストには登録していない不思議。たぶん、ノリで楽しんでそのまま終わり、という感じだから、マイリストしてまで熱心に見ようとはしない結果なのかも。



[ 2009/09/17 07:28 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

意外と・・・ 

 ちょっと気分転換もかねて、ジャンル別のランキング動画をダラダラ見ていたのですが・・・意外といいますか、結構コメント欄が荒れているんですよね。

 こういうのはメジャーなものほど荒れやすいというのが定説(週刊ニコランみたいな)のはずですが、ジャンル別だとむしろもっと荒れてる不思議。特に東方への風当たりの強さが異常。

 理由としては・・・ジャンル別のランキングだと当然ポイントが低めでもランクインするわけですが、有名どころだと突き抜ける作品こそ少数なものの、月刊単位で数万ポイントいくのは珍しくないため、時としてランキングが特定のジャンルだらけになるからなのかも。特に東方は御三家の中でも2次創作への意欲が極端に強いためか、とにかく派生が多いですしね(ボカロは再生数やマイリス数では多いものの、派生としては歌ってみた&演奏してみたに限定されやすい、アイマスは愛と技術を互いに競い合っている面が強く、良くも悪くも外側への派生は少なめ)。

 しかしまぁ、こうして色々な動画を見るうちに、案外自動マリオシーケンサの荒れ具合すら普通なのではないかと思えてきてしまう今日この頃。


[ 2009/09/17 01:15 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

週刊ニコニコランキング 

 やれマリオシーケンサだ自動マリオシーケンサだと騒ぎ立てている私ですが、実のところ1番頻繁に見ているのが「週刊ニコニコランキング」だったりします。
 
 なぜかと問われたら、もちろんランキングと名のつくものが好きというのもありますし、数値やら何やらの、いわゆるデータの類を見ていることそのものが好きなんですよね。そして、単に数字だけでなく、動画そのものも楽しめ、時として自分好みの動画に出会えるのがまたいい!さらに、自分がマイリスト登録してある動画がランキングに現れた時は、また別の意味で心躍る気分になる。なければないで、「ふふふ・・・皆さんあのすばらしい動画をご覧になっていないとは・・・ちょっと得した気分」というわけの分からないモードに突入したり、逆に「もっと評価されるべき」とぶつぶつと脳内でつぶやいてみたり。
 もちろん、ランキングと名のつくものが基本的に好きである以上、そのほかのランキング(月刊、カテラン、それ以外に伯方の塩やスネ夫などといった特定ジャンル限定のランキング)も見ていたり。

 そして、憧れの存在と言えば、やはりタイガー道場の人さま。あの方のランキング動画への姿勢というか、集計への情熱は素晴らしいというか、いつか私もああいうランキング動画を作りたいなぁと思わせてくれる・・・よりも前に、まずは動画作成のノウハウを身に着けることが先なのですが、やはり優先順位の都合上、そこまで手が伸びない今日この頃。


[ 2009/09/14 07:42 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

作業用BGM 

 ニコニコ動画には数多くの作業用BGMがあるのですが、私もそのご多分に漏れず、いくつかの動画を作業用BGMとして利用させていただいております。もっとも、相変わらずマリオシーケンサ&自動マリオシーケンサというあたりが、なんとも私らしいわけですが。

 ただまぁ、この2ジャンルを主としているためか、どうも作業用BGMにはヨッシーの叫び声が入っているのがデフォルトに思えてしまう不思議。


[ 2009/09/13 11:51 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

ニコニコ大百科 

 ニコニコ動画では動画を見るのはもちろんですが、それに次いでよく利用しているのが、ニコニコ大百科というコンテンツ。

 Wikipedia・・・というよりはアンサイクロペディアに近い印象(俺得的な意味で)なのですが、やはり読んでいて面白いんですよね。基本的にはある程度見る動画のジャンルは限られるのですが、たとえば自動マリオシーケンサの「マリオブラザーズ!」を見て、なんとなくリトルバスターズ関連の動画を見て、そこからリトバスOPマッドみたいなものに手を出し、そこから更に赤いニコニコ動画に関心を持ったり、他のアニメOPマッドにも手を出したり、気がついたらまったく違うジャンルに手を出す・・・のですが、そうなった最大の要因がニコニコ大百科なんですよ。

 読んで面白い、そこからリンクされている動画も総じて良質なものが多く、またそこから別の・・・という一連の流れは、ニコニコ大百科あってのものだと思います。そして、それはあくまで読み物限定であるウィキペディアやアンサイクロペディアとは別の魅力とも言えるのではないでしょうか?


[ 2009/09/12 05:56 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

ドラゴンクエスト9のプレイ感想 

 色々あって購入して、うにゃうにゃプレイしているうちに4日ほどでクリアまでたどり着いたので、ここでおおまかなレビューというか感想というか批判というか。

続きを読む
[ 2009/09/11 23:42 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく! 第240話感想? 

 短いですが、たまにはこっちに書きます。

続きを読む
[ 2009/09/11 22:22 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

発想の勝利 



 自動マリオシーケンサは、なんだかんだで「音」が重視されてはいますが、その中にあって発想力で勝負し続けてきたみなみけ氏らしい、斬新さにあふれた作品です。この方は「魅(見)せる」自動マリオシーケンサだなぁと常々感じるしだいです。


[ 2009/09/11 05:24 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

スーパーマリオRPG 



 鬼畜氏待望の新作が投稿されました。テラクリボーさんの時と同様元ネタはあまり分からない(マリオRPG自体は一応プレイ済みですが)のですが、それでも楽しめてしまうのが自動マリオシーケンサの魅力。相変わらずコメントが荒れてますが、これも含めて自動マリオシーケンサらしい・・・気がしないこともないような。

 個人的には、7分6秒~7分10秒くらいにかけてが1番のお気に入り。特にカロン音源がなんとなくツボ。


 ただ荒らしコメントに対して1つだけ言っておきたいのは、そんなに完璧な音程なりテンポなりが聞きたいのなら、そもそもマリオシーケンサ系のジャンルに手を出すべきではないような。音も含めて楽しむものではありますが、自動マリオシーケンサは、何よりも「見て」楽しむ音楽ですし。


[ 2009/09/10 07:32 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

御三家 

 私は元々御三家(ボカロ、東方、アイマス)の動画はまったくといっていいほど見ていなかったのですが、最近はちょっと目を通すようになりました。

 その理由として、まずニコニコ動画の利用時間が増えた・・・要するにより好きになったから。そして、ニコニコ動画を語る上で、御三家は外れないだろうと考えるようになったから。そして、その中で強く感じたのが、基本的に「よく分からない感じの作品」もしくは「他ジャンルとのコラボの方が楽しみやすいということ。

 たとえばボカロ。基本的に御三家の中では唯一ほとんど見ていないジャンルになるのですが(派生がPVと歌ってみたが主力なので)ぽっぴっぽーのような作品はノリで楽しめますし、それをきっかけで様々な支店動画に興味を持つにも至りました。
 たとえば東方。東方の場合はある程度キャラの設定を理解していないと楽しめないことが多いのですが、逆に少しでも理解しておけば、楽しめる範囲が大きく広がるのが特徴。カオスな漫画、幻想入りでの他ジャンルとの競演、パワポケシリーズなどなど。
 たとえばアイマス。ユーザーではないので普通のプレイ動画とか見ても意味不明なのですが、野村克也Pやジョン・カビラPのようなものは、なんとなく面白さが伝わるわけです。


 もっとも、あくまで自分が好きなジャンルは別に存在するわけですが、やはり御三家を以前と比べてそれなりに楽しめるようになったのは良かったのかも。昔はランキング系動画で「また御三家か・・・」みたいな気持ちで、悪く言えば冷めた視線を送ることすらありましたからね・・・こうやって「これが好き、でもあれは嫌い」ではなく、「これも好き、でもあれはもっと好き」にランクアップできたのは、いい傾向でしょうしね。


 ・・・まあ、熱中しすぎることで、別のものがおろそかになってしまう不安もあるのですが。


[ 2009/09/07 06:59 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

きっかけ 

 私がニコニコ動画に興味をもったのは、間違いなく自動マリオシーケンサの影響が大きいです。最初はまずマリオシーケンサに出会い、世の中にはこんなに凄い人がいるんだなぁと感じ、その最中に出会ったのが自動マリオシーケンサ。・・・初めて動画を見たとき、衝撃を受けました。うまく言葉にできないのですが、その発想力と技術力に驚愕したのは間違いありません。

 ただ、だからこそ未だに自動マリオシーケンサ関連のコメントが荒れているのを見て、悲しくなってきます。まして、作者の皆様方、あるいはファンの皆さんが何らかの問題行動を起こしたわけでもないのに、ずっと荒れ続けている。そして、それは意外と少数派ではなく、かなりの人数が荒らしコメントに加わっているようにすら見えてしまう現実。


 それでも、私が自動マリオシーケンサが大好きであることに変わりはないので、これからも1ファンとして、作者の皆様方の更なるご活躍を心よりお祈りいたしております。


[ 2009/09/06 09:54 ] ニコニコ動画 | TB(0) | CM(0)

現有戦力 

 例によって、暇を見つけてはGジェネレーションウォーズをプレイ中。一応現時点での状態について、ダラダラと・・・。

続きを読む
[ 2009/09/06 08:48 ] ガンダム | TB(0) | CM(2)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2009/09│≫ 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
ステータス?
カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。