ゲームの戯言+α

自分の趣味について、徒然なるままに語るかも。

デレステガチャまとめ 

2015/09:月末限定 40連でSSRなし
2016/06:フェス 70連でフェス限定SSR1枚、恒常SSR1枚
2016/08:復刻限定 40連で、限定SSR2枚
2016/09:フェス 40連でSSRなし(10連はスカチケの残り)

[ 2016/09/29 06:13 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく!543話感想 

 サブタイトルは「僕らは今のなかで」。・・・そう、きっとそんな感じのお話なのです。

続きを読む
[ 2016/09/14 23:02 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

デレステで初課金をしたお話 

 デレステで・・・・いや、もっと言えば、ゲームに人生をかけてきた身としては、「F2P(基本プレイ無料)」タイトルへの初課金ではあるのですが・・・。


 
Screenshot_2016-09-10-10-16-16 (1)


 ・・・なんかもう答え最初に出しちゃってますけど、いやその、結論を先延ばしにせず最初にドーンと出す話法は大事だって、前にどこかで聞いたので。

続きを読む
[ 2016/09/11 07:32 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

三村かな子のファン数が1000万を突破したお話 

 当初、「まあデレマスで1番お気に入りのアイドル」くらいの認識だったのが、デレステを始めた当初の状況でした。

kanako_1000man.jpg

 気がついた時には、迷わず「担当アイドル」と名乗るようになり、そして先日9月7日、無事かな子のファン数が1000万を突破したわけです。


 ・・・ただ、かな子に強い思い入れができたからといって、すぐファン数稼ぎに奔走しだしたわけでもないんですよね。それでもここまで数字を伸ばそうと思えたのには、いくつか理由がありまして。

 1つは、担当アイドルのファン数が増え続けることの快感。ひたすら営業活動したり、アイドルと一緒に大小様々なライブをしたり、脳内でそんなイメージを持ちながらプレイしていると、プレイする度にファン数が増えていくことそのものに楽しさを見いだせるようになったんですよね。基本的に減ることがないその仕様も、モチベーション的にはプラスに働きました。それこそ、テイルズならキャラごとに相手を倒した数がカウントされてるからそれをモチベとしたり、桃鉄でブッチギリ1位だけどその後もひたすら資産増やし続けたり、そういう快感に近いでしょうか。

 2つ目は、下手くそなりに楽しめる要素だと感じたこと。周りがやれガチャ祭りでSSR艦隊だの、それを素材として動画だ何だの、音ゲープレイヤーとしてのスキルでハイスコアガシガシ更新だの・・・。いずれも縁のない話で、けど仮にN(ノーマル)だけでも編成に入れ続けることで、低難易度曲でも地道にプレイし続ければ、ファン数は確実に増えるわけですよ。自分のペースで遊ぶという意味でも、ファン数稼ぎに活路を見出だせたのは、大きな意味があったと改めて思う次第。

 そして3つ目、担当としてのアピール。かな子担当といっても、なんかちょっとグッズを買った程度で、だから何だという感じだったんですけど、今だとブログだけでなくツイッターもありますし、デレステ名刺という機能も実装されたわけですから、かな子のファン数増えてます!というアピールは、対外的にかな子プロデュースとしては有効な手段なのではないか。最終的には、1000万到達に関してファン数稼ぎクラスタなる方々からも多くRTしてもらって、それをキッカケに相互フォローの方も増えました。


 そんなファン数稼ぎの日々も一段落。・・・では次は2000万、というには遠い目標ですが、できることなら2周年を迎える頃にはそういう数字に辿りつけてればいいですね。もちろん、他にもお気に入りのアイドルはいますから、かな子だけでなくある程度広くファン数をふせすようなプロデューサーでありたいとは思いますが、来年の同時期にどんな結果を迎えているか、今から楽しみです。
 

[ 2016/09/10 07:33 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく!542話感想 

 これも一応感想を。


 今回はゴジラ的な何かに感動したナギとワタルが畑先生の思いを代弁しつつ、そんな2人の魂の共鳴ぶりにサキさんが不安になるけど、そういう想いも察していたワタルのフォローもあって、最後はまとまるべくしてまとまる終わり方をしていました。

 まず、ワタルとサキさんの関係。まあ、これですよね、これ。とりわけオタク同士で波長が合うなんてもはやどこにでもある光景で、じゃあ私がハヤテとか他趣味で魂の共鳴感じちゃった異性がいたとして、まあ十中八九趣味以上にお深い関係になんて発展しないわけです。趣味ってあくまで自分自身のための時間であって、もちろん自分自身の時間も含めて全て深い繋がりがあるのも1つの形だとは思いますけど、そうじゃない人なんて五万といるわけで。サキさんの気持ちを察していながら、趣味人としてナギともしっかり共鳴できるワタルの人間性は、十分に大人の領域になると思いますし、サキさんはサキさんで自分なりにワタルの事を常に理解しようと努めていて、それもまたサキさんらしくて。それでいいのでしょう、きっと

 一方でのワタルとナギですけど、こういう光景を見れるとホッとしますね。本来、作中的には魂の共鳴を最も激しく起こしそうな組合せであるにもかかわらず、話の展開上そういう流れにならないことばかりだったので、少しホッとした次第です。まあ、自分がコレが好きだ!という気持ちが格別に強いので、おおよそ同じ波長に見えて僅かな違いでも見つかってしまおうものなら、一気に衝突しそうな気もしますが、それらも含めて将来的にも良い距離感を維持した腐れ縁が続いていきそうです。


 ・・・まあ、要するに今回のハヤテのごとく!が言いたいのは、わからないことだらけだけど好きだから理解したいと思うし、このハヤテ感想も同じなんだろうなぁとかそんなノリ。実際、理解できているなら「面白かったです」「面白くなかったです」の一言でそれ以上は必要ないわけで、こうなるのかもな、こういうことを言いたいのかな、という感情があって、感想という形で文字を起こす気力に繋がるわけでして。そんなお話でした。

[ 2016/09/08 16:16 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

ハヤテのごとく!541話感想 

 さて、今更ながらに感想


 将来なりたい職業とは。そんな泉の疑問に対して、親の流れを受けてそれ相応の考えを持っている、美希と理沙。そして泉はニート一直線。
 今にして思えばですけど、その辺ちゃんと考えられたキャラ付けだっただなぁと思ったり。まあ、虎鉄が継ぐイメージもそれはそれでできないんですけど、まだ泉よりは現実味がありますし、本来虎鉄も変態というだけで基本スペックは高いはずですから、社長業も普通にこなせそうな気がします。

 そんなニートまっしぐらなので、泉なりの夢探しが始まるわけですが、ハヤテは昔と変わらず3LDK。まあ、あれからリアル時間としては10年以上が経ったことで、ギャグというよりこの3LDKの方が現実感のある夢だなぁと私個人としては思うようになったのですが、それはさておき。


 さて、泉を観察する使命を帯びたハヤテは、2人でお出かけ。そこで泉がサラッと言ったのは「栄養がたっぷりある豊かな土地では、苔は強い植物に負けて生きて行けない」というもの。

 ・・・これですよね、これ。漫画では割りとある「相手がまぶしすぎて自分が隣に立つ資格はない」みたいなアレ。ここに自分の居場所はないみたいなアレ。
 ここでは力関係のような表現にされてますけど、泉自身は自分の居場所を探し求めているのかもなーと。3人組といっても、今回の将来云々もそうですが、美希&理沙と泉には何か違いが感じられますし、間違ってもハヤテと結ばれる未来は想像できないですし、家に戻れば過保護で守られる每日。かといって1人でも強く生きていく感じの子でもないわけで。

 で、その泉が将来として「宇宙パイロット」と書いたわけですけど、まあ現状の居場所が見つけられないなら、新しい居場所を求めていく流れは自然なのかもです。そして、何より彼女の魅力は「お日様みたいな存在」であるわけでして、やはりお日様は高い所から皆を照らしてくれるものだろうなと。

[ 2016/09/07 09:17 ] ハヤテのごとく! | TB(0) | CM(0)

デレステ1周年記念で何が起きるか適当に予想するだけ 

 さて、デレステ(アイドルマスターシンデレラガールズ スターライトステージ)の配信開始から、間もなく1年。即ち1周年。何かしらお祝いじみた雰囲気がありますが、では実際にどんなことが起きるのか。現実的なところから非現実的すぎるところまで、思ったことを適当に箇条書き


・新スカウトチケットの配信開始
 好きな子を誰でも引くことができる「スカウトチケット」について、1回目のやつは販売、交換期間が終了するアナウンスが先日ありました。ならば、この1周年というタイミングで、スカウト可能なメンツを刷新した上で、2度目の購入が可能になる、というのはベタな予想。ただし、一足お先に限定SSR復刻がされてましたから、前回と同様、限定品は対象外と見るべきでしょうか。

・ログインボーナス系のSR/SSRのプレゼント
 今の今まで、スタート時点で特定キャラそのものが全員にプレゼントされるようなことはありませんでした。なら、そろそろそういうのが来る可能性はあるのかなと。固有衣装とかまで用意するかは怪しいですけど。

・共通衣装の追加
 これは上記の配布キャラとセットになる可能性もありますが、それこそ次のデレステ新曲「BEYOND THE STARLIGHT」が、最初期の曲である「とどけ!アイドル」のような位置づけになって、そのステージ衣装がそのままMVでもみれるようになる、とか。それこそ、アプリ起動画面の絵や音楽も変わる可能性はありそうです。

・残りの全キャラ同時実装
 たまに聞かれる「最後になればなるほど担当Pは肩身の狭い思いをする」という話。ならば、終盤のメンツはこの1周年で全実装!みたいな流れ。個人的に最終候補だと思っていたつかさ社長が先日来てしまったので、逆にこれは最後は一括パターンに入ったのでは、と勝手に思ったり思わなかったり。

・MVの人数を5人以外で再生可能になる
 当初からずっと言われている希望要素。ダンスとか演出の細かい変更まで考えると非現実的かもですが、例えばソロ曲系が1人でも再生可能になるとか、3人曲(というかNG曲)なら3人で再生可能になるとか、それくらいなら十分ありえそうかなーと。これは、今度PS4で発売予定のVR対応ソフトで、最大10人とかそれくらいでライブシーンを視聴可能になるという話があったので、その流れ的にはありえるかもなーと思った次第。

・難易度「Master+」の配信開始
 最近イベント限定でプレイ可能なことがある難易度「Master+」について、通常でもプレイ可能になる、或いは実装以前から配信されてる曲にもその難易度が追加されて遊べるようになる、と考えるのは割と自然なことかなと。某別のアイドルリズムゲームでも大型アップデートでそんな追加要素がありましたし、デレステでもこのタイミングで来そうな予感。

・1周年記念ガシャなど複数タイプのガシャを並列実施
 これは他のゲームでは普通に実装されてるものなので、デレステでもありえるのかなと。例えば1周年期間でいうと、順当にいけば毎月恒例となっている月末ガシャで限定SSRが出るはずですが、それと並列した別ガシャの開催、というのは十分考えられます。

・声なしSSR勢へのボイス実装
 これは先日から声なしSSRがいくつか実装されてる流れを受けて、それこそ日菜子とか乙倉ちゃんみたいな、本家でも声帯未実装なアイドルにいきなり声が付けば、これ以上ないサプライズになるのかなと。同時に本家にもサラッと追加されちゃうとか。

・満を持して高垣楓さんのコミュ+ソロ曲追加
 絶対的な人気から、NGとは別ベクトルでデレマスの顔といえる楓さん。しかしながら、未だソロ曲の実装がないので、出すならやはり1周年あたりではないか、というお話。ついでに美優さんとかがサラッとデレステでもお声実装とか(上記のSSRボイス実装も来るかもですが)。

・アイドル別ファン数ランキングの実装
 曲のスコア順位があって、P毎でファン数順に並べることもできて、だったらP全体でアイドル毎のファン数ランキングが実装されても不思議はないのかなーと。なんか上位の争いが激化しそうな気もしますが、まあ・・・単純に自分が観てみたい、というだけの話です、はい。

・MVの再生箇所を自由に変更可能になる
 要はよくある動画のシークバーみたいな感じで、自分でタイミングを選べれば、スクショ撮るのとかも捗りそうですし、あったらいいなという希望的観測。

・リハーサルチケットで特定箇所を連続して練習可能になる
 これは上記のMV再生箇所の変更と同じような話ですが、音ゲー系って苦手なことが大体決まってくるもので、今の仕様だと最初から全てプレイしないといけないので、若干面倒といえば面倒なんですよね。まあ、スタミナ回復しまくってぶん回せばいいじゃん、とかそういう話で一応解決はできますが、さて・・・・。

・噂やローディング画面の2周目突入
 そろそろ2周目来るんじゃないかなーと思ってまして、なら1周年だろう!という希望的観測。実際、①とかついてる時点で、2周目以降を想定している作りなわけですから、例のデレマス担当書き手さんの本気モードに期待です。

・ボイス未実装キャラに配慮したイベントないしはコミュ形式の変更
 現状、イベントの数自体はキャラバンと協力ライブがありますが、あくまでプレイするだけで、ストーリー関連はアイドル追加に合わせて個人コミュが1つ増えるだけで、絵も本家からの既存絵が大半という状況。個人的にはさっさと全員に声つけば解決すると思ってますが、現実的な話としてはそれが難しいでしょうから、声無しキャラに特化したストーリーが何かしら展開できる変更があるといいなぁとか。まあ、それやっちゃうと、あとから声追加された時に微妙におかしいことになりそうですし、難しい部分も多いのかなと。ただ、せめてイベントSRは新規絵にして欲しいなとは思う所。

・初期収録曲のステージ演出変更
 進化を続けるステージ演出ですけど、それに伴って初期曲のMVとか見てると、どうしても相対的にさっぱりした感じに見えてしまうことも多く、その辺の手直しが入ってほしいなぁという、ただの願望。まあ、いつか来るソロ曲2周目の追加時に(SSR実装時にモデリング修正するのと同じノリで)変更加える可能性とかもありそうですが。

・細かい仕様変更
 基本的にデレステは大半の仕様変更を事前に今後の予定として告知してますが、1周年に合わせて何か隠してるのがあるのかなと。これまで書いてきたような大きな変化とは別に。例えばカンスト気味のマニーの使い道が増えるとか、アイドル所持枠の拡張ないしは本家みたいな女子寮の追加とか、そういう感じのもの。


 書けば書くほどネタが思い浮かびますが、ひとまずはこんな感じで。


[ 2016/08/31 06:51 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

ゲームの確率問題に対する、意味があるとは思えない謎対処法 

 ゲームをプレイしていて、どうしても避けては通れないのは「一定確率で手に入る」系の、お約束パターン。それはアイテムだったり、モンスターが仲間になったり、(入手系ではないですが)攻撃が当たるか否かだったり、まあ色々。で、あくまで運要素なのでどうにもならないっちゃならないので、せいぜい時間を割くとか、リセットプレイを繰り返すとか、それは当然やらざるをえないものです。
 
 ただ、それとは別に、無意識にやってしまうような、謎の行動とか、結構あるんですよね、自分の場合は。


リセットプレイで最短の操作をせずに別のことをやる
 たとえば、スパロボとかファイアーエムブレムとかやってて、命中率が30%で、これが当たれば倒せる!という状況とします。そうしてリセットプレイするとき、まあ普通はお目当ての相手に攻撃をするだけなんですけど、そうではなく、リセットしたらちょっとステータス眺めたり、戦闘シーンをOFFからONに変更してみたり・・・。実際には最短じゃなくなるので効率落ちてるだけという気もするのですが、何となく乱数調整した気分になったりする、アレです。まあ、ゲームによっては実際にその乱数調整が有効で、全く同じ状況でリセットしても同じ結果にしかならない、みたいなのもあったとは思いますが。


戦う場所を変える
 主にRPGでよくやっちゃう方法で、どこで戦っても確率変わらないはずなのに、何となく同じ場所で戦ってレアアイテム手に入らないと、あえてエリアチェンジして再挑戦したりとか、逆にお目当ての敵が出にくい場所の方が実はアイテム落としやすいのでは!?という謎の思考回路に走ることも。どちらかというと、これは気分転換になるので、本当に長いこと手に入らない、けどまだ続けようという時には、気持ち的にはメリットもあるのかなぁと。


フィニッシュに拘る
 例えば、こいつは○○のライバルキャラだから、こいつで仕留めた方がアイテム落とすんじゃないのか!?とか、魔法使い相手だから打撃技使ったほうがいいかも、とか。他にはSFCの・・・何のゲームかは忘れましたが、極端にオーバーキルすると取得経験値が下がるというどこで聞いたか怪しい都市伝説を信じて、極力火力を抑えてギリギリ倒すようにしてた、とかもありましたね。


最後に倒す
 上の内容にも近いですが、複数の敵が同時出現して、何時倒してもアイテム落とす確率が変わらないゲームでも、何となく最後に意識して倒す、というのはよくやりますね。少なくとも、最初に倒したほうが入手率が上がるというゲームは多分少ないので、とりわけ攻略情報がネットを介して簡単に集められるようになる前の頃なんかは、普通にそれを信じてたりはしました。


ゲームを1度終了する
 実際に乱数調整として有効なゲームなら別ですが、そうでないゲームでも結構やる手法。明らかに意味のないレベルになると、1回ソフトを本体から取り外すとか、昔はそんなことやってた時期もありましたね・・・。


結果表示の前に一呼吸置く
 敵を倒し終えたら、結果画面に移行する前でちょっと止めて、ふーっと息を吐いてから文字送りするとか、もはやそれ確実に意味ないだろプレイのことです。結果が変わるわけでも何でもないのに、ドラムロール入ったり、実際に結果見る直前まで目をつむったり、そういうおまじないというか間合いというか、まあそんな感じ。


 とはいえ、この手のやつって実際にそういう謎行動の影響が出てるかなんて実測値のとりようがないわけでして。それでも、そういうちょっとした変化そのものが楽しめたり気分転換とかにもなるのであれば、それはそれでプラスに働いていると言えるのではないか、とでも思っておきます。

[ 2016/08/20 23:44 ] ゲーム全般 | TB(0) | CM(0)

7月のシンデレラキャラバンの結果とか 

 以前メモしていた情報を。イベント期間中は全てマスター曲をプレイしてます。

プレイ回数:128回
SR:23枚
R:62枚
メダルのみ:43枚

 ネット上の情報を見る限りでは、割かしSRの出は良かったと思われます。過去は調査していなかったですが、基本的には下位SRのスタラン15を目標にプレイしていて、最終的にメダルは5000前後になることが多いですね。今回のメダル累計は、確か4000か4500かそのくらいだったはず。スタミナ消費が18と19の曲で大きな違いはなし(若干18のほうがSRの確率は高かった)。曲の違いとかコンボ数の違いとか色々可能性が語られることがありますが、おそらくスタラン15+マスター曲をスコアSクリアすれば、ほぼほぼ確率に違いはない、と間違いないかと。ただ、入手するメダル数には気持ち差があるような気がしますが・・・。

[ 2016/08/16 09:05 ] スマホゲーム全般 | TB(0) | CM(0)
プロフィールもどき

Author:れろ
リンクフリー。もちろん、
コメント・TBも大歓迎。

当ブログの詳細については
こちらをご覧ください。




拍手でのコメントもお気軽にどうぞ。

ブログ内検索
カレンダー(月別)
08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ステータス?
カウンター