ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

原田美世に対する思いとか 

 原田美世

 彼女は、アイドルマスターシンデレラガールズ(以下デレマス)に登場するアイドルで、バイクや車が大好きな女の子です。

 簡単に説明するとそんな感じなんですけど、デレマスで彼女の存在を知った当初から、未だに彼女を「アイドルとして見ることができていない」というのが本音だったりします。そして、そんなキャラクターは、デレマスのアイドルでは彼女が唯一の存在でもあります。


 では、何故アイドルとして見ることができないのか。

 その理由は単純な話で、彼女を知った時の最初のイメージが「自慢の彼女(ガールフレンド)」的なもので、未だにそのイメージがアイドル像を上回っているんですよね。


 そもそも、自慢の彼女ってなんぞやそのイメージ!?って話になるんですけど。

 スタイルの良さがありながら平気で水着の格好に着替えるシーンのカードがあったり。
 年下のアイドル仲間と雪だるま作る流れになったら自分が一番夢中になったり。
 これまた年下のアイドル仲間と一緒にいたら、1人だけ撮影機材に夢中になったり。

 20歳という成人済でありながら、いい具合に無邪気さ、純粋さを残しながら、見た目はしっかり大人の女性、というのが、すげー・・・こう・・・いいオンナだろ!?みたいな、そんな気持ちにさせてくれるんですよね。この無邪気さで例えば17歳くらいだったら、こうは思わなかったでしょう。20歳という成人アイドルという点が、その無邪気さの破壊力を大いに増してくれていて、それが大変良いのです。

 加えて、バイクや車好きでオイルにまみれるイメージが強いんですけど、当の本人は女の子らしくありたいという思いも秘めていて、自分には似合わないだろうと思いながらも可愛い格好への憧れもあって、それはまさにCu属性に相応しいなぁと。Paの革を被ったCuというのが、自分の中での原田美世に対するイメージでもあります。
 

 そういう思いもあり、自分の中では今でもアイドル以上に良い女・原田美世が先行している今日この頃。その思いが今後プロデューサー目線に変わっていくかは分かりませんが、少なくともそれは他の登場キャラクターには無い、原田美世オンリーの魅力であって、その気持ちだけは大事にしていきたい所です。

[ 2018/05/19 13:30 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

第7回シンデレラガールズ総選挙の感想とか 

 こういう時のためにブログが有るのです。

 そんなわけで、先程12時に、第7回シンデレラガールズ総選挙の結果発表がありました。

 色々と思う所がありますが、とりあえずパッと見て思いついたところを。



・三村かな子、連続圏内を維持
 かな子担当として、ここはまず触れるべき点。49位というスレスレ。過去の順位遷移、そして周囲の反応を見て、今回は最悪51位もありえると思っていたので、本当に・・・本当に・・・49位・・・おめでたい・・・ありがたい・・・。
 過去にツイッターでも呟いんだんですが、かな子が圏内余裕の位置なら、たぶん自分は他の好きなボイス未実装アイドルにもかなり票を割いたとは思うんですよね。そういう後ろ髪を引かれる思いもありながら、一応無課金で取れる票はモバマス、デレステで全て獲得してのこの結果ですから、本当に良かったです。

 ただ一方で、今回もとときんは圏内ならず、相変わらずスイーツ勢には厳しい状況が続いてる気がします。ちゃまにも抜かれてるってことは、少なくともデレステ票に関してはちゃま>かな子でしょうから、来年も圏内維持のため、基本かな子に全力で行きたいと思います(来年もある保証はどこにもないですが・・・)。


・ウサミンと未央の壮絶な一騎打ち
 やはり、CGに輝いたのは、ウサミンでした。モバマスのみならどうだったかなーというのが少し気になりますが、とにかくおめでとうございます!来年は未央が本命、対抗が誰になるか、って感じでしょうか。もちろん、私個人としては、かな子とCGに!というのが唯一絶対の基本方針なんですけども。


・藤原肇、圏内を維持
 昨年ボイス実装したアイドルの中で、ただ1人圏内に残った肇ちゃん。昨年から脳内順位でCo1位になった子なので、この結果は純粋に嬉しいですね。元々安定して上位にいただけに、やはり素の人気自体が十分にある、という証明になった気がします。担当のかな子と並んでランクインというのも、個人的には嬉しいポイント。


・LIPPS、強い
 全体の順位が高いのはそうですが、過去圏内に入れなかったフレちゃんが、まさかのみく超え、というのが実は1番衝撃ではないでしょうか。デレステの影響の強さ、そしてデレステ初ユニットで1番人気といえるLIPPS。各人の順位に納得です。


・CDデビュー
 鷹富士茄子、南条光、喜多日菜子。以上の3名が属性3位以内を勝ち取りました。正直、茄子さんが楓さんと文香を抜いたのも、日菜子が藍子を抜いたのも、ただただ凄いの一言。


・白菊ほたる、あと一歩
 今回、数少ない応援票を投じたのが、ほたるでした。そして、あと一歩・・・いや単純票数だと20万くらい足りてないので一歩なのかは分からないですが、Paの2位や3位に票数で勝ってるだけに、Cu上位の壁の厚さを痛感せずにはいられませんね・・・・。それでも、中間から智絵里と卯月を抜いてる事実、そもそも過去は全て圏外だったこと、デレステ票という逆風が吹いてこの結果、限り無く奇跡に近い事実だと思います。もちろん、純粋なほたる担当の人の気持ちを思うと、複雑ですが・・・ただ・・・この結果は、きっと次に繋がると思います。そう、思いたいです。


第5回のボイス組が全員ランクイン
 第6回勢が脱落ばかりなのに対して、踏みとどまってる第5回組。そして、本当にしゅがはは勢いだけじゃ無かったんだなぁと・・・。


・あんきら
 LIPPSに目が行きがちですが、昨年比で見ると、実はあんきらもデレステでは強いのではないか説がありますね。まあ、自分自身もそうですが、ライト層から早い段階で認知されて分かりやすいキャラクターですし、早い段階でユニット曲が来たのも、運営がデレステにおける人気、認知度の高さを知っていればこそ、だったのかも?



 さて、総括としてはこんなところですが、それでは来年に向けてどうなるのか、ですねー。Cuの状況が状況なので、なんらかサポボがつく可能性は否定できないですが、それはあくまで運営の判断であって、ユーザーがどうこう言えるものでもないでしょう。

 まあ、あくまで個人的な願望という点でいえば、不幸代表のほたると幸運代表の茄子さんのかこほたが結構好きなので、その流れでユニット的なのがデレステで実現してほしいなぁと思ったりはしますが。あとは、南条くんに声がつくことで、スイーツファイブ全員ボイス実装にリーチなので、槙原志保さんにも頑張って欲しいなぁとか。
 

 まだまだ思うところはありますが、最後に・・・・かな子、シンデレラガールおめでとう!脳内では7回連続シンデレラガールですよ!!

[ 2018/05/14 13:07 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

ウサミンだからできる、時間の流れという重み 

 モバマス、デレステを中心に、デレマスにそれなりに触れるようになり、3年ちょっとが経過しました。担当と言えるアイドルがいて、副担当と言えるアイドルもいて、自分なりのペースで楽しめてるのかなと思う一方で、担当どうこうを超越したといいますか、最近自分の中で、ウサミンこと安部菜々さんの存在の大きさが無視できないレベルに達しつつあります。
 
 ネタ、弄りやすさのキャラクター性はもちろんなんですけど、自分がウサミンにしかない魅力として強く実感しているのが「時間の流れという重み」です。

 アイマスという世界線において、アイドルたちは成長しています。それは確かなのですが、「基本的に年齢とかは変わらないから、その範囲内で、演出上可能な範囲での成長」 しかできないんですよね。もちろん、過去こういうことがあって今がある、という表現自体は存在するんですけど、ある意味でそれは誰にでもある話であって。

 では、ウサミンはどうか。他のアイドル同様、もちろん過去があって今があるとは思うんですけど、彼女はそのスタンスが少し違うと思うんですよね。ウサミンにとっては、過去は現在でも自分の中で生き続けていて、常に過去を背負いながら前に進もうとしています。アイドルに憧れ続け、下積み時代があり、ようやくプロデューサーに見出され、少しずつ日の当たる場所に出てこれた。表面上のキャラクター性の強さにも引けを取らない、過去の重み。だから、モバマスでお嫁さん衣装時のセリフにも、デレステアイドルコミュ4での泣き顔にも、唯一無二のウサミンを垣間見ることが出来るわけです。

 語弊があるかも分かりませんけど、年齢的な時間軸を変化させられない架空の世界なればこそ、ウサミンから時間の流れの重みを実感できるんでしょうね。そんな世界で誰よりも強くアイドルであろうとするウサミンこと安部菜々さん、これからも要注目です。

[ 2018/03/02 10:45 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

数字とかダイマとか言動とかの話 

 デレマスというコンテンツに触れて3年ちょっとの時間が経過しましたが、最近は自分なりに三村かな子担当としてささやかながらも活動してみたり、主にワンドロを中心にイラストを描いてみたり、極稀にですがデレについてボイチャ等で語る機会もあるなど、それなりに充実した日々を送っています。

 そうした中でふと思うこととして、アイマス界隈ではよく耳にする「ダイマ」、即ちダイレクトマーケティングの存在は、非常に大きな意味を持っているんだなぁということです。その中でも、分かりやすい影響として、3点書き連ねてみようかなと。


数字の効果
 自分自身、イラストを描くようになってからの実感なのですが・・・そして数字の話だと少々生々しいのでここでこっそり書くんですけど、ツイッターとかだと、そのイラストに対してRT+いいねがもらえることがあるんです。多くの場合、それは画力が伴うことが大前提なんですけど、各アイドルの担当の中には「担当アイドル名で検索してひたすらRT、いいねを飛ばしまくるプロデューサー」という勢力が存在しています。当然、その人数が多ければ多いほど、RTもいいねも増えます。

 これが不思議なもので、別に画力が評価されてるわけではないんです。ハッキリ言って、たぶん神絵師のイラスト以外は条件反射的に拡散してるだけで、それ以上の意味はないだろうとは思うんです。けど、なにせ183人もアイドルが存在しているのが、デレマスの良さであり、同時に難点でもあります。あらゆるものが埋もれやすかったり、争いが激しかったり。ですが、現金な話になるんですけど、同じくらいの興味を持ってイラストを描いて、一方だけよくRTやいいねしてもらえると、気分的には次も描こうかなと思ったりするんです。ブログでずっとアクセス解析やってた身として、数字を割と気にする人間ですし、同じなら見てもらえる方が嬉しいと思うのは、それほどおかしな感情でもないのかな、と。数字目当てといえばそれまでですけど、どうあれそれで次も描こうというモチベに繋がるのは、実のところ大きな効果があると言えるのでは。


個人がもたらす周囲への悪影響
 ネットでは、度々特定の言動を取り上げて、それを一斉に叩くという流れがおきます。ツイッターにおけるRT機能はその最たる例でしょう。

 ただ、こうした問題の有る言動というのは、どうあれ目についてしまうことがあります。それはアイマスにおける活動においてもそうで、分かりやすい所としては「イベントやガチャ等での扱い」「総選挙」「ボイス実装(特に総選挙以外での実装)」に関する不満の数々。もちろん言い方の問題もあるんですけど、それは流石にどうだろーと思う発言は割と目にするのが現実。
 そこで厄介なのが、例えば自分はかな子Pですけど、私をフォローしてる人が他のかな子Pとどれだけ関わりあるかと考えた時、おそらく「そんなにはいない」というのが実情。つまり、少なくとも私をフォローしてる人によって、自分は「接点の有る、数少ないかな子P」になるんですよね。それは当然他のアイドル担当にも言えることで、先程の悪いものを目につきやすい点も考慮すると、とりわけアイマス界隈において、担当Pの言動は、悪影響を及ぼしかねないリスクを多く抱えているとも言えるのではないでしょうか。


日常的に活動するか否か
 ダイマというのは、やはり継続が大事です。あるイベントで担当アイドルの出番がきたから「わー!」ってなるのはある意味普通であり自然なことで、大事なのはそこではなく、そういう担当アイドルが直接絡んでないところで、どれだけアプローチできるかって部分じゃないかと思うんですよね。前述のイラスト拡散もそうですけど、別にイベント出てなくても、ガチャの目玉じゃなくても、「これまで登場してきた」事実は残っていますし、今出てる子と過去関わりがあったかもですし、ないならそこを想像で補えば済むわけで。

 
 ダイマというのは難しいもので、理想を突き詰めていけばあれもこれもとなりかねないんですけど、やはり「良いものは積極的に拡散する」「悪目立ちする言動だけは控える」「普段から好き好きアピールする」、この3点は大事だなぁというのは、日々実感しています。それはダイマ「する」だけじゃなくて「される」面でも大きくて、多数のアイドルと総選挙という要素を持つデレマスならではの魅力なんだなぁと思う今日この頃です・。

[ 2018/02/15 11:19 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

アイドルマスターシンデレラガールズ 視聴感想(2周目) 

 当時リアルタイムで視聴した、シンデレラガールズのアニメ(アニデレ)ですが、一挙放送として見ると、また違う印象を受けたなぁというお話。

 1番印象が異なったのは、未央に対するイメージの変化です。一部で聞かれた、極端に悪い印象こそなかったものの、当時の未央の言動には、あまり好意的が受け止め方をしていなかった記憶があります。
 ただ、以降モバマスやデレステを通じて未央という人物について多少なりとも理解を得ていく中で、周りによく目が行くからこそ強い責任を感じてもしまったし、その衝撃に冷静になることもできなかったし、そしてその失敗があればこそ、当時でいう2期での成長した姿を見ることができた、という感じもするんですよね。もっとも、予備知識一切ない状態で、アニメの未央に触れた立場としては、否定的な意見が多くなってしまうのも仕方ないのかもなぁとは改めて思ったりもしますが。

 あと、あれですね、曲。当時はあくまで数あるアニメの1つとして見ていた状態ですが、作品全体に興味を持ち、主にデレステを通じて多くの曲を知り、触れる機会も多くなったことで、歌詞の意味を考えさせられたり。そして、何よりも挿入歌が印象的。当時は曲の記憶すら残っていなかったのですが、いざ聞いてみると名曲揃い。素晴らしいです。見方を変えれば、挿入歌として自然と背景として馴染んでいたと考えれば、それでそれで挿入歌としての役割を果たせていて、曲に集中してみるとその良さに気付けるという意味では、2回みて2倍楽しめる、みたいな感じだったのかも。

 ただ、改めて見返してみても、美城常務は流石に強引すぎて、組織として見てもあまり好意的に受け取ることは難しく、もう少し描写の仕方を工夫しても良かったような気はしちゃいましたね。目をつけているメンバーやその組み合わせについては素晴らしいものがあって有能感があるだけに、むしろあれだけ見る目があるなら、誰よりも適材適所の配置を提案できた気がしないでもないですが、まあ「お姫様」「企業ブランド」という点に少々拘りすぎた結果だったのかもしれません。


 元々、アニメは1回見てそれで終わりということが大半なので、こうして再度、しかもより作品について理解を深めた上でアニメを見るというのは新鮮でしたが、知ってるが故に楽しめる部分が非常に多い作品でしたね、これは。あと、リアルタイムで見た時と同じ感想という部分では、卯月のスマイリングの破壊力は相変わらずでした・・・。

[ 2017/12/30 19:37 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

デレステ2周年絡みで実装されそうなことを予想する 

 個人的な願望が大半です。

・共通衣装の配布
 1周年の時にあったので、次も来るのかなーというシンプルな話。仮に来るなら、和服系か、シンデレラドリームあたりだといいなぁと。

・Plvの上限解放
 これも無難な予想。まだ300到達者が限られているので、確実と言えるかはわからないですけど、来るなら350か400か。さすがに500まで一気に上げることは無さそうですが。

・ポテンシャルの上限解放
 これも、ファン数500万到達者がそこそこ目立つようになってきたので来そうだなと。来るとしたら、全項目に10ずつ振れるようになる、上限25→40でしょうか。ただ大半の人はライフに振ってない気がするので、実質ライフの上限が大きく上がることが1番のメリットになるかもですが。

・ソロMVの実装(+楓さんのソロ曲追加)
 そもそも、2~4人実装してて、いつまでソロが無いんだろうというお話で、やはりタイミングと該当曲を考えると、これしかないのかなという予想。実装済みソロ曲もソロMVに対応するかは、まあ演出的にただ消すだけだと微妙なMVも多そうなので、どうなるやら。

・実装済みMVの修正
 上のソロ曲実装に絡んで、これはどちらかというと願望。最近の凝った演出を見ていると、どこかで手直しが入る可能性はあるんじゃないか、という希望的観測です。

・新コミュ形式の追加
 ストーリーコミュ以外でも複数人に対応するのがあってもいいんじゃないかというのと、純粋にボイス未実装勢同士の何気ない会話がもっと見たいという。本家モバマスでそういうのが見れる(劇場含む)かもですが、それはそれとして、デレステオンリー勢にこういうのもあるんだよっていうのなら増えたらなら、それならモバマスもやってみようかな、みたいな流れが再度起きるかもですし。

・お仕事機能的なものを追加
 本家モバマスや同タイプゲームのミリシタにある機能を、デレステにも実装するか否か。ただ、根本的なゲームバランスの見直しが必要になるくらいの変化なので、今それをやるかっていうと・・・。音ゲーのみだとアクティブが極端に少ないって状況でも無い限り、まだ時期尚早かも。
 
・限定スカウトチケットの実装
 売上上位にいるので可能性はかなり低そうなので、あくまでほぼ願望。これもお仕事機能と同じで、いつかは実装されるかも、程度のものだと思ってます。むしろここで実装したら売上に直結しそう・・・・。まあ、普通のスカチケが来ると考えるのが妥当でしょう。

・新規R(レア)枠の再登場
 SR、SSRだけではあまりに出番が回ってこない子が多いので、やはり既存Rをガチャ、キャラバン、ライブパーティ等でお迎えできる機会がほしいですよねーと。ぷち衣装や各セリフの追加に対する労力が読めない部分はありますが、それは運営側の話であって、ユーザ視点でいえば純粋に欲しいです。逆を言えば労力だけの問題だと思ってるので、稼げてるならその分人員確保して対応して欲しいです。

・N(ノーマル)アイドルの自動移籍
 本家では普通にある機能。あくまでデフォルトは自動移籍しない形にして、変えたい人だけ後から変えれば、デメリットらしいものもない気がするのですが、いかがでしょう。まあ、1度に20人しか移籍できないとか、枠が350しかないとか、女子寮追加がないとか、どっかしらプラス要素があるだけでも遊びやすくなると思うので、何らか動きがあってほしいというのはあります。

・3Dアイドルのバランス修正
 主にスタイル的な部分で、より細かく分けて実際の設定やイメージ等に近いバランスにならないかなーとか。容量やら何やらの都合で無理だとしたら、実現は難しいかもですが・・・。

・新イベント形式の登場
 音ゲー系だとある程度パターンされてる部分があるので、はたして動きがあるかは分からないですけど・・・。

[ 2017/08/28 11:18 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

デレステの楽曲総選挙の結果発表を受けて 

 本家の総選挙に連動する形でひっそり実施されていた、楽曲総選挙。その結果発表が昨日あったわけですが・・・。


・楓さんの「こいかぜ」が1位なのは予想通り、中間発表以降更に票を伸ばした予感
・スマイリングが2位に入っているのは、譜面の影響とは思えないので、アニメ効果か
・トワレやホテムンは高難度の代表曲だが、人気を集めたのは純粋な曲補正?
・Pa曲が1つも入っていのは、やはり純粋なファン数が少ないことの証明か
・あんずのうたは他より「杏以外の人が歌っているのを見たい」という理由で投票多そう

・Tulip、やはり人気なことを再確認
・トラパルとラブレターが入ってファンファン入れないのは、やはりPaの・・・
・あんきらはライブの評判が高かったので、タイミング次第ではもっと上だったかも
・総じてデレステ初のユニット曲が多い、だからこそ、それ以外が際立つとも
・奏関連楽曲の安定感実はすごいのでは(ソロ+参加曲も2つ)


 パッと見た感じで気になったのは、この辺りでしょうか。

 まず、楓さんが本家と揃って1位はさすがの一言。まあ、人気キャラ筆頭なのに何時迄もデレステに実装されてないというのも1位の大きな要因でしょうけど。あとは、元々のこいかぜと新録版とで、デレステ内で扱いがどう変わるかですね。まさかこれで新録版のみ実装ということはないでしょうし、タイミング的には、やはりここでソロでのMV再生を可能にする形になる・・・でしょうかね。さすがに曲以外は差異はないかなぁとは思いますが。

 そして、個人的には、スマイリングの存在感。実際問題、アニメでも卯月のメイン回は屈指の高評価だった記憶がありますし、あのインパクトがそのままデレステでの評価に繋がったと考えるのが自然でしょうか(むしろ他に要因が思い浮かばない)。

 しかし、本家こそ未央が2位に入ったものの、楽曲総選挙では存在感を発揮できていないんですよね。個人的には、ミツボシとかオレサファとか食い込むかなぁとも思ってましたが、やはりCoとCuとの純粋な戦力差があったんでしょうね。一応複数端末用意することも可能とはいえ、あくまで基本的には全員の持ち票が一切変わらないわけですから、良くも悪くも純粋な人気投票に近い結果になったのかもしれません。


 ちなみに、自分が投票したのは、かな子のソロ2曲目「おかしな国のおかし屋さん」と、ユニット曲で譜面も合わせてお気に入りの「明日また会えるよね」でした。
 

[ 2017/05/15 17:28 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

第6回シンデレラガールズ総選挙の結果発表を受けて 

先程、結果発表がありましたので、全体を通して振り返ってみたいと思います。

 とりあえず、箇条書きで起こして、あとは特に気になった所を。

・かな子は45位、圏内ギリギリは予想通りだったけど、怖かった
・楓さんが思ったよりはぶっちぎりではなかった
・未央Pの本気を見た気がする
・ボイス実装のメンツは順当ですが、やはり良いこと
・サラッと総合13位に割り込む茄子さん
・大接戦の日菜子と南条くん
・杏を上回ったこずえちゃん
・とときんが圏外なのが1番の驚き
・Cu1位がまゆ、そこまで人気なのかと驚き(若干失礼)
・関ちゃんPのロビー活動はやはり凄かった
・智絵里の安定感、実は凄い


 まず、何は無くともかな子です。45位、おめでとう!順位ちょっと落ちましたが、自分の中では常にシンデレラガールはかな子です!だから良いんです!!

 ・・・という話はさておき、実際51位になる可能性もあるんじゃないかと不安視していた所があったので、正直言うと、物凄くホッとしています。これが現状と見るべきか、誰か他の子に一時的に票が流れたのか、そこまでは分かりませんが、デレステ登場以降は明らかにボイス実装の重要性が格段に上がって票の動きもその影響を受けてるので、今後も激しい選挙戦が予想されるでしょう。

 さて、上位勢に目を向けると、流石に中間発表時点では大きな動きは無し。それでも、楓さんが念願かなっての1位は、格別な思いがありますね。地味(?)にデレステのファン数も結構上位にいるくらいにはお気に入りですし、個人的には2回連続CGとかになったら面白いんですけどねー。

 ちなみに、自分はかな子以外では、応援の意味愛をこめて、荒木先生と柚に1票ずつ投じました。知り合いの担当アイドルだったのがその理由ですけど、どちらも揃って上位入賞、おめでとうございます。
 この2人とともに、肇さん、お嬢、関ちゃんに声が付くわけですけど、デレステに重きを置く身として、これでどんな掛け合いが生まれるかが本当に楽しみなんですよね。特に、柚はフリスク、関ちゃんはGIRLS BE NEXT STEPといった感じで、どちらかというと同じボイス未実装との絡みという印象が強かったので、このタイミングで新規開拓を期待したい所。・・・ちょっと語弊があるかもしれませんけど、デレマスのコンテンツが長く続いて、声が増えれば増えるほど、やはり定番のメンツで固めやすくなる一面はあると思っていて、今このタイミングだからこそ、意外な組み合わせが見れる可能性は広がりやすいんじゃないかなーと。


 それと、これはある意味ボイス実装以上にデレステの影響を受けていそうなのが、50位以内のボイス未実装アイドル。それは声を付けるということ以上に、最近噂される「総選挙の50位以内はデレステのSSR有力候補になる」という話。期間中にSSRになってしまっていたとはいえ、こずえちゃんはあんこずでお馴染みの相方(?)である杏の順位を超え、のあさんも圏内復帰、フリスクは柚1枚岩と思わせておいてからの、忍ちゃん圏内などなど。最終的には運営の判断次第でしょうけど、今回入ってきたメンツがSSRとなって話題になり、また来年今度はボイスを争うための上位進出という形で、再度話題に挙がることでしょう。


 ・・・で、かな子担当として、また副担当の1人としても1番の驚きだったのは、とときんが圏外という事実。スイーツ系アイドル(?)は正直順位的に低迷している(そもそもボイス未実装の子も多い)中、とときんとかな子が牽引、とまでは言わないまでも安定していましたが、まさか・・・という結果でしたね。まあ、可愛いのでいいんですけど!是非来年はかな子と仲良く上位に!


 そんなわけで、他にも色んな思いがありますけど、自分の中で盛り上がった総選挙でした。こういうイベントはやはり最大限楽しんだもの勝ちだというのがよくわかりますし、自分は基本かな子に全ツッパですけど、周囲のPの多様な反応を見ているだけでも、心躍るものがありました。

 来年は・・・順当に行くなら、ウサミンと未央あたりの争いでしょうか。あとは連続CGの快挙を狙う楓さんや、今回Cu1位だったまゆが更に票を伸ばす可能性も。まあ、自分は今年と同じようにかな子に全力で投票しつつ、周りの様子を見つつ、また少しばかりの応援票を投じるかもですね。


 それでは、皆さん、お疲れ様でした!

[ 2017/05/14 23:18 ] デレマス | TB(0) | CM(0)

ウサミンに対する絶大な信頼感 

Screenshot_2017-05-14-17-09-54.jpg

 ある種のネタキャラみたいな扱い方をされることが多いウサミンこと安部菜々さんですが、アイドル仲間から見ると、圧倒的な信頼感があるみたいなんですよね。本人的には、メイドとしてご奉仕するのが好きだから云々みたいな受け答えをすることが多いですが、その信頼はメイドという枠を超えて、周りへ強い影響力を発揮しているんだろうというのは、想像に難くありません。


Screenshot_2017-05-14-17-04-30.jpg

 そして、その信頼は、世代を問わないというのも凄いですよね。世代の話をするとウサミン世代的な話題になりがちですけど、そういうのは抜きに、アイドルとしての意識の高さや、周囲への気配りの良さ等、その魅力は枚挙にいとまがないですよね。


 改めて思うに、ウサミンは本当に愛される存在だなぁと実感します。もちろん、それはデレマス界でも数少ない、下積み時代の黒云々の描写が多く、それだけ努力の人であり、信念を貫き通してきたが故だと思いますが。普段はネタキャラ、オチ要員として大活躍してるだけに、こういう人間性を評価されるエピは大変素晴らしいなぁと毎度思う次第です。

[ 2017/05/14 17:33 ] デレマス | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

れろ

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ステータス?
カウンター